2017年05月26日

苗交換会、行います。

今年も『苗の交換会』を開催することにしました。
P6040930.JPG
一昨年は恵庭の坂本一雄さんの恵子ガーデン、昨年は長沼のこぐま座にてハーブの小さなイベントと兼ねて行い、なかなか面白かったのですが、今年はスケジュール的にも厳しく「無理かなー」と思っていました。


実は、「苗の交換会」は、自分で企画する他のイベントや講座と違う難しさがあります。
講座などの場合、内容を濃いものにするために僕は事前の準備に力を注ぐのですが、「交換会」の盛り上がりは<来てくれた人次第>のもの。どうなるか、ふたを開けてみなければわからないのです。
参加者が少なかったり、苗の数が揃わなければ、イベントとしても充実度は欠けてしまいます。

なので・・・今回は参加費もいただかないことにしました。
いただく参加費以上のものを提供する<努力>もできないので・・・。
少人数でも、<交換する時間>を楽しめれば、と考えています。



自分でタネを播いて育てた苗が余って、ただ枯らしてしまうのも悲しいこと。
来週には僕もおおむね定植が終わり、トマトやピーマン、ナス、ズッキーニ等、野菜苗たちが数本ずつ畑からあぶれてしまいそうです。
P5260329.JPG

そんな苗が、他の方の畑で育てていただけるなら嬉しいな、と思います。
育てた苗でなく、庭で増えてきたハーブの株や実生から芽吹いた木の苗なんかでもいいですね。
きっとどなたかに喜んでもらえるんじゃないでしょうか。

開催日は6月3日(土)。
場所は、長沼町の古民家カフェ、こぐま座さんです。
11時より交換会を行い、12時くらいからランチをいただきましょう。
(交換会の参加は無料ですが、こぐま座さんでランチのご注文をお願いします)

飛び入りの参加もアリですが、来られる方は出来るだけ事前にご一報ください。
よろしくお願いします。
P5260330.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『ペレのふくができるまで〜1日まるごと羊毛講座』
 朝イチに羊の毛刈りから始め、原毛がきれいなワタになるまでの作業、さらにその羊毛を使った糸紡ぎやフェルト加工を体験します。1日かけて<羊飼い>の擬似体験をしてみましょう。
〇日時 6月11日(日)10:00〜16:00
     *開催日を変更いたしました。
〇場所 ハイジ牧場(長沼町東9線南2番地)
〇参加費 3500円(ハイジ産羊肉の昼食付)
〇定員 12名
〇講師 金澤睦司さん(ハイジ牧場)、池田博子さん(ナガヌマキンギョ)



『苗の交換会』

タネを播いて育てた苗はたいてい少し余るもの。でも、余っても枯らしてしまうのはすごく残念。
という気持ちから企画した「苗の交換会」です。
苗は、たとえば増えてきたハーブなどの株分けでも、庭に芽生えた木の苗でもOK。
あなたのその苗も、きっと誰かが欲しいはずです。
〇日時 6月3日(土)11:00〜12:00
〇場所 こぐま座(長沼町東2線北9番地)
〇参加費 無料 *交換会後に、こぐま座でランチをご注文ください。



posted by 野良人イトウ at 06:21| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

ぐるりの豆部、まだ募集中です。

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』について、日程と大まかな内容を記します。
写真は昨年の様子です。

<第1回>
 5月28日(日)畑の準備、タネまき、いろいろなタネの話、プランタ栽培用大豆タネまき、もやしの栽培等
P5220801.JPG

P5220826.JPG

<第2回>
 6月25日(日)大豆の観察・管理作業、豆腐造り
P6261291.JPG

P6261303.JPG

<第3回>
 8月6日(日)大豆の観察・管理作業、石臼できなこづくり、枝豆の試食
P8210691.JPG
*丁度小麦の収穫が終わったところだったので、脱穀作業を体験していただきました。

P8210702.JPG
*初回に各自が植木鉢に播いた大豆の生育を観察。

P8210727.JPG

<第4回>
 10月15日(日)大豆の収穫(刈り取り)、乾燥、納豆造り
PA091581.JPG

PA091613.JPG

<第5回>
 11月26日(日)味噌の仕込み
PB272117.JPG

PB272121.JPG

PB272122.JPG


昨年『ぐるりの豆部〜』に参加して下さった方のご感想もいくつか紹介します。
1回1回は短時間ですが、通して生育を見ることでの気づきは貴重だと思います。
また、同じメンバーで活動するというのも、やはりなかなかいいものなのです。


豆部では、大豆の多彩な利用方法を、毎回座学と実践両方を通して学べたのが、とても良かったです。 また、通しの講座という事で、回を重ねるごとにより気安く、和気あいあいと色々質問等もしやすかったこと、また私は豆部が初めての講座参加だったので、その他のイベントや講座でも顔見知りのいる心強さがあって嬉しかったです。


種のお話しから始まり、畑作業、きな粉、納豆、毎回とても楽しみで、学びの半年でした。命を頂く事、循環、『豆部』の活動を通して再確認(*^^*)
皆さんともやっと仲良くなれたかなぁと言うところで最後となってしまったのは少し残念でした(^^;)
『ぐるりの豆部』に参加出来て幸せでした。ありがとうございました。


豆部参加して本当に良かったです。 タネについて考える、様々な大豆食品の加工、作物としての大豆の働き(根粒菌との共生)、実際に育ててみての楽しさと難しさ、いろんな経験と知識が絡み合って、広く深い素晴らしい講座でした。 すっかり大豆LOVEになり、今では主食が大豆な生活です♪
また、通し講座にしてもらったことで、参加者の皆さんともとても仲良くなれたので、情報交換や他の場での繋がりなど今後のお付き合いも楽しみです〜(о´∀`о)


味噌づくりを通して、しかも種から育てるという素敵なプログラム 参加されるみなさんとも 回を重ねるごとに打ち解け なんだか家族のように感じました。伊藤先生の雑学もためになることばかり。
大豆の奥深さを改めて感じる講座でした。


1年間お世話になりました。美味しい味噌作り 簡単な気持ちで参加したのに皆さんの意識の高さに圧倒されました。 初めての経験と当別迄のドライブにワクワク!皆さんの情報にワクワク!ワクワクいっぱいの教室でした。ありがとうございます。又是非参加したいです〜。お漬物も美味しく来年是非参加したいです。皆さんとの出会いにも感謝です。



「味噌造り」以上の体験をきっとしていただけるはず。
残席わずかですが、まだ募集中です。

実は、ほぼ同じ規格を豊浦町でも企画していただいています。
そちらも現在募集中
5月20日スタートです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円
posted by 野良人イトウ at 21:49| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

ぐるりの豆部、いかがでしょう?

体験塾の活動をちょこちょこと続けています。
最近はほんと、ちょこちょこと、です。
それでも毎回人のつながりが増え、面白い方が参加して下さります。
なかなか「(収入を得るための)商売」にはなりませんが、これからもボチボチ続けていこうと思っています。

一昨年までは、「通年コース」が塾のメインでした。
4月から12月まで、同じメンバーで毎月集まって、栽培から手仕事、エネルギー、環境、コミュニティなど多様なジャンルを(けれど中心にあるものは共通して)学び、遊び、体験していただくコースでした。
回数も多いし参加費もそれなりなので、参加される方も真剣。
もちろん企画し準備するこちらも真剣。
大変だけれど、密度の濃い時間を共有していました。

毎回宿泊もあるので、まさに寝食を共にし語らいながらの2日間です。
でも、それは、関係性を深める上でとても大切な時間なのだろうな、と思います。
共に汗をかき食卓を囲むことで人と人のつながりは深まっていくのだと、僕は幾度となく感じました。
いまだに、「食べたり飲んだりしながら夜遅くまで話した時間が忘れられない」と言っていただくこともあります。
PA030779.JPG
そして、通年コースに通って下さった方の多くは今でもお付き合いがありますし、毎年田んぼなどにお誘いするので、参加者同士も年度を超えて関係性が継続されています。
年齢も性別も住むところも職も違うけれど、何か一つ信頼できる芯の通った…不思議なコミュニティです。

ただ・・・
現在の環境では、なかなか「通年」で行うことはできていません。
施設的な問題、そして僕自身がそこまで時間をとれないからです。
(まぁ、一番の課題は「仕事」として行えるほどの参加者数を集めるのが難しい、という点もあります。通年でディープに学ぶのには体力も時間も勇気もお金も必要ですので、客観的に見てもなかなかキビシイのかと…)

もちろんいつかはまた、「通年で学ぶ場」を再開したい、とは思っていますが。


そんな中、今の自分にできる「結構深めの取り組み」として企画しているのが、『ぐるりの豆部』です。
P5220829.JPG
昨年から始めた全5回の講座で、「5月のダイズの種まきから始め、栽培しながらダイズ加工をいろいろ体験し、秋には収穫したダイズで味噌を仕込む」というもの。

もちろん、「自分で味噌を仕込んでみたい」という方、「味噌造りはやったことあるけど、自分でダイズ栽培からやってみたい」という方に呼びかけています。
「豆腐や納豆など、ダイズの加工品を造ってみたい」という方にもおススメです。

PA091615.JPG

ぐるりの豆部では・・・
タネ(ダイズ)から始まり、育ち、またタネ(子ども)を残すダイズ(という植物)の姿を見て欲しいと思っています。
タネを播き、育て、またタネを採り、そのタネを食べたり加工し、ちゃんとタネを残して翌年に備える「人間の営み」を体験して欲しいと思っています。

・・・このあたりまでが、表のお誘い文句。
P8210726.JPG

さらに・・・
ダイズと人間以外のイキモノたちがどのようにかかわっているのか?
自分が食べたダイズ(等の食べ物)は、生態系においてどこから来てどこににつながっていくのか?
・・・そういうものすべてを僕は「ぐるり」という言葉に詰め込み、心と体で学んでもらいたいな、と思っています。
お誘いする田んぼの活動も、「ぐるり」の一環にあります。
(秋に収穫したお米で僕は麹を育てます)
活動を通して人と人がつながっていくさまもその、「ぐるり」には含まれます。
だから、時間の許す限り、コンポストやエネルギーのことだって話題になっていきます。

「ダイズ」「味噌」という入り口から入っていただき、この世界の「ぐるり」を体感してもらいたい、というのが『ぐるりの豆部〜』の(裏の?)趣旨なのです。

11月の最終回以外は単発での参加も可能ですが(余席がある場合)、基本は「5回通し」の講座としています。
何故なら、続けての方がずっと「関係性」が出来るからです(僕と、というより参加者同士の)。
「豆部」以外のことにもお誘いできますし。


『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』。

お手軽な講座ではありませんが、楽しんでいただけると思います。
ご興味のある方、お待ちしています。
(定員は12名ですが、実はもう概ねおおむね席が埋まってきています)
PB272120.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円
posted by 野良人イトウ at 06:50| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

春山散歩に行きました。

4月29日の『春山散歩。』。
1週間ほど前から天気を気にしていましたが、前日までの天気予報では曇りから雨となっており、心中穏やかではありませんでした。
小雨くらいなら決行、とは言っても、やはり天気によって気持ち良さは全然違いますから。

「なんとか天候回復しますように…!!」
と願っていたら・・・前日夜の予報では、なんと<雨マーク>が<おひさまマーク>に変わっていました。

そして当日・・・

この通り。
スバラシイ天候に恵まれました。
(ああぁ、良かった!!)
P4290052.JPG

講師の喜多さんを先頭に、いざ裏山に。
最初は蕗の雄雌の確認からです。
P4290053.JPG

特徴的な植物を観察しながら、雪解け水でやや湿地っぽい状態の山を登っていきます。
P4290056.JPG

(参加された向け?に・・・)見つけた植物を少しおさらいしましょう。

まずは、紫色の絨毯をつくっていたエゾエンゴサク。
エゾエンゴサク.JPG

エンレイソウ。
葉が3枚ありますが、まだ花をつけない子どもです。
P4280017.JPG

ニリンソウ。
トリカブトと間違わないように。
P4280010.JPG

オオウバユリ。
今度は塊茎も食べてみましょう。
P4280012.JPG

アチコチに生えていたヨブスマソウ。
ボウナとも呼ばれる山菜の一つです。
P4280014.JPG

そのままだとトゲが気になるけれど、おひたしでも癖のないイラクサ。
P4280004.JPG

スッキリと美味しいオオアマドコロ。
P4280005.JPG

などなど、いろいろな草や木の名前と特徴を教わりながら、登っていきます。
今回は就学前のお子さんも数名いましたが、みんな力強く(大人よりも!)登っていました。
2017-04-29 14.40.12.jpg

山の上の方はトドマツの植林地。
陽が入らない為、植生が大きく変わります。
P4290057.JPG

折り返し地点の桜の木に辿り着きました。
僕が、<この山の主>と呼んでいる巨樹。老いた木ではありますが、ちゃんと花も咲かせます。
(この日はまだつぼみでした)
思い思いに抱きついたり、なでたり挨拶したりして・・・
2017-04-29 15.26.02.jpg

記念写真です。
P4290064.JPG

結構厳しい山なので、下山も気をつけて。
(大人よりも子どもの方が余裕だったかも?!)
P4290069.JPG


それでは、採取してきた<春の恵み>をいただきましょう。
今回は、イラクサ、ニリンソウ、エゾエンゴサク、ウド、ギョウジャニンニク、ヨブスマソウ、ヨモギ、エゾニワトコの芽など・・・。
P4290070.JPG

おひたしと天ぷらの簡単調理で。
(あ、でもお醤油や天ぷらの小麦粉は自家製です!)
P4290071.JPG

P4290072.JPG

それではいただきます!
2017-04-29 16.52.45.jpg

2017-04-29 17.00.31.jpg
今回は山の草木(山菜と呼ばれる類のもの)が多かったのですが、道端や庭に生えてくるいわゆる<雑草>を食べるのも楽しいものです(以前はそっちがメインでした)。
「道草喰いの会」もやりたいなあ、と思います。

それと、この時期の植物の姿って、数日間でガラリと変わっていきます。
5月半ば、6月初め…と2週くらいずつ観察すると、植物がグッと身近になるので、春の観察会は1回ではなく連続でやれると面白いかもしれません。

今回参加して下さった方々、是非違う季節の山の様子も見に来てくださいね。
オオカメノキも大きくなりますし、ハリギリの芽が開いていくのも、ツルアジサイの開花、エゾニワトコが実をつけるのも見事なものですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円
P4290071.JPG
posted by 野良人イトウ at 10:17| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

タネ友さんの豊かな1日。

2月25日(土)は『ひとつぶのタネのチカラ』でした。
P2250221.JPG

18:15の開場時間に向けて、何人かの友人が会場準備などを手伝ってくれました。
P2250222.JPG

P2250223.JPG

いつも支えて下さる友人たちに感謝。
お陰でこういう活動、続けられてます。
P2250224.JPG

会場も整い、受付開始です。
参加者さんもポツリポツリとやってきました。
P2250225.JPG

プログラム第1部は、ショートフィルム上映です。
メコン・ウォッチさん制作の『地域のタネを守る―ベトナム・ムオンの人々』を見ていただきました。
P2250228.JPG
(メコン・ウォッチさんは、メコン河流域の人々の生活を守るための活動をされているNGOで、今回の趣旨を伝えるとご丁寧な対応で上映を許可してくださいました)

世界の各地で採り続けられてきた在来種のタネと、それを中心に培われてきた食文化や暮らし。
F1品種が広まることで失われていったものを意識しなおし、取り戻していくための行動の一つが、自家採種だと僕は思っています。
もちろんそういった社会的な観点とは違う、「タネそのものの素晴らしさ」も大切なのですが、歴史を知りそこから学ぶことも忘れてはいけないと思うのです。

そして第2部。
初の試み、「実践報告」です。

一番手をつとめてくれたのは、東苗穂児童会館キッズファームのMちゃん。
タネ採りをはじめとするキッズファームの取り組みの数々を紹介してくれました。
P2250231.JPG

そして、素敵な家庭菜園を実践されている近添さん。
P2250232.JPG

豊平区でたくさんの自家採種をしながら営農されているファーム松本さんの取り組み。
P2250243.JPG

一昨年までは、このイベントは坂本一雄さんの講演とタネ交換会の2本立てで行っていました。
悲しいことに坂本さんは昨年他界されたのですが、体調を崩される前から僕との間では「ただタネをもらえる場、というのではもったいないよね」という話をしていました。
今回の様々な実践報告を聴いていただけたらどんなに喜んで下さったろう…と、思いながら、皆さんの「タネ採り物語」を聴かせていただきました。


いよいよ第3部の「交換会」です。
P2250257.JPG

今回は、参加されたすべての方に、自己紹介をしていただきました。
時間はとてもかかるのですが、この時間が大事!と僕は考えています。
「どんな思いでタネを採っているか」「どんな気持ちでここに参加したのか」ということをまずは共有しなければ、「ただのタネのやり取り」になってしまうからです。
P2250264.JPG

小学生のMちゃんともう一人、未来を感じさせてくれたのが、中学生のH君の参加。
堂々と自己紹介もしてくれました。
P2250270.JPG

思い思いにタネを託しあい、栽培談議に花を咲かせる皆さん。
毎年この時間の熱気はすごいです。
P2250277.JPG

P2250282.JPG

P2250273.JPG

P2250287.JPG

あっという間に終了の時間となりました。
(今年は交換の時間が少し短くなってしまいました…スイマセン。来年はもっと長く設定しますので!)
P2250288.JPG


・・・今年の僕の「収穫」。
なんだかすごく豊かな気持ちです。
P2270374.JPG

きっと、参加された皆さんもたくさんのタネ(とタネ以外のお土産)を持ち帰ってくれたことと思います。
今年の栽培に活かしていただけることを願ってやみません。

そして、あらためて思うのは・・・
「<タネを欲しい人>が集まる場にはしたくないな」ということです。

もちろん自家採種を続けている固定種のタネが欲しいという気持ちは悪くはないのですが、その発想ではいずれ「もうタネはあるからいいや」となってしまいます。
それはすごく狭い考え方のような気がします。
大事なのは、「受け取った分を返していく」という発想なのではないかと思うのです。
「たくさんタネが採れたから参加しよう!」「自分のタネで誰かの畑を豊かにしたい!」という思いで集まるような場にしていきたいな、と考えています。

自己紹介の時に、長沼で新規就農した伊藤ひろおさんが嬉しいことを言ってくれました。
「だんだんたくさんのタネを持ってこれるようになって嬉しい」と。
P2250284.JPG
そういう気持ちが世界を豊かにしていくんだろうな、と感じました。


つくづく・・・
「僕はただのきっかけづくり。この場をつくってるのは参加者の皆さんだな」と思います。

最後にもう一つ記しておきたいこと。
それは、今回参加できなかった友人が、「残念ながら参加できないけど皆さんで…」と手作りのサーターアンダギーを差し入れして下さったことです。
P2250328.JPG
いろんな方の「優しい気持ち」が積み重なってできていくような場にいられることを心から嬉しく思いました。
のぶえさん、ありがとう。

「ひとつぶのタネのチカラ」。
また、来年。必ずやります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『MY醤油講座を仕込もう』
〇日時 3月18日(土)13:30〜16:00
〇場所 当別町金沢147−1
〇参加費 2500円
*現在、参加者募集中です。

『とことん生乳〜ナチュラルチーズを楽しもう』
〇日時 3月25日(土)10:00〜15:00
〇場所 ハイジ牧場(長沼町東9線南2番)
〇参加費 3500円
*現在、参加者募集中です。

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)
posted by 野良人イトウ at 22:21| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。