2016年10月21日

ことばのこと。@

僕はあまり言葉を信用しません。
というか、言葉自体は、都合よくどーにでも扱えるものだと思っています。

指先でちょいちょいと得た「情報」を真実かのように人に伝える人。
「人が汗をかいてやったこと」を、さも自分の体験のようにとうとうと話す人。
言うことはすんごく立派だけれど、行動は「?」と思ってしまう人。

そして、そんな言葉でも、「なんてスバラシイ!」とありがたがってしまう人・・・。

一方で、言葉少なに自分が「大切だ」と思うことを淡々と実践する人がいます。
高いところから演説するよりも「汗をかくこと」を優先する人がいます。

やっぱり僕は、後者の人達のようでありたいし、そういう人たちと行動していきたいです。
どんなに「立派そう」でも、「スバラシそうなこと言って」いても、日々の行動が伴わない人は信用できないし、口ばっかエラそーな人には近づきたくないです・・・。



先日お会いしたカタヤマさん。
お邪魔したら、日々を丁寧に営んでいらっしゃるのが伝わってきました。

いただいたハーブと瓶詰め。
「そのひと」が伝わってくる品でした。
PA011391.JPG



葛の採取から紡ぎ、織りまで一人でやっている渡邉さん。
彼女が遊びに来てくれた時に、「すごいですね」「好きなんですねー」という感想に対しての返答に、僕はグッときました。

「やりたくてやってるというより、葛に使われている感覚なので…」という言葉。

「あ、わかる!」と思いました。
単純に「それが好き」とか「やりたい」というよりも、「そうせざるを得なくてやってる…」という感覚。
(だって彼らは待ってくれないから)
一つひとつの行為で言えばメンドクサイしたいしてやりたいことではないのに総合的に出来上がるものを考えたら「やらなきゃ!」と感じる感覚。
・・・僕にもあります。
(渡邉さんが同じ意味合いで言ったのかわかりませんが…)

少なくても、「どっかで誰かが言ってた」言葉じゃなく、自分の内から出てきた言葉、そう感じました。
そんな言葉を信じていきたいと思います。
そんな言葉であれば、共にありたいと思います。

PA211731.JPG
11月に札幌で渡邉さんの作品展があります。
素敵な作品に会いに行きたいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『漬物日和。〜たくあんとニシン漬け』
〇日時 11月13日(日) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2000〜3500円
〇定員 10名

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)

posted by 野良人イトウ at 21:57| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">