2016年04月28日

近づいたり、離れたり。

15羽のピヨこたち、元気です。
ここ1週間くらいで羽が生え変わり始めました。
このくらいの月齢で、雛は一時期、おミスボラ(見窄らしい感じ)になります。
トサカも出始め、顔つきも鶏らしくなってきました。

15羽とも、元気です。
P4280561.JPG

P4280560.JPG

育雛、今年はまあまあ上手くいってる気がします。
このまま気を抜かずに育てれば、8月前半から産み始めてくれるでしょう。



育雛をしながら思い出すのは、これまでで一番上手くいかなかった4年前のこと。
あの年は、強い鶏にしたいと考えて、少し厳しめに育てました。
でも、きっと慣れや慢心もあったのだと思います。
ほとんどの子を死なせてしまいました。
毎日弱り、死んでいくのが辛かったあの春。
僕にとってトラウマになりそうなくらい厳しい春でした。
その時のこと

さて、15羽の元気なピヨこたちの成長が嬉しい半面、それは今いる子達とのお別れが近づいていることも意味します。
そんなに鶏舎のスペースを取れないし、今産んでくれてる子達はだいぶ産卵率が落ちているからです。
(昨冬は30%程度まで落ちました。この時期は60%くらい産んでくれますが、きっと次の冬はほとんど産まないでしょう…)

卵自体も、(一般流通で言えば)B級になってしまうものが多くなります。
大きすぎたり、小さすぎたり(黄身なし)、シワが寄っていたり、殻が薄かったり…。
P4240531.JPG

P4240532.JPG
それは、これまで一生懸命生み続けてくれた故の変化だし、それでも尚こうして2日に1個は産んでくれることを僕はありがたいと感じます。
見た目が悪くても、愛しい愛しい卵さんです(一般的にはこうなる前に「処分」されるので、普通はこんな卵を目にすることはないと思います)。

まだ2歳ですが、卵がはっきりと「老い」を示しています。
日向ぼっこする彼らに、「いつもありがとう」「お疲れ様」と声をかける毎日です。
P4190471.JPG

そして、うちのCoccoさんの中でも「長老」と言えるのがこの子、通称ぽっぽこ。
P4220522.JPG
4歳です。
もう、1年以上卵を産んでいません。
でも飼い続けています。
実はこの子は、育雛に失敗した4年前、たった1羽生き残ったCoccoなのです。

この子は決して強かったわけではなく、足の指が小さい頃に骨折して曲がってて歩くのもヨタヨタだし、何度も何度も死にかけました。
最後に生き残った子を「死なせるものか」と徹底看護しながら育てた、それがこのぽっぽこです。
情を注いだ分だけ人にも慣れて、僕らの後をいつもついてきます。
「ぽっぽこー」と呼ぶと、「ぽっぽー」と返事をします。
僕はCoccoさんを家畜として飼っていますが、この子は・・・ペットと呼ぶべきかもしれません。

そんなぽっぽこも、このところかなり弱ってきました。
抱くと、ビックリするくらい軽くなっていました。
エサもあまり食べません。
目もよく見えていないみたい。
寝てばかりいます。
呼んでも、・・・もうあまり返事をしてくれません。
先日、大好きなはずのミミズをあげてみましたが、ちょっとつついてやめてしまいました。

死を受け入れたイキモノ特有の、「世界に薄く広く溶け出していってるようなたたずまい」を感じます。
お別れはきっと近いでしょう。
最後の1日まで、穏やかにお日様に抱かれて過ごして欲しいな。



生と死が交錯する春。
まあ、こういう暮らしではいつものことなのですが。
いろいろなことを日々、静かに、丁寧に、受けとめたいものです。


★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
〇日時  5月22日(日)13:30〜16:30
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1) 他
〇参加費  10000円/全5回通し参加  2000円/今回のみ
〇お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)



posted by イトウ at 08:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">