2013年09月12日

雨の来ぬ間に。

また天気が悪くなりそうなので、晴れてるうちに少しでもイモ掘り
どうせなら久しぶりにポポコッコを散歩させようと、誘ってみました。
「もちろん行くポッポー♡」
NCM_0249.JPG
スコップを入れ、掘り上げるたびに出てくる様々な虫をウハウハ言いながら食べまくるポポコッコさんです。

径8o長さ10p以上あるようなミミズも踊り食い。そんなに食って大丈夫・・・?
さながらちょっとしたパーティ、彼女たちの収穫祭ムードのイモ掘りでした。


そして肝心のイモの出来はというと・・・

豊作!!
NCM_0247.JPG
一株にこれだけついてくれたら、万々歳ですねえ。
近年まれにみる収量です。

ちなみにコレはキタアカリ。メークインは少し落ちますが、それでもまずまずの出来でした。
とは言っても、列ごとにかなり収量が違うのも確か。
実は品種だけじゃなく、植えた時期も土寄せの時期も異なります。
良かったところと今イチだったところ、その原因を考える必要がありますね。

一番はっきりしているのは土寄せの時期とやり方の違いかな。
やっぱり適切な時期にちゃんと寄せた株には、大きな良いイモがついてます。
で、土寄せを適切にし易いような植え方(深さや密度)をしているところは、その後の生育まで良い感じなのでした。先を見越し、理由を理解した上で作業することが大事ですね。
そこら辺の、「この土地」や「僕のつくり方」に合った技術、整理していきたいと思います。
んー、そういえば今年は少しモミガラ堆肥も入れたんだったな。それも結構影響してるのかな。来年は堆肥の有無による違いも試験してみます。

先週の雨による土の湿気が、ようやく治まって掘りやすくなっていました。
泥落しもそれほど苦労せずに済みました。
背中が痛いけど、成果のはっきり見える仕事はいいな!
NCM_0258.JPG
野良仕事にはいろいろ応援が駆けつけてくれます(猫の手は貸してもらえませんけど)。



先週から晴れ間を見つけて干していた梅もようやく完成。
いい色合いに仕上がりました。
こちらも安心感を与えてくれます。
DSCN5273.JPG

もう少し晴れが続いてくれたら干し野菜とかもできるし嬉しいのですが(雲行き怪し…)。

posted by イトウ at 07:32| Comment(0) | 栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">