2014年03月15日

饅頭をつくる。

二世古酒造の酒粕が手に入ったもんで、何かつくりたいなーって気になって・・・。
そうだ、久しぶりに「酒粕饅頭」でもつくってみようか。ということに相成りました。

粉は、先日製粉したウチの小麦・キタホナミを使ってしましょう。
自産のキタホナミを食するのはこれが初。楽しみです。
2014-03-13 09.03.14.jpg

もちろん「あん」も、昨年産のウチの小豆で(ストーブの上で炊くので、ウチでは冬場はあんこ、きれません)。
2014-03-13 08.42.00.jpg
おっと、酒粕もストーブで柔らかくしておかないとね。


小麦粉、水にうるかした酒粕、ドライイースト、砂糖、塩を混ぜて捏ねて、1時間ほど発酵させたら、あんを入れて丸めて・・・
蒸しましょう
2014-03-13 10.41.22.jpg


そんなこんなでできた「酒粕饅頭」
2010-03-20 01.45.50.jpg

あらら。
・・・見た目、イマイチ
・・・味、イマイチ―…

酒粕の溶き方、水分量と粉の割合、発酵具合、そして蒸し方。あんこも今回はちょっと塩入れ過ぎ。
よしよし、原因は何となくわかったので、今度はもっとうまく出来るはずです。

でも、あんこも小麦も自産物。
まあまあ贅沢な饅頭でございました。
(…と自分をなぐさめる)
posted by 野良人イトウ at 22:36| Comment(0) | 喰う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">