2018年06月28日

「小屋」という可能性。

今年ももうすぐ「小屋づくりの季節」となります(僕にとってはそうなのだ)。
現在、講師である千葉さんと講座の進め方や今回の小屋の仕様を相談しつつ、参加者の募集も行なっています。

体験塾での「小屋づくり講座」は、2012年にスタートしました。
僕の当初の発想としては、「大工仕事や建築の基礎を学びながら、1日でちょっとした物置小屋程度を建ててみる講座」というイメージだったのですが、講師を引き受けてくれた千葉さんの、「どうせなら、住めるくらいの小屋を3日くらいかけてつくった方が面白いんじゃないか?」という意見を受けて、「小屋づくりって、身の丈に合った暮らしを考えるチャンスなのかも…」と考えが広がっていったのでした。
(その時ヒントになったのは、建築家の中村好文さんのいくつかの著書でした)


何もなかった場所に・・・
集まっていただいた15名ほどの皆さんと向き合い・・・

3、4日で一つの小屋をカタチにします(最初の年は連続3日間だった。現在は週をまたいで4日間)。
RIMG0020.JPG
初めて会った人たちが、小屋づくりを通してチームになっていく感じが、僕は好きです。

2012年、ゴン太ハウス(長沼→当別)
RIMG0110.JPG

この年の小屋講座の後、「講座としての改善点はいろいろあるけれど、やっぱり<小屋>って面白い。<小屋>って面白い。可能性を感じるねなあ!」などと、次年度に向けての相談をしていた時のこと。
友人に貸してもらった本を読んでビックリ!
それは、高村友也さんの『スモールハウス』(同文館出版)という本で、1990年代の終わり頃からアメリカで始まった「スモールハウスムーブメント」が紹介されていました。そこでメインになって活躍している家が、まさに僕らが「小屋づくり講座」でつくり始めた小屋と同じ大きさだったのです。
彼らが「家」として住んでいるスモールハウスは、小さいながらもインフラを整えた、まさに「住める小屋」でした。
僕らが「いずれこういうのもできたら面白いよね」と話していたモノがすでに現実に存在していた時の驚きは、本当に大きかったです。
「おお!この方向性で間違ってなかったんだ!」と感じました。

その後、毎年1棟ずつ講座形式で小屋を建て続けていますが、それと呼応するかのように、世間でも「小屋ブーム(?)」が大きくなってきたように感じます。
不思議な気分です。


2013年、ぽへぽへ農園いもや邸(江別)
IMG_1626.JPG

2014年、こぐま座・魔女小屋(長沼)
DSCN9060.JPG

2015年、コンテナと並ぶ奈良邸(江別)
IMG_1179.JPG

2016年、ロフト付きのSloth+ハウス(長沼)
P7170377.JPG

そして昨年の、サクラハウス(千歳)
P7230242.JPG

『サクラハウス誕生』〜昨年の小屋づくりの様子(ブログより)

昨年の『小屋づくり基本講座』をまとめたムービー




4月に上映会を行った映画『Simplife』でも、参加者の方々からの感想でありました。
「小屋は自分と向き合うためのツールにもなる」

「ここで暮らすとしたら、自分は何をこの空間に置くだろう?自分にとって本当に必要なのは何だろう?」
と想像してみるだけでも、暮らしを見直し、自分と向き合ってみる機会になるのではないでしょうか。
もちろん本当に暮らしてみるのも面白いけれど、そうしなくても思考の手掛かりはたくさん見つかるはずです。



さて、今年の小屋づくりですが・・・ここに建ちます。
P4100239.JPG
旅する小屋、軽トラハウスです。

今までの10u弱の規格よりもグッとコンパクトになりますが、その分「狭い空間をより有効に使う工夫」が求められます。
面白い小屋づくりが出来そうです。

講座の中ではもちろん「基礎の施工」も行ないます。
軽トラックだけで使いたいときは、簡単に降ろせるようにし、その基礎に乗せておく仕様となります。

講座としては、7月14日(土)、15日(日)に当別町(うち)で座学やパーツづくりを行います。
翌週21日(土)、22日(日)に新十津川町(オーナーである「ドリームラヴァー」さんの場所)で基礎づくりをしてその上に小屋を施工していく予定です。

現在、参加者を募集しています。
大工仕事や小屋づくりを学びたい方はもちろん、モノづくりの好きな方、暮らし方を変えていきたいと思っている方の参加をお待ちしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り(第2回/豆腐造りの巻)』<募集中>
  〇日時 2018年7月1日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇内容 ・豆腐造り
      ・農について
      ・大豆の管理作業 ect...
  〇参加費 2000円(単発参加)
       8000円(残り4回通し)
       *通しでの参加が基本ですが、4回目までは単発でのご参加(2000円)も可能です。

『小さなマイハウスをつくろう〜小屋づくり基本講座2018』<募集中>
7回目となる小屋講座。小屋を建てながら大工仕事の技術を学んでいただくのははもちろん、「小さく住まう」ことも考えていきたいと思います。今年の小屋は、軽トラに乗せて運べる「旅する小屋」です。
  〇日時 @7月14日(土)、A15日(日)、B21日(土)、C22日(日)
      *各日9:00〜18:00頃
      *開始・終了時間は多少変更があります。
  〇場所 @A石狩郡当別町金沢147-1
      BC樺戸郡新十津川町字総進69-11
  〇参加費 20000円/4日間、17000円/3日間、13000円/2日間、7000円/1日のみ
       *参加費には、食費(昼食と午後の軽食)を含みます。
       *リピート受講の方は割引いたします(半額程度)。 

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">