2016年05月15日

道草喰う人。

昨日は、この時期恒例の「道草喰う会」でした。
最近は毎日のように山に入って晩ご飯のオカズになる野草を採ってくる習慣が出来つつあるので、「会」にしなくても…?という考え方もありますが、・・・違うのです。
やっぱりみんなで「あーだこーだ」と言いながら散策、採取して、相談しながら調理して、一緒に食べながら「これは美味い」「これはキビシー」「僕は結構好きかも」などと伝え合うのが、楽しいのです。

さあ、さっそく散策しましょう。
山に入り、図鑑片手に名前を確認。ヨブスマソウ、ウド、オオハナウド、オオウバユリ、ニリンソウ、ヒトリシズカ、ヨモギ、アザミ、イラクサ、コゴミ、ワラビ、タケノコなどを採取しました。

家に入る前に整理して・・・
P5140719.JPG

分担して調理。
キンピラ、おひたし、天ぷら、汁物、団子などが出来ました。
P5140723.JPG

みんなの感想は・・・
もちろん「美味しい!」。

でも、可笑しいのが、
「全部美味しくて意外性がない・・・」
ということ。

「もっと、美味しいもの、厳しいもの、食べ方に工夫が要りそうなものなどがあった方が面白いかも…」
「今回は、ただの<山菜を食べる会>だったね」
という雰囲気があったのでした。
確かに今回食べたのは、主にメジャーな山菜ですし、天ぷらにすればたいがいのものは上手く食べられますし。



実は、昨年まで住んでいた場所は、拓かれた「田園地」でした。都市部に住む方から見たら「自然がいっぱい」と感じるかもしれませんが、実際は人が農耕をしやすいように山を削り木を伐り、土をひっくり返し、踏み固め続けてきた人為的な土地です。
そういう場所に生える植物を僕らは「雑草」と呼びます。

オオバコ、スギナ、ギシギシ、タンポポなど、邪魔にされるもの、どちらかといえばキラワレるもの、もしくは目に止まらないもの。
そういう「道の草」を食べることに面白さがあるはず!…というのが、そもそもの僕の発想でした。
(まあ、以前の場所にはそういう植物しかなかったから、という理由もありますが)

でも、「雑草にも個性があって、実はこんなに美味しく食べられる!」
という体験は、きっと世界の見方すら変える力があるのです。

それには・・・「普通に美味しい山菜」では、ちと物足りなかったのですね。
うんうん。
集まってくれた人たちにそういう雰囲気があること、僕は(逆に?)すごく嬉しかったのでした。

せっかくこういう場所に住み始めましたから、もちろん季節ごとの山菜は楽しみますけど、「道草喰い」も忘れないようにしなきゃ、とあらためて思った1日でした。

あ、ちなみに、今回のヒット料理は「ニリンソウの汁物」でした。
肉と豆腐、それに大量のニリンソウを入れて塩のみで味付けしたオハウ的な汁。
ヒンナヒンナ!ニリンソウは食卓にしばしば登場しそうな食材です。
(写真撮るのわすれてました・・・)


★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
〇日時  5月22日(日)13:30〜16:30
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1) 他
〇参加費  10000円/全5回通し参加  2000円/今回のみ

『Green Circle〜苗の交換会とミニマルシェ』
〇日時  6月4日(土)10:00〜13:30
〇場所  こぐま座(長沼町東2線北9番地)
〇参加費  1500円(ランチ付き)

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)



posted by 野良人イトウ at 07:56| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">