2017年04月11日

陽を浴びて。

これは昨年の4月10日の写真。
畑もまだ、雪に覆われていました。
P4100431.JPG

裏山もこんな感じ。
陽の当たるところは解けていますが、結構雪は残っていて、雪解け水が小川になっていました。
P4100425.JPG

そして、これは昨日(今年の4月10日)の様子です。
家の周りも畑にも、もうほとんど雪はありません。
畑の雪は1週間前くらいにほぼなくなっていました。
P4101498.JPG

山の雪解けも早くて、こちらもすっかり解けています。
小川の流れもなくなって、乾いている部分が多くなっています。
P4101484.JPG

白樺の樹液も終わり・・・
P4101486.JPG

フキノトウもそろそろ食べごろはオシマイかな。
P4101485.JPG


一方、雑草野草は活き活きと伸び始めていました。

群生するバンケイソウ。
P4101488.JPG

紫の花が可愛いエゾエンゴサク。
P4101490.JPG

そして・・・・
待ってました、行者ニンニク!
P4101492.JPG
(早くも!と思ったけれど、昨年は4月7日に初物をいただいてました)


山から降りて、畑の様子も見てみましょう。

これはキャベツ。タネ採り用です。
P4101507.JPG

ニンニクもちょこんと芽を出しています。
P4101508.JPG

秋播き小麦。
枯れてるようにも見えますが、枯れた葉の下にちゃんと若い葉が出ています。
強力と中力の品種を植えているので、パンやうどん、ピザ生地など何でもできます。
来春仕込む醤油の原料にもなります。
P4101509.JPG

ビニルハウスの中では、こぼれダネがたくさん発芽していました。
コマツナやコリアンダー、シソ、レタス・・・
P4101510.JPG



山でも畑でも、たくさんの植物、虫、鳥・・・イキモノたちの息吹を感じます。
陽を浴びて、伸びやかに生命をまっとうしようとしていますね。

そして僕は・・・
昨日の昼食で、「春パスタ」をいただきました。
フキノトウと初物行者ニンニクをつかったパスタです。
P4101503.JPG
これはもちろん美味い!です。
でも実は、半分くらいは「昨年の残り」を入れました。
昨年瓶詰めした「ふきのとう味噌」と「行者ニンニク醤油漬け」です(黒いのは醤油漬け)。
この時期まで残っていたんですね。

フキノトウ味噌なんかは、毎年張り切ってつくって「やっぱり美味い!年中食べたい!」とたくさん瓶詰めしていたのですが・・・
結局夏以降のオフシーズンになると、あまり食べないのでした。

この手のものは頑張って保存するよりも、旬になったら「いやあ、美味いね!」と喜び、冬には「早くフキノトウ味わいたいねえ」と待ち焦がれるくらいがいいのかもしれません。
「待つ時間」は確実に美味しさを倍増させてくれますしね。

なので、今年は保存はしません。
また来年です。
(行者ニンニクは少しだけ醤油漬けにします)



春は、陽を浴びて伸びゆくイキモノたちに勇気をもらう季節です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(日) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円

posted by イトウ at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">