2016年09月14日

お金を「使う」こと。

「今年はあまり現金を得ることには力を入れずに<新しい場所>の環境整備を中心に過ごそう」と決めているのですが、それなりに頼まれたりして「お金をいただく仕事」もさせてもらっています。
体験塾のことや出前講座などは一応「本業」としてちょこちょこやりつつ、その他には大工をしている友人の現場を手伝ったり、農家さんで仕事をしたり。

今、週イチくらいで手伝いに行っている農家さんは、還暦の頃に農業研修をして独立し、現在までお一人で営農されているIさん。
とても素敵なご婦人で、農業としての規模は小さいけれども、尊敬できる方です。
P8240780.JPG

P8240781.JPG
1ha近くを一人で切り盛りしているのですが、最近は体力的にも厳しそうです。
本当は無報酬でお手伝いしたい気持ちもあるのですが、アルバイトという形で手伝わせていただいています。
ありがたいことだと思っています。


考えてみると、最近得ているお金のほとんどは、友人知人の仕事を手伝ったり紹介してもらったもの。
つまり、「とても気持ちよく働くことが出来ている」のです。
ありがたいことだな、と思います。

もちろんお金はお金なのでどんな仕事でもありがたいのですが、時給がいくら高くても、気分の良くないことはしたくないな…と思ったりもします。
どうせ働くのなら、肉体的に大変であっても時給が低くても、「世界が良い方向に向かうこと」「未来が今よりマシになること」の為に時間と身体を使いたいし、共感できる人と労働を共にしたいです。
(もちろんそんな「理想」ばかり言っていられない状況もあるでしょうけれど、そんな気概はいつでも胸に持っていたいものです)


そして・・・
当然、使う時にも「気持ちの良い使い方」をできれば、と思います。
というか、むしろ「使い方」こそが本当に大事なのだろう、と思います。

たとえば僕がたまの贅沢でする外食。
P8190669.JPG
これはお世話になっている長沼の「こぐま座」さんのランチ。
1食1000円が高いか安いか・・・なんてことは問題じゃありません。
どうせお昼を食べるならこぐま座で、と思える場所なのですから。
「こぐま座という大好きな場所」を続けていってもらうために、僕はこぐま座でお昼を食べます。
そして、「こぐま座にお金をまわせば、またきっと良い方にまわしてくれる」と信じられる人たちだから、僕は嬉しい気持ちでお金を払います。
1000円は、全〜然高くはないのです。


日々食べるもの、使うものを、そんな心地よいものにして、「それによって未来が今よりマシになっていく」と思える人たちにお金をまわしていく・・・そんな使い方を常に心がけていたいと思います。
モノやお金の奴隷になるのじゃなく、あくまでも僕らがより良い社会を作っていくための「道具」として、お金を「使う」ことができたらいいなあ。

考えてみたら、僕のやっている「エコビレッジライフ体験塾」にかかわり続けてくれる方の多くが、きっと参加することでこの活動を支えてくれているんですよね。
とってもありがたいことです。
参加費としていただいた大切なお金をどう使うか・・・「お金を使う」ってのは本当にシビアなことだよなあ、とあらためて感じます。
だって、いちいち自分が何を「支持するか」ってことを表明してるのですからね。
信頼も信用もできない人、企業にお金をまわすことの怖さも、僕らはもっと知らなくてはなりませんよね。

真の意味の「賢いお金の使い方」が出来るようになりたいなあ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『今日とるタネが未来をつくる〜明日のためのタネ採り講座』
〇日時 10月8日(土) 13:30〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円(ドリンク付き)
〇定員 10名

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)




posted by イトウ at 22:10| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">