2017年03月24日

3時間山を歩いて温泉に入りに行くの巻。

2月に「冬山散歩」で木の芽の観察の仕方などを教えていただいたトシロウさんと、ミニツアーをしてきました。
題して、『3時間山を歩いて中小屋温泉に入って札沼線に一駅分乗って帰ってくる旅!』

このツアーは、昨年冬の最初の裏山歩きの時に、トシロウさんと「できたら面白いねー」と話していたもの。
「雪が解ける前に今年のうちにまず一度行っとこう」と、スケジュールを調整し、本日決行したのでした。


朝9時半、スノーシューを着用して、出発。
天気は曇り。少し雪。
P3241294.JPG

最初の急斜面を登って、植林地を尾根沿いにすすむと、最初のポイントに辿り着きます。
この山の「主」と僕が呼ぶ、大きな桜の老木です。
2017-03-24 10.22.42.jpg

それからしばらく歩くと、僕らが通常折り返し地点としている場所に到着です。
ここにはカエルさんが待っています(サルノコシカケ?)。
P3241297.JPG

そこからは、しばし林道を歩きます。
この林道は春に山菜を採りに来たことがあります。
天気は、晴れたり、吹雪いたり。
P3241304 - コピー (2).JPG

地図と実際の地形を見比べながらずんずん歩いて・・・
2017-03-24 11.26.46.jpg

中小屋温泉に向かう最後の尾根に入ります。
ここまで2時間ちょい。
尾根沿いに下って、温泉を目指しました。
2017-03-24 12.02.59.jpg

あっ!町が見えてきました!
2017-03-24 12.18.51.jpg

スキーがあったら楽しいだろうなー、というような斜面を下っていきます。
P3241314.JPG

道路だ・・・!
P3241315.JPG

あの建物・・・かな?
P3241317.JPG

ジャーーン。
12時半ころ、中小屋温泉に到着ですー。
約3時間山を歩いて、温泉に来ちゃいました。
P3241319.JPG

温泉にゆっくりつかって温まって、休憩所でおそばを食べて。
(オニギリ持参してましたが、つい食べたくなっちゃった)
P3241318.JPG

14時06分発の列車に乗るために「本中小屋駅」に向かいます。
(あ、でも、一両編成だから「列車」ではないですねー)
駅までの道のり約800m。
P3241320.JPG

13時55分、本中小屋駅に到着。
なかなかいい味の出ている駅舎です。
P3241323.JPG

14時05分、列車、いや汽車が来ました、来ました!
わくわくするなあ。
(鉄男くんの気持ちがわかりますねえ)
P3241331.JPG

僕らの他に、ここから乗るお客さんがお一人いました。
車内には、学生さんが数名。
P3241333.JPG

操縦士さん。カッコいい!
(鉄男くんの気持ち、わかるなあ!!)
P3241334.JPG

毎日家からこの汽車を見ていますが、初めて車窓からうちを見ました。
ふーん、結構近いんだな。
コンテナの上の小屋づくりの進展も気にしてる人がいたりして。
車窓から.jpg

約10分の鉄道の旅。
無事に石狩金沢駅に到着です。
210円也。
P3241340.JPG

バイバイ汽車くん、きっとまた乗るからねー!
・・・一度乗るとぐんと愛情がわきました。
P3241342.JPG

これが僕の最寄り駅、「石狩金沢駅」です。
(初めて利用したけど)
P3241343.JPG

駅からうちまでの徒歩、約20分。
いつも車で通っている道です。
最後の最後に向かい風の吹雪になって辛かった・・・
P3241345.JPG

けど、なんとか家に辿り着きました。
P3241347.JPG
「ただいまっ!!」


約5時間のミニツアー。
でも、意外と盛りだくさんで大満足でした。
山越えして温泉に行くのも楽しかったし、中小屋温泉のお湯もまずまず。
そして何より、札沼線をひと区画乗る醍醐味…!

来年の冬にもやりたいと思います。
(夏は薮こぎながらなので厳しい…)
「是非行きたい!」という方がいれば、ツアーにしましょう。

あー楽しかった!!!
P3241354.JPG
posted by イトウ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">