2017年08月20日

わがままな卵。

現在うちにいるCoccoさんは22羽。
P8200632.JPG
そのうち4羽がチャボさんで、産卵してくれるCoccoさんは16〜7羽です。
そして、この春に孵化したピヨコが・・・
P4240128.JPG

この通り、まだ幼さは残りますが、オンドリさんになりました。

今群れに入れてしまうとイジメられそうなので、もう少し体がしっかりするまで別のケージで飼っています。



16〜7羽のCoccoさんが産んでくれる卵は、この時期なら毎日12個前後。
もちろんうちで食べるには多すぎます。
なので、うちに来る方やお友達に買っていただいています。
長沼方面には僕がしばしば用があるので、何人かのお友達のところにまとめて配達もしています。
P7141141.JPG

「配達」といっても、決まった日に行くわけではなく、僕が用がある時にまとめて行くので、かなり不定期です。
今の時期は田んぼでの作業があるのでほぼ週1回ペース(曜日は不定)ですが、秋以降は2週間以上空いたりもします。おまけに、冬になれば産卵率も落ちるので、お届けのペースはCoccoさん次第になってしまうのでした。
まあ「販売」なんていうのが申し訳ないくらいの<わがままな卵屋さん>です。
でも、それを理解した上で「いつでもいいですよー」と喜んで下さることが嬉しいので、お届けも続けています。

いただいた「卵代」はCoccoさんの稼ぎ。
そこから買うエサの代金を払い、日々の諸々のお世話代を僕がいただいています。
気分的には「Coccoさんに雇われている」感じです(笑)。



さて、工業製品ではない卵は、本来365日同じように得ることはできません。
季節によってCoccoさんが卵を産むペースは大きく変わりますし、1年目にほぼ毎日産んでくれる子でも2年目の冬には3〜4日に1個になったりもします(そういう子は通常「廃鶏さん」です)。

いや、どんな食べ物も、本当は同じ。
たぶん「欲しいときにいくらでも…」なんて感覚の方が、オカシイのです。
その時得られるものを食べて、生きる・・・それがきっと、本来の人間の在り方なんじゃないでしょうか。
もちろん僕らはすでにそうできないし、「いつでも欲しい(欲望の)ままに」を叶えるために人間社会は大量生産のシステムを構築してきました。
おそらくもう、人間が滅亡するまでそれは変わらないでしょうけれど、せめて「どういう在り方がマトモなのか」を忘れずにいたいと僕は思っています。

だから、「Coccoさんのペース(もしくはそれを届ける僕の都合次第)で・・・」と卵を待っていてくれる方とのコミュニケーションを僕は大切にしたいと思うのです。
P8200635.JPG
お代の包みにはこんな心遣いもあって、本当にありがたいです。



だけど・・・
日本の「有機農業」は、実はもともとそういう発想で行われていたのです。
今じゃ「基本的に農薬を使わず有機肥料で育てる栽培」もしくは「高付加価値の生産」みたいになってしまっていますが、有機農業黎明期の方々が「育て方」以上に大切にしていたのが、「食べる人との関係性」であったはずです。
「売る」「買う」ではなく、「その時採れたものを分け合う」ための方法として「提携」というつながり方をしていたのも、その為です。

育て方だって、「大量生産された有機肥料を買って投入する」のではなく、その場所で生じる草や野菜くず、家畜糞尿を使うことを基本としていました。
だから有機栽培には家畜の存在が重要で、畑から出るもので人間が食べない部分を食べてもらい卵や糞をいただく「関係性」が不可欠でした。
当然、微生物も大事にされましたし、虫たちや作物以外の植物(雑草)も「いなければいい!」「全部殺してしまえ!」ではなく、関係性の中でバランスを取ろうとしていました。

そういう「生態系を模した関係性づくり」が「有機栽培」であると、今でも僕は考えています。
経済活動としてそれをするのはとても難しいし、自給的な暮らしでだって簡単なことではありません。
でも、「理想的な人間の在り方」を模索することをやっぱり続けていきたいと思うのです。
P8200630.JPG
(Coccoさんのエサも、全部自分で賄えればいいのですけどね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『今日から我が家も発電所〜イオさんの独立型太陽光発電講座』
今年も行ないます、イオさんの太陽光発電講座。当然、重要なのは<独立型>であるということです。
前半は、イオさんこと早川寿保さんにエネルギーについて語っていただき、後半には実際に太陽光発電のキットを組み立てる演習を行います。
希望者には初歩的なキットの販売もしていただくことになっています。
〇日時 9月9日(土)13:30〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2500円
〇定員 15名


『イオさんのアーシング講座』
「アーシング」とは、一言で言うなら「大地、地球とつながること」。
現代に生きる私たちは、様々な電気製品や配線、携帯電話からから出る電磁波などを浴びながら暮らしています。それが「原因不明の不調」の原因となっている例もしばしばみられるようです。
この講座では、アーシングのメカニズムを学び、家庭ですぐに使えるアーシングマットを制作します。
〇日時 9月9日(土)10:00〜12:0
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 3900円(材料費込み)
      *午後の太陽光発電講座まで参加の方は6000円
〇定員 10名


映画上映会『Tomorrow パーマネントライフを探して』
「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの分野にスポットを当て、パーマカルチャー、トランジション・タウンなど、世界各地で新しい取り組みを行っているパイオニアたちを次々と紹介していくドキュメンタリーです。
オフィシャルサイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrow/
〇日時 9月18日(月・祝)@10:00〜 A13:00〜
          B16:00〜 C19:00〜 *4回上映
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円(当日受付)、1000円(事前予約)
〇定員 15名/各回

posted by 野良人イトウ at 09:33| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">