2015年03月12日

黒いダイヤを燃しながら。

ひょんなことから石炭をいただいてしまいました。
それも結構大量に。
ほんとにありがたいことです。
「今年は春が早いから、もうあまり使わないかも?」なんて思っていたら、突然冬に逆戻りしちゃったので、大活躍しています。


ウチのストーブ、普段は薪を燃していますが、もともとは石炭用。
昔の小学校で使われていたダルマストーブです(僕も30年以上前にコレのお世話になってました。日直の仕事に「石炭運び」があったのです)。
以前から「石炭で使ってみたいなー」と思っていたところ、不思議かつ有難いご縁で「黒いダイヤ」を使わせていただいてます。
DSCN9935.JPG


石炭燃やしながら(ていうか、こんな石ころみたいなのが燃えるってのがそもそも不思議じゃない?)、いろいろ想いは巡ります。

「こりゃああったかいわー」
「でも、すごい煤だなあ」
「まさに、蒸気機関車の黒い煙…。普通の家じゃ汚れて大変かも」(←「ウチだって汚れるのは嫌です!」と相方の声…)

「数十年のスパンが必要なもののちゃんと森づくりをすれば<持続可能>な薪(木資源)に対して、結局石炭は失くなる一方でやがて枯渇する化石エネルギーではあるんだよなあ」

「でも、遥か昔は植物だったのだから、もともとは光合成で蓄えたエネルギーやCO2を放出してるとも言えるんだよなあ」

「それでも今の社会、現代の生物たちにとってはCO2の過剰な増加はきっと問題多し、だろうなあ。温暖化にはいろんな説があるけど、実際はどうなんだろ?」

「石炭も石油も<化石燃料>という点では同じだけれど、少なくても道民が道産の石炭を使うなら、紛争や戦争の原因にはならないよなあ」

「そして今、あのおばあちゃんが物置に持て余してた石炭を僕がこうして燃やすのは、そんなに悪いことではないよなあ、きっと。」
・・・などなど。

まあ何事もね、やってみながら考えるタチなのでした。
(やってみてもワカランことも多いのでした・・・)


★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶ「エコビレッジライフ体験塾2015」、春のワークショップと2015受講説明会、3月15日より始まります。
体験塾ロゴ.jpg
エコビレッジライフ体験塾
posted by イトウ at 22:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間の北極気温上昇と気候変動の貧困層(グローバルレベルで)への打撃を考えると、少なくとも一因であると考えられる化石燃料の使用には、「ん?」ですが、今すぐに革命がおこり今の自由主義経済社会の在り方がかわるという状況にない中で、「道産」という一点で許容せざるを得ませんね。気候変動を憂慮しながらも、(あまりあたためなくてもいいように)北海道の気候がより温暖であることを歓迎する、というのは不条理ですね。
Posted by 大倉幸子 at 2015年03月13日 13:55
大倉さん、そうですね。石炭一つとっても、実に多くの観点から考えられると思います。良いとも悪いとも・・・。この場合、「石油を焚くよりマシ」ということと「既に目の前にある」「処分したくて困ってたばあちゃんに喜ばれた」ということかなあ。
焚かずに埋め戻す、って手もありますけどね(笑)。
Posted by イトウシンジ at 2015年04月10日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">