2015年07月10日

今年も小屋づくり。

ドゥーパさんから封書が届きました。
今月発売の8月号に、2012年に建てた小屋を載せていただいたのです。
3年前書いたこのブログの記事がたまたま編集者さんの目にとまったそうで、取材していただきました。
DSCN9968 (2).JPG

メディアにそんなに縁はないですが、自分の書いたものやかかわったものを見ていただけるのはやはり嬉しいものですね。

建築の基礎を学ぶ場を、と考えて企画した「小屋づくり基本講座」。
回を重ねる程に「小屋の可能性」が自分の中で明確になっていくようです。

2年目の「ぽへ小屋」。
2年目の小屋.JPG

3年目の「魔女小屋」。
3年目の小屋.JPG



「なぜ小屋か」と言えば、僕の場合、最大の理由は「シロートだから」です。
建築のシロートである自分にも手がける可能性を感じさせてくれる、小屋。
そこから少しずつ「家」をイメージさせてくれる、小屋。
小屋づくりは、無数のブラックボックスに囲まれている「暮らし」を自分の手に取り戻すきっかけになるはずです。
そして、「小さなマイハウス」は、シンプルに「暮らし」を再構築させてくれるものではないかと思います。

僕の頭に、いくつかの「建てたい小屋」のイメージがあります。
それはそのまま、「暮らし方」のイメージです。



自分の小屋はひとまず置いておいて、いよいよ明日から、今年の『小さなマイハウスをつくろう〜小屋作り基本講座』が始まります。
準備も整いました。
DSCN9967.JPG
さあ、気合入れて楽しもう!!



★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶ「エコビレッジライフ体験塾2015」、各種公開講座を予定しています。
今年は、6月より通年コースにも単発でご参加いただいています。
詳細は下記HPにてご参照ください。

体験塾ロゴ.jpg
エコビレッジライフ体験塾




posted by 野良人イトウ at 20:52| Comment(0) | 住む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

こんな小屋、できました。

11月から施工させていただいてたパン屋さんの小屋、先月末には窓やドアもつけ終わっていました。
結構苦労してつくった窓3つとドア。こんな感じです。
DSCN9963.JPG

DSCN9971.JPG

DSCN9966.JPG

もちろん開口部をしっかり測ってからつくったのですが、はめ込む時にはやっぱりドキドキ…。「上手くはまらなかったらどうしよう・・・!?」
5mmくらいの隙間はご愛嬌。まあまあピッタリはまった時は、心からホッとしました。

大変でしたが、精度の求められるシゴトは緊張感もエライもんですが、面白いですね。
ちなみに、ドアの窓も開くようにして、内側は黒板にしちゃいました。
DSCN9967.JPG

まだまだ未熟ではありますが、このくらいの小屋をほぼ一人で建てられるようになったのは、やはり『小屋づくり講座』のおかげ。
今年も7月11日(土)、18日(土)、19日(日)の3日間で行う予定の『小屋づくり講座』の技術を身につければ、「建てる」ことがグンと身近になります。

このパン屋さんの小屋、とりあえずは一旦終了しましたが、今後また相談しながら外壁や室内部を整えて行くことになりそうです。
ああ、小屋って楽しい!!

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶ「エコビレッジライフ体験塾2015」、春のワークショップと2015受講説明会、3月15日より始まります。
体験塾ロゴ.jpg
エコビレッジライフ体験塾

posted by 野良人イトウ at 20:56| Comment(0) | 住む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

自宅で作業。

パン屋さんの小屋のドアと窓づくりも大詰めです。
毎回らくださんの工房にお邪魔するのも大変なので、色塗りや組み立て、金物取り付けなどの細かい作業は家で。

でも、こんだけの作業を自宅でするのは、いくら(多少汚してもいい)僕んちだからと言ってもちと厳しいのでした・・・。
DSCN9924.JPG

DSCN9929.JPG
もう、完全に飽和状態・・・。

やっぱりアトリエっていうか工房っていうか、作業小屋も欲しいなあ。
建てるかなあ・・・。
DSCN9927.JPG

でも、このオシゴトも今週中に建具を取り付けたら、とりあえず一旦終了です。
あと一息だあ。

外壁など続きの施工は、春に相談の上、どうするか決めることにしています。
posted by 野良人イトウ at 21:11| Comment(0) | 住む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

ポトリさんの小屋。

11月末からちょこちょこ時間を見つけてつくらせてもらっていたパン屋さんの小屋、とりあえず第1段階の作業を終了しました。
屋根の下地シートを貼り、窓をビニールで塞ぎ、仮のドアをつけたところで今年はおしまい。
なんとかここまで出来ました。
間に合ってよかったー!
NCM_1252.JPG

NCM_1249.JPG

このあと、1月になったら大工さんの工房をお借りして窓とドアをつくってはめ込みます。
そこまでいけば、やりたかった「小屋の中に石窯組み」の作業ができるはず。
あ、石窯の位置が決まったら、煙突用の穴も開けなきゃならなりませんね。

外壁や屋根材を貼って仕上げる作業は、春になってからです。
せっかくの素敵なお店なので、恥ずかしくない小屋にしないとね。

パン屋さんも今は冬季休業中、営業は春になってからだそうです。
石窯をつくる作業も時々覗きに来ようと思っています。
楽しみ楽しみ。
posted by 野良人イトウ at 07:55| Comment(0) | 住む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

にわか大工奮闘。

大工でもないのに、ひょんなことから小屋の施工を請け負ってしまいました。
長沼で美味しいパンをつくってらっしゃるポトリベーカリーさんの石窯用の小屋。
冬場に石窯を組むので雪が降る前に小屋で囲んでしまいたい、とのことで。

「いや、僕はただの小屋好きのシロートなんで、人様の小屋を請け負うなんてとても…」
と思ったのですけど、ポトリさんの小屋のコンセプトに共感するところもあり、思い切って受けてしまったのでした。
この、上品なお店(兼お宅)を見て、最初はお断りしようと思ったのですけどね。

左側のドアから、小屋に出入りできるようにします。
NCM_1215.JPG

先日レベルをとって、束石を入れました。
その後、少し大工の師匠に手伝ってもらって床の枠まで設置。

今日は壁パネルを仕上げました。
NCM_1219.JPG

NCM_1220.JPG

明後日は壁の立ち上げ。

今週末から来週前半で、何とか屋根を組んでしまおうと思っています。
諸々仕事の合間でやっていくので、天気とのタイミングがほんと重要なのです。
(今のところ晴れ男全開です!)
作業日は雨も雪降るなよー!!
(それ以外の日は土砂降りでも良し!)
posted by 野良人イトウ at 20:52| Comment(0) | 住む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">