2018年01月17日

夜明け前、僕は鎌を手に。

昨年末(12月30日)の早朝4時、薪ストーブに火を入れている時にそれは起こりました。
家に併設しているCoccoハウスから、その時間はまだ寝ているはずのCoccoさんの騒ぎ声と羽音が聴こえてきたのです。
すぐに見に行くと、闇の中でCoccoが一羽、止まり木から落ちて痙攣していました。
そして、そのそばには僕の携帯電話の灯りに反射する2つの目が…!

<それ>は僕に注意を向け一瞬止まりましたが、サッと壁の隙間から逃げていきました。
当別に越してきてちょうど2年。
野生動物にCoccoがやられたのは初めてのことです。
(作物は昨秋、結構食い荒らされて、電柵を設置しましたが…)

<それ>が侵入したのは4cm程の隙間でした。
以前から、「ふさいだ方がいいだろうな」と思いながら、そのままにしていた隙間です。
修繕を後回しにしていたことを悔やみながらも、すぐに対応し被害を最小限に抑えられたことに少しホッとしました(この手の小動物は、やたらと殺しまくったりするので)。

隙間をガムテープでとりあえずふさぎ、明るくなってから板を打ち付けました。
PC300099.JPG

もうすぐ新年を迎えるというのに・・・悲しい1日の始まりでした。
PC300093.JPG

どうやら、侵入経路はCoccoハウスにつながっている温室。
ここも、扉をしっかり取りつけるつもりで、解放したままだったのです。
PC300097.JPG

この足跡は、イタチでしょう。
PC300098.JPG
長沼に住んでいた時にも、一度やられたことがあります。
その時もほんの僅かな隙間(2cmくらいだけど無理やり通れば4cmくらいに広がるベニヤの隙間のようなところ)から侵入されて、一晩で数羽のCoccoが殺されたのでした。


足跡は、Coccoハウスの周りに多数あり、山へと続いていました。
PC300094.JPG


今回は幸い1羽で済みましたが、間違いなくヤツは味を占めて、これからここへやってくるでしょう。

僕は考えました。
「すべてふさいで入らないようにしなければ!」
「でも・・・それでもこの時期、完全な対策ができるかどうかわからない…」

「とりあえず、Coccoハウスは2cm以上の隙間をつくらないようにふさごう」
「でも、捕まえてしまわなければまたやられるかもしれない」
「よし・・・温室に一つだけ、隙間をあえて残して入れるようにして、ネズミ捕りを仕掛けてみよう」
「再び入ってくるようなら、捕まえて殺さなくては…」

大掃除や蕎麦打ちや正月帰省がある忙しい時でしたが、僕とイタチの静かな戦いが始まりました。



ネズミ捕りをいくつか(べたべた式と籠に捕獲式)を試しましたが、エサだけ盗られる日が続き・・・

1月初旬のある日、ついに<直接対決>の日を迎えました。

またも早朝、4時半頃のことです。
<何か>妙な気配を感じました。
(Coccoの羽音?もしくはわずかな鳴き声?カサっという物音?自分でもはっきりわかりませんが、とにかく<妙な気配>でした)
温室にそっと出てみると、やはり生き物が動くような微かな音がします。
そばにあった鎌を手にして、僕は近づいてみました。

僕の気配を察した<それ>は、スルスルっと壁際を移動して・・・
予想した通り、僕があえて残しておいた隙間に潜り込もうとしました。
隙間はかなりギリギリに開けておいたので、入るのに手間取っています。

ひと刹那、さすがに躊躇しましたが、逃げようとしている背中に鎌を振り下ろしました。
ザク、ザク、ザク!
3度太刀を入れ、手ごたえはありましたが、殺すことはできずにイタチは逃げていきました。
IMG_20180109_095903.jpg
リアルで申し訳ないですが、刃には毛と皮?肉片?が少しついていました。

そしてその後、イタチが来ている様子はありません(温室の小さな隙間はまだそのままなのですが)。
逃げたもののどこかで死んでしまったか、もしくは一応懲りて近寄らなくなったのか・・・。
どちらにせよ、<直接対決>によって、僕はイタチからCoccoさんの危機を救うことが出来ました。

イタチも生きるのに必死なのだろうし、憎しみなどもありません。
<殺す>なんて残酷な方法だとも思うけれど、でも、鶏を食べることを覚えてしまった野生動物をそのままにしておくことはできませんでした。
入って来なければかかわらずに済みますが、大事なものを狙って侵入してくるものと戦い、時には殺めることになるのは仕方のないことだと、僕は考えています(もちろん簡単に割り切れるものではないけれど…)。

だから、これで良かったのです。



ちょっと話は逸れるけれど、戦争や非武装を考える時に、「家に強盗が侵入してきても戦わないの?」という例えをされることがあります。
・・・戦うに決まってます。

でも、それと、国家同士が武力で殺しあう<戦争>は、まったく異なるものですよね。
だって、守るものも戦う相手もこちらの主体すらも、よくわからないから。
誰かの指示で、よくわからないものの為に戦うなんて御免です。
それよりも、本当は、戦わなくて済む方法を考え続けなくてはね。

勇ましさなんてイラナイです。
ヒョロヒョロと弱っちいくらいが丁度よいと思います。
ためらいながら鎌を手にして野生動物を撃退しようとするくらいが人間に合っているのではないか、と僕には思えるのでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
3月までは随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座も承っています。

★イベント情報

『冬山散歩〜春を探して』
  〇日時 2018年2月3日(土)8:45〜15:00
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇内容 ・裏山での冬芽の観察
      ・中小屋温泉までのスノーハイク(札沼線にて帰還)
  〇参加費 1500円
  〇定員 10名程度

『ひとつぶのタネのチカラ〜タネの交換会と学習会』
  〇日時 2018年2月18日(日)9:45〜11:45
  〇場所 札幌エルプラザ 環境研修室1,2
  〇内容 ・『OPEN SESAME〜The Story Of Seeds』ミニ上映会
      ・自家採種したタネ交換会
  〇参加費 800円
  〇定員 30名

*お問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページにて承っています。
posted by イトウ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">