2018年04月21日

豆活、始めませんか?〜『豆部』のこと。


今年も「豆活」始まります!

当別町に移ってきた2年前から始めた『ぐるりの豆部』を今年も開催します。
『豆部』は、「タネまきから始める味噌造り」が副題で、タイトル通り「タネまきから収穫まで」ダイズ栽培の作業にかかわっていただき、自ら収穫したもので味噌を仕込むことを目標として行う連続講座です。
また、全5回ある講座では、毎回、ダイズ加工食品づくりに挑戦していただきます。
ダイズをとことん味わっていただくための企画となっています。

ちょっと紹介すると・・・

<1回目>は「タネまき」がテーマ。
畑や各自の植木鉢に大豆のタネをまき、もやしづくりなどを通して「タネのちから」について考えていただきます。
DSCF1117.JPG

DSCF1127.JPG


<2回目>は「豆腐づくり」がメイン。
もちろん畑での活動も行います。
P6250870.JPG

P6250880.JPG

<3回目>は「きな粉」。石臼で挽いて、出来立てのきな粉の美味しさを体感していただきます。
成長によっては若めのさやを採って、枝豆も味わえるかもしれません。
P8060462.JPG

P8060477.JPG


<4回目>は「納豆」。納豆づくりを通して、発酵の面白さに触れていただくことになると思います。
畑では収穫作業です。最終回の味噌仕込みに使う大豆を刈り取って、干す作業を行います。
PA210138.JPG

PA150224.JPG

そして、<最終回>は『味噌仕込み』。レシピとしてではなく、「どうして美味しい味噌が出来るのか?」を考えながらそれぞれ仕込んでいただきます。
PB260527.JPG

PB260534.JPG


こんなふうに、毎回たっぷりダイズに触れていただくのが『豆部』なのですが・・・

実は、体験塾で行う『豆部』の学び・体験は、大豆にとどまりません。
タネのこと、土のこと、環境のこと、栽培全体のこと、イキモノ全体の話…に学びは拡がります。

そして、通しで参加してもらう方は、きっとジャンルを超えていろいろな分野(建築、紡ぎ、家畜、自然観察etc…)に興味を持っていただくことになると思います。田んぼの活動やウチでやっている「講座にはしていないイベント」にもお誘いしています。
ある程度同じメンバーで講座を行うので、コミュニケーションも深まり、ただの「参加者」以上の関係性になっていきます(過去の豆部の方々も、今でもいろいろなお付き合いがあります)。
5回の講座の時間以上に、講座日以外の活動がどんどん増えて楽しくなっていく、なんてこともよくあります。

そもそも僕がやりたいのは、その時間内だけで終わるただの「講座」ではなく、学びや楽しみをシェアしていくこと、面白い関係性つくっていくことにあるので、通しで参加していただく『豆部』は自由な発想につなげやすい、今、一番大事にしている活動なのです。



ちなみにそんな「豆活」、今年は豊浦町でも行います。
昨年、豊浦町の地域おこし協力隊の菅野さんが企画して下さり、中つ地農園さんで『豆部』のような活動を行いました。
今年は体験塾と中つ地農園さんのコラボ企画として、『中つ地さんでダイズを味わう』講座を行うことにしました。

次回は、その豊浦町でのことと、昨年の豆部の方のご感想なんかを記したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
3月までは随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座も承っています。

★イベント情報

ドキュメンタリー映画『Simplife』上映会(受付中)
  〇日時 2018年4月28日(土)@10:30〜 A14:00〜 B18:00〜  
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 1500円(当日) 1200円(事前予約)
  〇定員 15名/回
   *『Simplife』公式サイト

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り(第1回)』<募集中>
  〇日時 2018年5月27日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇内容 ・タネの話
      ・大豆のタネまき ect...
  〇参加費 10000円(5回通し)
       *本講座は5回の連続講座です。通しでの参加が基本ですが、余席がある際は単発でのご参加も可能です。
  〇定員 12名

*お問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページにて承っています。
posted by イトウ at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">