2013年10月11日

何故此処に?

以前白老に行ったときに「エントのお茶」を飲ませていただき、僕らは大変気に入っていました。
エントとは長刀香需(ナギナタコウジュ)という野草で、アイヌの人たちがいろんなことに使っているハーブの一種です(いろんなこと、と雑駁な表現ですけど、ホントいろんなことに使ってるようなのです)

お茶は、こんなふうに売っていました。
DSCN5818.JPG

んー、まあ、買うのもいいんだけど、こういうのはやっぱり自給したいですよね。
苗やタネ、どこかで取り扱っていないかなあ(ギョウジャニンニクですら苗を売ってる時代ですから)。
・・・と、探し続けて早1年。

「白老でとりあえずまたお茶買って、そこで聞いてみようか」と思っていたら・・・

あ、ありました。
何故かウチの玄関わきに。
DSCN5655.JPG
今までぜんぜん気づきませんでした。

ほら。
これがナギナタコウジュ。
DSCN5652.JPG

実は見つけたのは3週間くらい前で、今はこの花にタネがついている状態です。
こぼれたタネで玄関前がエント畑になったらいいなー。
少しタネ、別なところにも播いていこう。

それにしてもわからないのは、「何故ここに生えているのか?」です。
何かにくっついてきたタネがこぼれて生えたのか、今までもあったのに気づかなかったのか。
それにしては家の周りもほとんど生えていないし・・・(玄関の他に2か所見つけましたが、ちょびっとです)。

強く願っていたら、向こうからやってきた!?
・・・あの印鑑のおかげかなあ(ウソです)







posted by 野良人イトウ at 06:53| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

春の味。

春だなあ。

春といえば・・・
フキノトウ味噌ですね。
2013-04-01 13.02.30.jpg
炊きたてご飯に乗っけて喰うと、ほんっと美味いんだ!


もうフキノトウ積んだのかって?

・・・いえ、土手もまだまだ深い雪。
フキノトウなんてとてもとても。

実はこれです。
2013-04-01 13.02.46.jpg
去年の4月につくったフキノトウ味噌なのでした。

「フキノトウ味噌美味いから保存して1年中喰いたいなあ」と思った去年の4月、保存方法を調べてみたけれど、「冷凍する」以外はどこにも書かれていなくて、「普通に煮沸して熱いうちに密封したら大丈夫なんじゃね?(冷蔵庫使うんじゃ意味ないんだよー)」と試しに瓶詰めを作っておいたのでした。
・・・結果、「1年経っても充分美味い」です!

でも、まあよく考えたら味噌だしね、そりゃ持ちますよね。

それにね、こういうの、1年中喰うもんでもないのだなあ、なんて気もしました。
確かにいつ食べても美味いんだけれど、この時期に「春だあ」「1年ぶりだあ」「やっぱり美味いなあ」って思って喰うところがいいんでしょうね。

なので今年はあんまし作らないかも。
さーあ、今年のフキノトウはいつから喰えるかなあ。


posted by 野良人イトウ at 19:27| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

生きてるよ、って。

豆の収穫も一応終わり、今は干している段階。
出来るところから脱穀もしています。
12月初めには味噌づくりやるから、早めに青大豆も脱穀しちゃわなきゃ。



昨年分の大豆がまだ残っているので、スズマル大豆はモヤシに。
DSCN1484 - コピー.jpg

ウチは寒くてなかなか発芽もしないし育たないんだけど、それでも10日くらいで食べられる状態になります。
毎日水取り替えたりして結構手間はかかるけれど、せっかくこれだけ発芽できる子たちなのだから、芽を出させてから豆とは違う栄養分やパワーをいただくようにしています。
買ったモヤシが冷蔵庫でも2,3日で腐っちゃうのに対し、2週間くらい平気なこの子たち。やっぱり生命力が段違いです(緑豆でやっても強いです)。

炒め物にも、スープの具にも最高。
この時はお好み焼きに・・・
DSCN1485 - コピー.jpg


玄米も、最近は発芽させてから炊くようにしています。
ちょっとツノ出てるの、わかりますか?
DSCN1729.jpg
圧力鍋で炊くと、モチモチになってエラく美味いです。

うちがもう少し暖かかったら、冬場もたくさんプランタ栽培するんだけどなあ。
(12月後半からは、毎日必ず部屋の中も氷点下になるから、無理なんだよなあ)

せめて、短期でやれる「発芽」を楽しみます。
栄養価がすごいのもあるけど、なにより楽しいから。
芽を出す姿って、ほんとカワイイよね。
「生きてるよ!」って、言ってるね。


posted by 野良人イトウ at 05:29| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

マメパワー。

収穫祭の準備をこまごまとしています。
今年は関係者だけの会にしたので去年のような忙しさではないのですが、それでも食材やプログラムの準備など、「こまごま」した準備に追われています。

食材準備の一つが「マメ」です。
トマトスープに入れるウズラマメと青大豆、あんこにする小豆は昨夜から水に浸しています。
DSCN1243.jpg


それから、「モヤシ作っときます!」と宣言したのでスズマル大豆と緑豆に水を含ませ、1日2回洗って「モヤシ化」させています。
DSCN1244.jpg
・・・が、こちらは思いの外成長悪く、明日には間に合わなそうです。
「1週間でそこそこ育つ」と以前の経験から判断したのですが、残念ながら室温が低すぎてなかなか発芽せず!生育にも難あり!そりゃそうだよなあ。15℃以下じゃ発芽しないよね・・・(部屋が寒いの忘れてた)。



残念ながらモヤシは買うことになりそうですが、それでもこのように豆はほんとありがたい食材です。
そして実は、今回の豆はすべて昨年収穫したもの。今年の分はまだ感想や調整作業の途中なのでした。
DSCN1246.jpg

放ったらかしでもこんなふうに待機してくれてて、条件さえ整えればこうして発芽もしてくれる。
豆はやっぱりすごい「生命体」ですね。
明日はみんなでありがたくいただきましょう。


posted by 野良人イトウ at 08:14| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

干し魚。

玄関にぶら下げている干し魚
すでに、誰も触れないけれど・・・
RIMG0310.JPG


実はコレ、4月の、まだ冷蔵庫を使っていない時期にご近所からいただいた生ホッケ。
他にも食べるものがあったので、腐らさないために「よし!干せばいいんだ!」と機転を利かせものです。
そこらに置いとけば「傷んでいく期間」が、風に当てて干してしまえば、それは「干し魚をつくる期間」に早変わり。
我ながらいいアイデア!
あったまイイ!!

2〜3日でそこそこ乾いて味も良くなるから、それで喰えばよかったんだけど、何となく干しっぱなしにしていました(これはズボラゆえ・・・お恥ずかしい・・・)。
玄関にぶら下がってる干し魚。
誰も聞かないけど・・・どう思ってんのかな?

実は、僕はコレ、時々食ってます
外で仕事しながら「ちょっと腹減ったなあ」なんてときに、むしって喰っております。
旨いです

「キタナイんじゃないか?」って?
・・・さあ。
とりあえず、旨いんだからいいのです。
ここに来た人、自由にむしってお召し上がりください。
遠慮しないでね。


posted by 野良人イトウ at 07:10| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">