2017年12月23日

来年こそは。

12月24日に餅つきをすることになったので、ビニルハウスを仕舞わずにいます。
今年は11月末から「ドカーン!」と雪が降って、まさに当別らしくガンガン積もり続けているので、ハウスがつぶれないようにケアするのもなかなか大変です(一部、すでに壊れました…)。
PC210740.JPG
この時期までハウスを置いておくのはやっぱり大変すぎるので、来年の餅つきは12月の前半にしよう!…とすでに決意しています。
(ちなみに昨年は<初当別>だったので、恐れて12月11日に開催していました。今年はナメていたわけじゃないんだけど・・・甘かったです)


とは言え、冬前の仕事が全然すすまなくて、大豆や雑穀など収穫したままハウスに放置していたので、なきゃないで塩梅悪かったというのもあります。
(この冬はバイトに行く日数が多くて、なかなか自分の作業が出来ていないのでした…)
PC210741.JPG

11月末に始めた大豆の脱穀は、昨日ようやく8種類分すべて終えました。
PB190461.JPG

ヒエなどの雑穀も順にやっています。
ほうきキビは結構な量なので、本当は足踏み脱穀機でやりたいのですが、出すのが大変すぎるため地道に手でしごいています・・・(もう、室内に持ち込んで冬の間気長にやります…)。
PC210744.JPG



このあたりの収穫物処理作業、本来は11月末までには終わらせておきたいところ。
この秋は、小屋づくりに重点を置いていたのでほとんど他のことがおろそかでした。
もちろんそれは自分で優先順位を決めて動いていたので承知の上なのですが・・・もう少しゆとりを持って仕事をすすめなきゃダメですね(つい「そもそも無理だろ?!」ってスケジュールを立ててしまうんだよなあ)。
まとまった雪が思いの外早くにやってきたのも予定外でしたが、それも込みで作業をすすめるべきなのですねー・・・とわかっちゃいるのに、なかなかね。

あらためて思い知ったのが、大豆。
なかなか乾ききらなかったのでギリギリまで畑に置いておいたら、すっかり雪に埋もれてしまったのでした。
(タイミング悪いことにバイトで不在の時に…)

こういう状態のまま、よく朝にはユキノシタでした。
PB080295.JPG

大慌てでビニルハウスに全部運んで、ハウス内で解かしてから乾燥。
ある程度まで乾いたので、たくさんある青大豆をまず脱穀して、大きなトレイに広げて家の中に保管していたのですが・・・
PC170733.JPG
気がついたらカビだらけになっていました。

またまた大慌てでいくつもの段ボールに分けて広げて、ストーブの周りで数日間、乾燥。
今は夜な夜な、選別しています。
PC180739.JPG
かなりカビが蔓延してしまったので、悪いのを除けるというよりまあまあ良さげなのを拾い集めていくような感じ。
醤油用の大豆4kgくらいとタネ用1,2kgが採れればいいのですが。
(慌てて暖かいところに置いたから、発芽率がだいぶ下がっちゃったかも…)


やっぱり適期にやるべき作業をやっていかないとダメだなあ、と痛感しました。
相手(この場合は作物)と天気の様子を観ながら、相応しいことをやっていかないとね。
今の人間の暮らしにはそれ以外の行為も多々あるから、なかなか難しいですけどね(金稼ぎとかね)。
でも、自分にとって優先すべきことは何か、あらためて考えさせられる冬の始まりなのでした。

何年やっても「来年こそは!」ばっかりだなあ(苦笑)。
でも・・・「来年はもっとちゃんとやろう!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
現在は、随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座を承っています。

★現在決まっている出前講座は、1月28日に札幌市篠路で開催する『発酵講座』です。
 (詳細は決まり次第お知らせいたします)

<イベントスケジュール>
『ひとつぶのタネのチカラ〜タネの交換会と学習会』
  ・2018年2月18日(日)AM


posted by イトウ at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">