2017年04月28日

ママコッコの抱卵…の顛末。

ママコッコさんの抱卵に気づいたのが3月29日でした。
それから3週間と少し経って・・・。

Coccoハウスから、「ピヨピヨ!」という鳴き声が聞こえてきました。
とうとう孵化したのです。
そっと見てみると・・・
P4240121.JPG
3羽のヒナを確認できました。

<動画はこちらから>

ママコッコさん、愛おしそうにピヨコを抱きながら、まだ孵化していない卵も温め続けています。
P4240125.JPG
ヒナって本当に可愛いものです。
無事に大きくなってくれたら嬉しいなあ。


・・・と、ここで終われば「いい話」。
でも、実はそれでは、(嘘ではないけれど)真実とは言えないのです。

ママコッコさんが抱卵を始めた時、嬉しい気持ちももちろんあるものの、どちらかというと僕は憂鬱でした。
「まいったなぁ…またか…」という気持ちが7割くらいだったかもしれません。
そして実際、今だって、決していい心持ちではありません。
それは、家畜として飼っている近代品種のCoccoさんの抱卵は、「生命って素晴らしいね!」とほほ笑んで終われるような単純な話ではないからなのです。



まず、抱卵を始めたCoccoさん(今回はママコッコさん)は卵を産まなくなります。
てことは、生産率が落ちます。
それだけなら別に良いのですが、抱かれて温められた卵はもう人には譲れません(発生が始まっている可能性があるので)。
困ったことに、最初に温め始めた10個程度だけではなく、次々産まれる卵までどれもこれも温めてしまうのです。
なので「抱卵用」と僕が決めた分には印をしておき、その他の卵はすぐに除けるようにしています。が、なかなかその管理も難しいのです(ママコッコさんはもちろん卵を奪わせまいとします)。
おまけに、今まで温めていなかった他のCoccoさんまで、触発されて温め始めてしまうこともあります(数時間でたいてい飽きるけど)。
ママコッコさんが浮気をして(間違えて、なのかな)、急に隣の箱の卵を温め始めてしまうこともあります。

僕は卵の多くを友人に買ってもらっていますが、「アヤシイな?」と思った卵は当然自家用にします。
案の定発生がすすんでいるものもあって、割った瞬間、「!!」となります(やっぱりグロテスクです…)。
とにかく、家畜として飼っている鶏に抱卵されると、「生産物」としての卵の管理にいくつも余計な手間がかかるようになるのです。
P4230100.JPG

さらに、無事に孵化したとしても、群れ(ママコッコ以外の他のCoccoさん達)にとって、ヒナは「愛でる存在」などではなく、「異物」です。
実は、10個を温めさせていたのですが、ある日、「そろそろ生まれるんじゃないかな?」という頃に7つに減っていました。
ヒナの姿はなく、僕は「ああ、他のCoccoにやられたんだな」と思っていました。
(大喜びで孵化したばかりのヒナを突き、咥えて取り合いする姿も僕は何度か見ています…ゾッとする光景です)

温め始めてすぐに個室をつくってあげられればいいのですが、他にもやらなきゃならない作業があるのでなかなか対応もできません。
何羽か生まれてから急いで個室に移しましたが、結局生き残ったのは1羽。
P4280001.JPG

元気そうなのが他にも2羽生まれていましたが、よくわからないけれどママコッコさんはこの1羽以外は寒そうに鳴いていても無関心でした。
そのあたり、「母性」という本能の目覚め方も、実に中途半端な感じがします。
P4260002.JPG

4羽の骸を見つけました。
おそらく他にも何羽か生まれ、死んでしまったことと思います。
群れの中で食いちぎられていった子もいるでしょう。
P4270011.JPG

「家畜」としてイキモノを「飼う」ということは、不自然な生き方をさせる、ということです。
どんなに気を配っても、自然に近い飼い方であっても、・・・本来の自然とは違う、とても不自然な状態です。
(そもそも今の鶏さんの種自体が人間の管理下で存在しています)
受精した卵を温めて孵化させ、群れの中で育てていく…ということすらイレギュラーな行為となってしまう。
それが、「飼育」なのだとあらためて思います。

ヒナを嬉々として突き肉を毟るCoccoさんは、残酷なイキモノでしょうか?
きっと違います。
そうする彼らには彼らなりの理由があるはずです。
歪なのは、・・・・たぶん僕の方。

他のイキモノを自分の都合で飼い殺す、人間の方が一番歪な生き物なのだと、僕は思っています。
まあ、歪なりに、それをちゃんと自覚して僕らは生きていきましょう、って話です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』(←定員に達した為、募集を締め切りました)
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名
〇参加費 1200円

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円
posted by イトウ at 20:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">