2018年05月30日

小麦のこと。

今年の春、残念だったことがありました。
それは・・・小麦がほとんど枯れていたことです。
昨年9月に播いた秋まき小麦が、雪解けの後も全然緑にならず、結局9割以上が枯れていることが分かったのです。

これは昨年の様子。
9月20日頃に2種類の小麦と大麦を播いて、順調に発芽しました。
PA050121.JPG

雪が降る直前、11月半ばには青々とした葉を伸ばしていました。
順調順調。
PB080297.JPG
この直後(11月20日頃)、初雪が降り、そのまま根雪となってしまいましたが、毎年問題なく越冬してくれるので何の心配もせずに春を迎えました。


それなのに・・・
4月末、「あれ?雪が解けたのに麦が出てこないなあ・・・?」
「いつも、上の方が少し枯れてても、しばらくしたらピンと立ち上がって伸びてくるのに…?」
P5090401.JPG


うーーーん・・・

これは・・・枯れ…てるよなあ・・・。
P5090402.JPG

どうやら雪腐れのようです。
調べてみると、根雪の期間が長くなると発生しやすい病気とのこと。
たしかに昨年は、根雪が早くて積雪量も多かったので、おそらくそれが原因ですね。
(その予防はこれから調べます・・・)

それにしても残念です。

ここ6,7年は、毎年自分で育てた小麦を食べることが出来ていました。
「中力粉」と「強力粉」の2種を育てていたので、うどんやパンにして楽しんでいました。
1年間自給小麦を食べられるわけではないのですが、それでもタネを播いて手をかけたものがうどんやパンに姿を変えると、何とも言い難い満足感があったのです。
P7200384.JPG

DSCN9824.JPG




「畑に小麦がないのは寂しいなー」と思っていたところ、「春まきのタネ、いらないかい?」という話を受けました。
なので、さっそくいただいた春まき小麦「ハルヨコイ」を播きました。

播いたのが5月前半だし、うちはほとんど無肥料なので春まきは厳しいかと思うのですが、とにかく播けて良かったです。
P5290503.JPG


冬に本州の方からいただいた貴重なレッドスペルト小麦も、少し播いてみました。
(ちゃんと調べたら、この手の小麦はやっぱり秋まきが基本らしいので、残り半分は9月に播きます)
IMG_20180515_103618.jpg



「自給自足」なんて僕は目指していないけれど、いざとなったら米や麦を育てられる人間でいたいし、僅かであっても自分で育てたものを食べられるというのはやはり嬉しいもの。
醤油づくりにも欠かせないし、小麦はこれからも育てていこうと思います。


さて・・・
ほぼ壊滅状態の小麦ゾーン。
どうしようか迷うところです。

耕して他のものを播いてしまおうかとも考えましたが、せっかく生き残りチョボチョボとでも生えているものをつぶしちゃうのは胸が痛みます。
ここからタネを残すことが出来るし、この子たちはこのまま畑に残して、空いているランダムなスペースにカボチャのタネでも播こうかな。
カボチャが茂る7月末には麦は刈るのだから、ちょうどいいかも。
よし、そうしよう。
P5290496.JPG

・・・そして、そのタネをまた9月に播こう。
(雪腐れ対策はちゃんとしなきゃね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り(第2回)』<募集中>
  〇日時 2018年7月1日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇内容 ・豆腐造り
      ・農について
      ・大豆の管理作業 ect...
  〇参加費 8000円(残り4回通し)
       *本講座は5回の連続講座です。
       *通しでの参加が基本ですが、4回目までは単発でのご参加(2000円)も可能です。

『中つ地さんで大豆を味わう(第2回)』<募集中>
  〇日時 2018年6月24日(日)13:30〜16:30
  〇場所 中つ地農園さん(豊浦町大和)
  〇内容 ・豆腐造り
      ・農について
      ・大豆の管理作業 ect...
  〇参加費 10000円(5回通し)
       *通しでの参加が基本ですが、余席がある際は単発でのご参加も可能です(2000円/2回目のみ)。


『ペレのふくができるまで』
羊の毛刈りから始め、洗い、紡ぎを体験して、その毛を使ったフェルト作品を制作していただく「羊満喫」講座です。
  〇日時 6月17日(日)10:00〜
  〇場所 ハイジ牧場(長沼町東9南2)
  〇参加費 3500円(昼食代込み)
  〇講師 金澤睦司さん(ハイジ牧場場長)

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">