2018年09月12日

自分の成すべきこと。

台風の朝から、今日でちょうど1週間(そして翌朝に地震)。
僕のところは大した被害もなく、地震後の数日間は、淡々と台風の後片付けなどをして過ごしました。
それでも余震が度々あったり、インフラが不安定だったりするちょっとした「非日常」の中、あらためて考えていました。



自分のやっていること。

小屋づくりを習いに来た人に、自家採種を勧め…
オシャレに発酵食ライフを楽しみたくて醤油づくりに来た人に、ウンコについて熱弁し…
家庭菜園を教わりたくて来た人には、エネルギーについて話題を振って…
タネ交換に来た人たちと、コミュニティの意義を確認し…
ヒョウタンランプづくりに来た人とは、人類の歴史について語り合う……

「エコビレッジライフ体験塾」って、そんな場。
もちろん、それは<全部つながっている>から。

入り口はどこでもいいけれど、エネルギーのことだけ、とか、安全安心な食べ物のことだけ、とか学ぶのは、ちょっともったいないと思うのです。
奥底にあるテーマは、一言で言うなら、「人間の、<自立>した暮らし」でしょうか。
大きなシステムに依存しきって、まるで自分を家畜化するようにすべてを依存して生きるのじゃなく、「自分の手に、体に、暮らしを取り戻す(←自民党のスローガンみたいだけど(笑))」こと、それが<自立>だと、僕は思います。

ガンジーさんが、チャルカを廻しながら、塩の行進をしたように。
そんな思いを持ってやってきたことは、そう核心からズレてもいなかったかな、と感じています。
DSCN0885.JPG




「まあ、<わかる人>に届けばいいや」という気持ちが半分。
簡単に届かない大多数の人たちに届かなきゃダメだよな、という思いが半分。

いつも迷うのは、どうやって届かせるかが課題、大事だってこと。
どうしたら届くかなあ…?
(そもそも自分が変人&マイノリティとして生きてきたから、流行にノレるタイプの人の思考がよくわからない…苦笑)

難しいけれど、これからも、あきらめずに考えていきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報
 
『ウンコは地球の宝物〜糞土師の糞土教室2018』<参加受付中>
今年も、糞土師・伊沢正名さんを講師に招き「本物のエコロジーとはどういうことなのか」、「生き物として人の生活はどうあるべきか」などについて、大いに語っていただきます。もちろんフィールドワークでは、糞土師の野ぐそ術もお伝えします。
  〇日時 10月7日(土)13:30〜17:00
  〇場所 石狩郡当別町金沢147-1
  〇参加費 3000円
  〇講師 伊沢正名さん


『秋山散歩。』<参加受付中>
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、裏山を探索します。
秋の植物やキノコなどの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。
  〇日時 10月6日(土)13:30〜16:30
  〇場所 石狩郡当別町金沢147-1
  〇参加費 1500円
  〇講師 喜多としろうさん


『明日のためのタネ採り講座』<参加受付中>
当たり前にあるけれど、タネっていったい何?・・・というところからスタートし、タネという存在についてちょっと考えてみましょう。
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
〇 日時 10月14日(日)10:00〜12:00
〇 場所 当別町金沢147‐1
〇 内容 ・自家採種の目的、意義(座学)
     ・タネとり実習
〇参加費 1500円
〇定員 12名

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">