2019年11月01日

タネを採る人。

10月13日(日)に、今年も『明日のためのタネ採り講座』を行いました。
「タネ採り」自体は7月あたりからアブラナ科やセリ科のものなど順々に行うのですが、やはり9月末〜10月前半が一番アツいシーズンとなります。

PA131082.JPG

講座は、1時間ほどの座学から行いました。
・この地球上でタネとはどんな存在か
・タネってどんな仕組みなのか
・人間とタネのつながりは…
・F1品種と固定種、在来種の違い
・どうして自家採種をするのか

などについて急ぎ足でお話させていただきました(本当は2〜3回に分けてお話したいくらいの内容なので、どうしても欲張ってたくさん話したくなってしまいます)。

ニンゲンが「タネ」を採り始めたのは約1万年前と言われています。
正確に言えば、そのずっとずっと前、ニンゲン前史の頃から「野生の植物のタネ」を食料としていたのですが、「意図的にタネとして保存し、都合の良いところに播く」ようになったのが1万年くらい前からなのです。
それはつまり「農」の始まり。
それまでの「狩猟採集」から「栽培や飼育」を主とした暮らし方への転換でした。

これはタカキビ(僕はほうき用に栽培)。
もちろん長い時間をかけて品種改良されたものですが、雑穀系は原種に近い姿だと思います。
P9230916.JPG

コムギは、すでにどんどん品種改良された「人間がつくりだした植物」ですね。
P9210835.JPG

講座では、野草なども参考にしました。
植物がどういう方法で子孫を残すのか・・・その戦略は、知る程に敬意を持たざるを得ない程のバリエーションを持っています。

ちなみにこれはオジギソウの花。
PA021023.JPG


座学の後、畑を歩きながら、植物の姿を観察し、タネ採り出来るものを見繕いました(写真撮り忘れ…)。

シシトウや・・・
PA031026.JPG

ナス、トマト、キュウリなどの果菜類。
PA031034.JPG

一番簡単なのは豆類ですが、品種によってはタイミングを逃して「発根」させてしまったり、莢の中でカビにやられたりします。
タネ採りで重要なのはタイミング!
P9020766.JPG

2年草のセロリやゴボウ。
毎年同じ畑を使える方には是非取り組んでいただきたいと思います。
(ゴボウの拡散能力はスゴイので要注意ですが・・・)
PA031028.JPG

ポップコーンは、トウモロコシという植物の「他殖性」を視覚的に教えてくれます。
交雑しやすさはつまり、雑種性の高さ。多様性ですね。
一つひとつ剥くたびに、美しくてうれしくなります。
PA151093.JPG


さて、室内に戻り、いよいよ「採種」です。
まずは採りやすい豆やゴボウなどから・・・

そしてナスやキュウリ。
IMG_20191013_120325.jpg

トマトなど・・・。
水分の多いものは、乾くまで油断出来ません。
IMG_20191013_122035.jpg

採種シーズンが外れてしまうコマツナなども用意しておき、10数種のタネ採りを体験していただきました。
IMG_20191013_120329.jpg

そして、大事なのは保存の仕方です。
いい状態で保管することで、当然種子寿命は長くなります。
逆に言えば、少し未熟なタネでも、大事に保管し丁寧に育てることで、次につなぐことができたりもするのです。
IMG_20191013_124337.jpg


タネとのつき合いにおいて大事なコト。
それを一言で表現するなら、「イキモノとして愛着や敬意を持つこと」だと僕は思っています。
相手を知ることで、その感覚は強くなりますし、相手本意での扱いを出来るようになります。


「ニンゲンの暮らし」は、どんどん人間本意、自分中心的になっていっています。
便利になり、自分の気持ちや都合を優先するようになり、相手をただの環境(風景)やモノ、道具としてしか見られなくなっていっている感じがします。
農業(食糧生産)の世界も、その最たるものかもしれません。

「農」「栽培」はそもそも人間中心的な行為ではありますが、「タネ採りを軸にした栽培」は、「相手が存在してはじめて自分が在る」「共に在る」ことをあらためて気づかせてくれます。



今年も11月となりました。
初雪は遅れていますが、もうじき雪の季節になるでしょう。
タネ採り、収穫なども急ぎ足です。

僕らの先人が1万年続けてきた「農」という行為。
古くて新しい視点で、僕らは未来につなげていきたいものだなあ、と思います。
PA280071.JPG


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『味わう!世界の発酵食〜臭いはホントに美味いのか』
小さなイキモノの力を借りて、食べ物をより美味しくするワザ「発酵」。
ただ、世界にはなかなか近づきがたい「奇妙な発酵食品」も数多く存在します。
「臭い!」・・・でも「美味い!?」・・・そんな不思議な発酵食品を嗅ぎ、味わってみることで、あなたの食べ物・食文化に対する視点や奥行きもきっと広がるはずです。
 〇日時 11月4日(月祝)12:00〜15:00
 〇場所 当別町金沢147‐1
 〇参加費 2500円


『つけもの日和』
「漬物講座」、今年も開催いたします!
仕込むのは、漬物の基本「たくあん」と、北海道のソウルフード「ニシン漬け」。
たくあんは、シンプルで誰でも失敗ナシの技をお伝えします。
ニシン漬けは、50年間漬け続けてきた伊藤良子氏(母です)に教えてもらいます。
 〇日時 11月日(日)12:00〜15:00
 〇場所 当別町金沢147‐1
 〇参加費 3500円


*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by 野良人イトウ at 06:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">