2015年08月18日

ちょっと本気のビール仕込み。


ここ数年ビール造りを楽しんできました。
最近はクラフトビールも手に入りやすいし、プロが育てたのを買って美味しくいただくのもいいものですが、やっぱり自分の手がけた「1杯」で喉を潤すのもまた、最高なのであります。

とは言え・・・
僕が楽しんでいるビール造りは、お手軽な、言うなれば「キット化」されたもの。
もちろんビール酵母に発酵してもらうわけでそれなりの楽しさは味わえるのですが、工夫の余地はあまりありません。大麦の麦芽でモルトをつくる工程にこそビール仕込みの醍醐味があるのだろうなあ…と、「缶詰パカっ」にやや物足りなさを感じていたのも事実でした。

そんな折、自ビール歴20年の友人Tさんに「そろそろキットは卒業しましょう」と誘われて、この度いよいよ「本気のビール仕込み」に踏み出したのでした。



いずれは「大麦の栽培」からやりたいところではありますが、今回は入門したてなので、麦芽は購入したものを使用。
まずは、布袋に入れた麦芽(2kg強)を煮込んでマッシング(糖化)・・・
IMG_1199.JPG

それを約65℃で60分キープ。
IMG_1203.JPG

60分後に麦芽の入った布袋を引き上げたら、その煮汁?を煮詰めます。
IMG_1210.JPG

これは取り出した麦芽ガラ。甘いです。
IMG_1215.JPG

途中、スケジュールに添ってホップを投入。
IMG_1220.JPG

60分後、蓋をして、水冷。
この工程で雑菌が入らないようにするのがポイントかもしれません。
IMG_1231.JPG

「ウォート」と呼ばれる煮汁が30℃以下になったら、1次発酵の為の容器にスバヤク移して・・・
IMG_1235.JPG

ビール酵母を投入。
IMG_1254.JPG

ビニル袋をしっかり封して、初日の作業は終了です。
IMG_1259.JPG
ここまでの所要時間、約5時間。
やはり「ちょっと本気」でやらなければなりませんねー。
(ちなみに「缶詰パカっ」では、この段階まで30分ほど)



この「ビールもと」は、10日くらい樽の中で発酵させた後、砂糖を加えてビンに詰めました(その工程はいつも通りなので省略)。


そして・・・

打栓してからもうすぐ3週間。そろそろ1本開けてみましょう・・・
どうかなあ・・・ドキドキ・・・。

おお、これは爽やか!!!!
P8180133.JPG
炭酸はまだ弱めですが、高級感のある香りと味わいです。
胸を張って言えます、「こりゃ美味い!」と。

北海道の夏はほぼ終わりのようですが、働く者にとってビールは1日の労働のご褒美。
まだまだ楽しみたいと思います。

そして来年は「自分の麦芽」でビールを仕込めるよう、9月には大麦を播く予定です。
「も少し本気」のビール造り、です。
posted by 野良人イトウ at 21:07| Comment(0) | 発酵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">