2017年04月20日

まだまだ青い尻。

建築家の津端修一さんと妻・英子さんの暮らしぶりを追った映画『人生フルーツ』が、シアターキノでロングラン上映されています。
たぶん2月いっぱいくらいの予定だったはずなんだけど、何度も延長されて、4月後半になる現在も上映中。さらに監督のトークショーまで行われるようです。

僕は3月初め頃に観てきました。
そもそも、5年前くらいにお2人の著書『あしたも、こはるびより。』を手に取ったのが始まりで、以来、時々その本を眺めては、とても穏やかで品があって楽しそうなお二人の日々に触れ、「ああ、こういうじーちゃんになりたいものだな」と思っていました。
P3110490.JPG
90にもなるお2人の暮らしぶりを描いたこの本、今でも大切にしています。


僕が観に行った時にもシアターキノは満席でした。
正直言って、キノでこれほどの人を見たのは初めて!というくらいの混み具合に驚きつつ、やっぱり素敵な修一さんと英子さんに見入りました。
本には書かれていなかった、「何故彼らがそういう暮らしに向かったのか」というところもよくわかりました。
建築家として最前線にいた修一さんが高度経済成長期のただ中で失われていくものに気づく、そのセンスにあらためて驚かされました。
(現在の、飽和し疲弊している時代に僕らが「もう一つの道」を求めるのとは全く意味が違うと思うのです)

半世紀以上の時をかけて育てられた場。
それを続けてきた彼らの信念の源を垣間見せてもらったように思います。



果樹が育つには、それなりに必要な時間があります。
人を含めたイキモノが育つにも、場が出来ていくにも、必要な時間があります。
適切な時間をかけて出来ていくものこそ美しい、と感じます。
(そうではないものがあまりに多い世の中ですからね…)

「できることから、小さく、コツコツ。
ときをためて、ゆっくり。」
・・・しゅういちさんが、依頼された建築デザイン画に記していた言葉です。
「ときをためる」なんて、素敵な言葉だなあ。



一方で・・・
お2人が特別なわけでもないのだろうな、とも僕は思っていました。
「当たり前のこと」として、丁寧に暮らしを営み続けている人たちは、(別に本や映画にならなくても)たくさんいます。

考えてみれば、自分の親だって、十分彼らに負けないだけの丁寧な日々を重ねているわけです(あんなにお洒落ではないけれど)。
ちなみに僕の実家の畑は、父が子どもの頃から祖父を手伝って耕し続けてきたところ。
父は、勤め人をしながら、朝夕や休日にはいつも畑にいました。
○○農法を実践しているわけでもなくて、ちょこちょこ化学肥料だって使っているみたいだけど(農薬は不使用)、フカフカで虫もたくさんいる美しい畑です。
「持続可能ななんちゃら…」なんて一言も口にしないけれど、80年以上かけて育てられた「場」です。

母の、手料理にかける時間や掃除や収納の丁寧さにも今更ながら驚かされたりします。
当たり前の暮らしの中の、丁寧さ。
それを淡々と続けていくことの素晴らしさ。

そう。
名の知れた人ばかりがスゴイんじゃなく、学ぶべきことは、身近なところにきっとたくさんあるのでしょう。
『人生フルーツ』を観ながら、僕はあらためてそんなことも思っていたのでした。
(そして、実は、なんであの映画にあんなに人が入り続けてるのか、僕にはよくわからなくて不思議なのでした。まぁいい映画だとは思うけど…他にもいい映画はゴマンとあるのにね)



3年、5年なんてホントあっという間です。
僕がこういう暮らしに浸るようになってもうすぐ10年になりますが、やったうちにも入らないような気が、最近はしています。
20年、30年…と積み重ねていくことで、自分の中に暮らしが馴染んでいくのかもしれません。

そんな思いが、ここ数年どんどん大きくなっています。
やればやる程、自分の未熟さや経験不足を感じるのです。
「自分などは尻の青いペーペーだなあ…」と。
(そういう思いが強くなってくると、「塾」もやりづらい気分になってきちゃうのですけどね…)

まあ、慌てずに。丁寧に。
そして驕らずに。
続けていきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名(残席わずかです)
〇参加費 1200円

posted by イトウ at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

陽を浴びて。

これは昨年の4月10日の写真。
畑もまだ、雪に覆われていました。
P4100431.JPG

裏山もこんな感じ。
陽の当たるところは解けていますが、結構雪は残っていて、雪解け水が小川になっていました。
P4100425.JPG

そして、これは昨日(今年の4月10日)の様子です。
家の周りも畑にも、もうほとんど雪はありません。
畑の雪は1週間前くらいにほぼなくなっていました。
P4101498.JPG

山の雪解けも早くて、こちらもすっかり解けています。
小川の流れもなくなって、乾いている部分が多くなっています。
P4101484.JPG

白樺の樹液も終わり・・・
P4101486.JPG

フキノトウもそろそろ食べごろはオシマイかな。
P4101485.JPG


一方、雑草野草は活き活きと伸び始めていました。

群生するバンケイソウ。
P4101488.JPG

紫の花が可愛いエゾエンゴサク。
P4101490.JPG

そして・・・・
待ってました、行者ニンニク!
P4101492.JPG
(早くも!と思ったけれど、昨年は4月7日に初物をいただいてました)


山から降りて、畑の様子も見てみましょう。

これはキャベツ。タネ採り用です。
P4101507.JPG

ニンニクもちょこんと芽を出しています。
P4101508.JPG

秋播き小麦。
枯れてるようにも見えますが、枯れた葉の下にちゃんと若い葉が出ています。
強力と中力の品種を植えているので、パンやうどん、ピザ生地など何でもできます。
来春仕込む醤油の原料にもなります。
P4101509.JPG

ビニルハウスの中では、こぼれダネがたくさん発芽していました。
コマツナやコリアンダー、シソ、レタス・・・
P4101510.JPG



山でも畑でも、たくさんの植物、虫、鳥・・・イキモノたちの息吹を感じます。
陽を浴びて、伸びやかに生命をまっとうしようとしていますね。

そして僕は・・・
昨日の昼食で、「春パスタ」をいただきました。
フキノトウと初物行者ニンニクをつかったパスタです。
P4101503.JPG
これはもちろん美味い!です。
でも実は、半分くらいは「昨年の残り」を入れました。
昨年瓶詰めした「ふきのとう味噌」と「行者ニンニク醤油漬け」です(黒いのは醤油漬け)。
この時期まで残っていたんですね。

フキノトウ味噌なんかは、毎年張り切ってつくって「やっぱり美味い!年中食べたい!」とたくさん瓶詰めしていたのですが・・・
結局夏以降のオフシーズンになると、あまり食べないのでした。

この手のものは頑張って保存するよりも、旬になったら「いやあ、美味いね!」と喜び、冬には「早くフキノトウ味わいたいねえ」と待ち焦がれるくらいがいいのかもしれません。
「待つ時間」は確実に美味しさを倍増させてくれますしね。

なので、今年は保存はしません。
また来年です。
(行者ニンニクは少しだけ醤油漬けにします)



春は、陽を浴びて伸びゆくイキモノたちに勇気をもらう季節です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(日) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円

posted by イトウ at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

春の逡巡。

4月6日の様子。
畑の雪も、ほぼ解けました。
P4061461.JPG

昨年造ったハーブ用のガーデンも顔を出しています。
P4061458.JPG
随分キタナく見えるけれど、枯れた茎や葉の下に、ちゃんと新芽たちが隠れています。
これからきっと、一気に緑があふれ出すことと思います。
P4061459.JPG

タネ採り用のキャベツやハクサイ。
P4051445.JPG

秋まき小麦。
P4051444.JPG

秋に積んだ薪用の丸太も出てきました。
(畑が忙しくなる前にたくさん割らなきゃ!)
P4061460.JPG

ここは、去年タネ採り用の株を収穫して保管していた場所。
コリアンダーと(たぶん)コマツナが押しくら饅頭しながら発芽してました。
P4061456.JPG

P4061457.JPG
(ときには自分で播くよりも発芽率良いんじゃないか?!ってこともあるんだけど、だからと言ってこぼれダネだけで栽培できるわけではないのですねえ、残念ながら)

「今夜から雨」らしいので、あわてて雨どいを設置。
これがあるだけで気持ちに潤いが生まれます。
P4051440.JPG

もちろん森でも雪解けは進んでいます。
P3221271.JPG
(あ、これは2週間以上前の写真。今はほとんど雪はなくて、雪解け水が小川になっています)



などなど・・・暖かい日が続いて雪が解けて・・・。
春全開は嬉しいのです、が。

朝イチにストーブを焚く必要がなくなっていくのが悲しいのもこの季節。
P4051431.JPG

朝起きてマッチで薪ストーブを点ける・・・
それは、体を温める以上に、「心に火を灯す」時間でもあったのですね。
しばしボーっとし、新聞を読み、お湯が沸いたら珈琲を淹れる・・・そんな時間がもう秋までないのだ!と思うと寂しい限りです。
豆も煮られんなあ。

(実はもっといろんなモヤモヤがあってそれも書きかけたんだけど、まあそれはいいや。日々大事に暮らす、それで十分です)


posted by イトウ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

早春の贈り物。

今年のカエデ樹液のことも記録しておきます。

今年最初は3月6日。
前週あたりからかなり日中暖かい日が続き雪解けもすすんでいたので、「そろそろじゃないか?」と思って山に向かいました。
P3060388.JPG
(「向かった」と言っても、いつも作業しているのと変わらないのですけど…)

この日も晴天。いい陽気です。
P3060389.JPG

まずは昨年も採ったこの木から。
P3060390.JPG

ドリルで穴を開けると、すぐにポタポタっと樹液が滴ってきました。
「おお!すごい!やっぱり来てた!」
P3060393.JPG

シャルモと呼ばれる器具を差し込みます。
チューブの普通のジョイントでも良いのですけど、昨年これをいただいたので使っています。
やっぱり専用器具だけあって便利です。
P3060398.JPG

取り付けたのは(手が空いたのが昼過ぎだったので)14時ころでした。
4本のカエデに設置し、その日の夕方まで採取。

すると・・・
P3060417.JPG
3時間で1リットル強。
イイカンジです。

昨年何日から採取したのか正確に覚えていないのですが、半ばすぎだったと思います。
今年は冬が随分ラクでしたから、春の訪れも早いのでしょうか。
その日によって出る量は異なりますが、4本の木からおおむね毎日6〜7リットルくらいの樹液を採ることができました。

集めた樹液はストーブで煮詰め・・・
P3100480.JPG

最初は20リットル用寸胴、それからだんだん小さな鍋に移し替え。
P3080430.JPG

3月半ばは、味噌や醤油の講座があって、大豆を煮る繁忙期でもありました。
ストーブの上は大豆とカエデ樹液の入った鍋ていつも満席。
(この時樹液はもう、左隅の小さな鍋に入ってます。シロップにするには1/50〜40にまで煮詰めます)
P3080463.JPG
でも、ストーブ自体はもうそれほどガンガン焚く時期でもないので・・・
結構ガスも使ってしまいました。


寒い朝には、こんなことになっています。
P3080439.JPG
以前父にカエデの樹液採りをしている話をした時、「子どもの頃、カエデにできるツララを舐めるのが嬉しかった」と言っていたのを思い出しました。
カエデのツララ・・・口に含むと、微かな甘さが広がります。
本当に微かな甘味です。
このくらいの甘味を「美味しい!」と感じ取れるくらいの方が、きっとイキモノとしてまっとうで、きっと幸せなのだろうなあ、と思いました。

樹液は毎日午前と夕方に見に行きました。
ニャンコのコーネリアさんがお供をしてくれます。
P3080442.JPG

そんなこんなでできた「メープルシロップ」。
カエデの木の血液のような大切な樹液をわけていただいた、とっても贅沢な品です。
P3291371.JPG
(「わけていただいた」と言えば聞こえはいいですが、やっていることは「横取り」です。カエデは別に、僕らのために樹液を出してるわけではありません。そのあたりをちゃんと自覚しながら、「ごめんよ。でもありがとう」という気持ちで採らせてもらわなければと思います)


今年は3月6日に採り始め、20日にはほぼ出なくなりました。
2週間強で80リットルくらいかな。
半分くらいは遊びに来た方々に差し上げて、半分を煮つめたり樹液のまま使ったりしました。
十分楽しませてもらいました。

カエデは終わりましたが、そろそろ今度は白樺類が樹液を出してくれるはず。
今日あたり、試してみるつもりです。

これからもこの地で長く楽しませてもらえるよう、大事に山や樹々とかかわっていきたいと思います。
P3221271.JPG
3月も残り3日。
いよいよ春も色濃くなっていきます。
ドキドキザワザワ・・・。

posted by イトウ at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

3時間山を歩いて温泉に入りに行くの巻。

2月に「冬山散歩」で木の芽の観察の仕方などを教えていただいたトシロウさんと、ミニツアーをしてきました。
題して、『3時間山を歩いて中小屋温泉に入って札沼線に一駅分乗って帰ってくる旅!』

このツアーは、昨年冬の最初の裏山歩きの時に、トシロウさんと「できたら面白いねー」と話していたもの。
「雪が解ける前に今年のうちにまず一度行っとこう」と、スケジュールを調整し、本日決行したのでした。


朝9時半、スノーシューを着用して、出発。
天気は曇り。少し雪。
P3241294.JPG

最初の急斜面を登って、植林地を尾根沿いにすすむと、最初のポイントに辿り着きます。
この山の「主」と僕が呼ぶ、大きな桜の老木です。
2017-03-24 10.22.42.jpg

それからしばらく歩くと、僕らが通常折り返し地点としている場所に到着です。
ここにはカエルさんが待っています(サルノコシカケ?)。
P3241297.JPG

そこからは、しばし林道を歩きます。
この林道は春に山菜を採りに来たことがあります。
天気は、晴れたり、吹雪いたり。
P3241304 - コピー (2).JPG

地図と実際の地形を見比べながらずんずん歩いて・・・
2017-03-24 11.26.46.jpg

中小屋温泉に向かう最後の尾根に入ります。
ここまで2時間ちょい。
尾根沿いに下って、温泉を目指しました。
2017-03-24 12.02.59.jpg

あっ!町が見えてきました!
2017-03-24 12.18.51.jpg

スキーがあったら楽しいだろうなー、というような斜面を下っていきます。
P3241314.JPG

道路だ・・・!
P3241315.JPG

あの建物・・・かな?
P3241317.JPG

ジャーーン。
12時半ころ、中小屋温泉に到着ですー。
約3時間山を歩いて、温泉に来ちゃいました。
P3241319.JPG

温泉にゆっくりつかって温まって、休憩所でおそばを食べて。
(オニギリ持参してましたが、つい食べたくなっちゃった)
P3241318.JPG

14時06分発の列車に乗るために「本中小屋駅」に向かいます。
(あ、でも、一両編成だから「列車」ではないですねー)
駅までの道のり約800m。
P3241320.JPG

13時55分、本中小屋駅に到着。
なかなかいい味の出ている駅舎です。
P3241323.JPG

14時05分、列車、いや汽車が来ました、来ました!
わくわくするなあ。
(鉄男くんの気持ちがわかりますねえ)
P3241331.JPG

僕らの他に、ここから乗るお客さんがお一人いました。
車内には、学生さんが数名。
P3241333.JPG

操縦士さん。カッコいい!
(鉄男くんの気持ち、わかるなあ!!)
P3241334.JPG

毎日家からこの汽車を見ていますが、初めて車窓からうちを見ました。
ふーん、結構近いんだな。
コンテナの上の小屋づくりの進展も気にしてる人がいたりして。
車窓から.jpg

約10分の鉄道の旅。
無事に石狩金沢駅に到着です。
210円也。
P3241340.JPG

バイバイ汽車くん、きっとまた乗るからねー!
・・・一度乗るとぐんと愛情がわきました。
P3241342.JPG

これが僕の最寄り駅、「石狩金沢駅」です。
(初めて利用したけど)
P3241343.JPG

駅からうちまでの徒歩、約20分。
いつも車で通っている道です。
最後の最後に向かい風の吹雪になって辛かった・・・
P3241345.JPG

けど、なんとか家に辿り着きました。
P3241347.JPG
「ただいまっ!!」


約5時間のミニツアー。
でも、意外と盛りだくさんで大満足でした。
山越えして温泉に行くのも楽しかったし、中小屋温泉のお湯もまずまず。
そして何より、札沼線をひと区画乗る醍醐味…!

来年の冬にもやりたいと思います。
(夏は薮こぎながらなので厳しい…)
「是非行きたい!」という方がいれば、ツアーにしましょう。

あー楽しかった!!!
P3241354.JPG
posted by イトウ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">