2017年04月26日

人間と山の恵み。

ご近所となった医療大学の市民向け講座に、今年も参加してきました。
春の山の様子についての講演会と観察会です。

スライドを見ながらの座学(これも面白かった!)の後に、1時間ほどの観察会。
P4230060.JPG

漫談のような堀田先生の話を聞きながら、植物の様子を観察します。
P4230080.JPG

自分では気づけないような植物の息吹を感じられるのは、こういう観察会の醍醐味ですね。
これは、トチバニンジンの根と芽を見ているところ。
P4230073.JPG

これがトチバニンジン。
図鑑を見ても、こういう写真はありません。
P4230078.JPG

一面のエゾエンゴサク。紫のじゅうたんのよう。
P4230097.JPG

エゾノリュウキンカ。
エゾノリュウキンカ.JPG

エンレイソウ。
エンレイソウ.JPG

ザゼンソウ。
ザゼンソウx.JPG
1年ぶりなので、一つひとつ名前を確認します。
「ん〜?これ、なんだっけ?」「あ〜そうそう。これは○○だった!!」


これらの野草のほとんどは、堀田先生らが何年も笹狩りを続けた結果、芽生えてきたものたちです。
タネを播いたわけではないけれど、明確に「人為」によってつくられた環境。
「自然」ていったい何だろう?…とあらためて考えさせられます。

昨年刈ったというこの場所も、来年にはまたいろいろな(長期間眠っていた)タネが芽生えるのでしょう。
楽しみですね。
P4230087.JPG

来週には桜も咲くでしょうか。
この場所からもたくさんの桜が見えるのです。
P4230071.JPG

観察会終了後に、施設内も見学してきました。
ずらりと陳列されている漢方薬に胸躍ります。
すごいなあ!!
P4230065.JPG
(ただの根っこみたいのが並んでるんだけど…こういうものの薬効を発見した先人の知恵に感嘆!!)



帰宅後、すぐにうちの裏山にも登りました。
医療大学の山とうちの裏山はつながっているので、基本的に同じような植生なのです(おさらいです)。
P4230104.JPG

去年笹を刈って道をつけましたが、もっと広く刈ることでいろんな植物が出てくるのだと思うと、今年はもう少ししっかり笹刈りもしたいところです。
P4230119.JPG

さて・・・

帰る前に、晩御飯に食べるギョウジャニンニクを採っていきましょう。
先週登った時にはまだ小さかったのですが、結構葉も大きくなっていました。

こうして見ると群生していて、ウハウハと採集していきたくなってしまいますが・・・
P4240139.JPG

ギョウジャニンニクの生態を知ると、簡単には採れなくなってしまいます。
葉が大きくても1枚葉のものは1〜2年ものの赤ちゃん。
2枚でも3年もの。タネを残す力もありません。
P4240137.JPG

4年以上経ってようやく葉が3枚になりますが、茎が細いのはまだ4〜5年でしょう。
採っていいのか、迷うところです。
P4240141.JPG

この場所のギョウジャニンニクを維持するためには、タネを残す4年生以上の株をある程度の数残しておかなければなりません。
1〜3年ものやタネ用の株を根こそぎ採ってしまえば、早々に全滅させてしまうのです。
自分が管理しながら採集できる場所だからこそ、「この株は残そう」「今日はこのくらい採ってもいいかな」と考えながら採れますが、そうでなければ僕だって、「せっかく来たんだから採っていこう」「僕が採らなくてもどうせ誰から採って行くんだろうし…(まぁ、いいよね!)」と思うことでしょう。

そうして、「コモンズの悲劇」は繰り返されるのです。

きっと・・・僕ら現代人には、すでに「共有の意識をもって維持しながら活用する=山菜を採る」精神性はないのだろうなあ・・・と思いながら、山を降りてきたのでした。
農(栽培や飼育)からは見えてこない「人間の業」が顕わになりますね・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』(←定員に達しましたので募集を締め切りました)
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名
〇参加費 1200円

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円




posted by イトウ at 21:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">