2015年08月26日

サバイバルDAY〜僕らが人であるために。

先週末行ったエコビレッジライフ体験塾2015通年コース第7回目のプログラム、メインテーマは「サバイバル」でした。

1泊2日のプログラムですが、盛りだくさんの内容を詰め込む体験塾。限られた活動時間の中で僕が選んだサバイバルワークは「ロープワーク」と「火起こし」です。
ロープワークでは、友人ケージさんが講師を務めて下さり、巻き結びやもやい結び、自在結びなどを学びました。
ヒモ1本あれば、いろいろなものをつくり出すことができ、身を守ることもできる技術、覚えておきたいですね。
P8220187.JPG

P8220206.JPG

一度覚えたつもりの結び方が・・・他の結び方を練習するうちに、「あれ?どうだっけ?!」・・・よくあることです。何度でもやりましょう。
P8220190.JPG


お次は火起こし。
最初は棒1本と板1枚で行う揉み切り式に挑戦です。
P8220224.JPG

もちろん簡単ではありません。
腕は疲れるし掌は痛くなるし・・・すぐに途方もないことをやっている気になってしまいます。
実は僕自身も、自分ではこの方式で熾せたことはありません。
見たことがあるだけです。アフリカで。

ジンバブエに滞在していたときに見た、あの「着火の瞬間」とその後「絶やすことなく維持され続けた炎」を忘れることはありません。
そのことは項をあらためてまた記したいと思いますが、とにかくあの時の火が、僕の胸の内では未だ消えずにいるのです。
だから、やっぱり揉み切りで!・・・いつかは自分もつけたいと思っています。

火起こしも「大人の知恵」「科学的知識」をフル活用して遊ぶに相応しいものなので、本当はいろいろ試行錯誤していただきたいところ。なのですが、限られた時間の中でのプログラムなので、残念ながらこちらで用意しておいた「弓切り式」「マイ切り式」へと作業は移行します。

どちらも実に単純な道具なのですが、随分と「発展!」した気分になりますね。
僕は毎回タイムマシーンに乗ったような感覚に陥ります。
P8220235.JPG

P8220248.JPG

自分たちで熾した火で「炊飯」も「お風呂」も「灯り」も確保する、というのがこの「サバイバルDAY」の趣旨なので、火がつかなきゃその先はありません。・・・けれどもなかなか火はつかない!・・・さあ、どうしよう!!??
・・・・・この手のプログラムはほんとにライヴなので、僕の頭の中では実習中も常に「どうしたら参加者の楽しみと満足と必要なスケジュール進行を実現できるか」を考え続けています。
今回も1時間半近く経って着火には至らず(惜しいところまでは何度か…)、主催者としては大いに迷っていました。

「着かなかった」という現実もアリか?
僕が手を出して、とりあえずは着ける?
別な方法(電池をショートさせる等)でやってもらうか?
いやいや、ここまでやったのだから、暗くなっても腹が減っても、着くまでやってもらうか…?!

そして・・・もう今回はあきらめよかな〜、と思いかけた時、MSさんの神の手が・・・火種を産みました!!
P8220251.JPG

大慌てで火口に包んで息を吹きかけるイトウ。
「ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・」
「ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・」
「頑張れ、イトウさん!!」
皆さんの声を背中に感じ、「このラストチャンスを生かさねば!」と焦りながら吹き続け・・・

「ボッ!!」

着火した瞬間、歓声と拍手が起こりました。
「早く焚付へ!!」
P8220272.JPG

こうして熾った炎で、羽釜炊飯
P8220274.JPG

空き缶&ビニル袋炊飯
P8220270.JPG

燻製
P8220286.JPG

お楽しみのBBQにドラム缶風呂、そして、夜遅くまでの焚き火を囲んでの語らいを味わったのでした。
P8220291.JPG



こんな夜は、大空と大地に抱かれ、屋根も壁も失くして寝ることにしましょう。
おやすみなさーーーい。


ZZZZZZZZZ・・・・・・・・。

・・・おはようございます。
P8230298.JPG



原始に近づいた1日目から一転して、翌日は現代人としての知を深め楽しみます。
まずは「空と大地の朝ヨガ」で心と体をリセットしましょう。
インストラクターは近添和実さん。とても心地よいヨガを指導してくれる頼もしい友人です。
P8230303.JPG

P8230307.JPG
野菜たっぷりの朝食のあとは・・・

2日目最初の活動は、僕も毎回期待している「ミニ講座」です。

今回はMYさんの『エネルギー問題の解決に向けて』と題した、半生記。電気工学を学んで従事し、パーマカルチャーとの出会いや生き方の変換に至る経緯を発表していただきました。
知人の半生をじっくり聞く機会というのが非常に良い時間であることに気づかされるとともに、一緒に考えていくヒントをいただきました。
P8230322.JPG

もう一つの講座は、EYさんによる『コミュニケーションツールとしての短歌』。
短歌を学んできたEYさんのファシリテートで、ミニ歌会を開きました。
P8230327.JPG
今回のお題は「歯」。
10分で実に素敵な歌がいくつも詠まれました。すごいですねー。
P8230338.JPG
短歌という表現方法、本当に面白いので(僕は個人的にもツボでした!)、次回以降もお願いしたいと思っています。

その後は、ミニディスカッション。
「持続可能な社会であるために、○○はあるべきか、なくすべきか」ということを様々な視点で考えていく時間です。
P8230342.JPG
この手のことはどうしても偏った情報、偏った思考に滞りやすいので、客観的に向き合っていただくためにあえて自分意見ではなく「主張する立場」をこちらで決めさせていただきました。
今回のテーマは、「割り箸は是か非か」。
本当はクールにディベート風「ゲーム的討論」として行いたかったのですが、十分な時間を取れなかったので最後はざっくばらんに意見交換となりました。
それでも十分多様な意見が出され、面白い話し合いとなったと思います。さすがに知性も寛容さもある参加者の方々。脱帽です。



最後の活動は、毎回時間に押されて短時間になってしまう農作業。
前回刈った小麦の作業の続きを体験していただきました。

足踏み脱穀機で脱粒させ・・・
P8230364.JPG

P8230368.JPG

唐箕で選別。
P8230382.JPG

こうしてできた麦粒で、次回以降、うどんやパンをつくっていただく予定です。
P8230385.JPG

あっという間の1泊2日。
毎回、準備時から活動が終わるまでテンパっている僕ですが、今回もいろんな方に助けていただき、無事に終了しました。
参加者の皆さん、お手伝いいただいた皆さん、ありがとうございました!!

やっぱりサバイバルは楽しいですねー。

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶ「エコビレッジライフ体験塾2015」、各種公開講座を予定しています。
今年は、今年は通年コースにも単発でご参加いただけるプログラムがございます。


通年コース第8回『羊のいる暮らし』(講師:金澤睦司さん)他
日時 9月12日(土)13:00〜13日(日)12:00

『独立型太陽光発電講座〜今日から我が家も発電所』
日時 8月30日(日)13:00〜16:00
講師 早川寿保さん(イオテクノロジー)

『魔女と愉しむハーバルライフC』
日時 9月6日(日)11:00〜14:00
講師 村上朋子さん(北海道芳香植物研究会・グリーンサーカス代表)


詳細は下記HPfacebookにてご参照ください。

体験塾ロゴ.jpg
エコビレッジライフ体験塾






posted by 野良人イトウ at 09:07| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">