2012年10月10日

秋の味覚、海からも。

余市ハル農園のブドウと物々交換したという鮭が2匹やってきました。
最近、こういう物々交換が身の回りで多いのがオモシロいです。こうなると「お金」という存在も所詮単なる一時的預かりツールなのだ、という本来の価値に落ち着いていく感じがします。

DSCN1105.jpg

さて、鮭2匹は、急いで内臓を取り出し、3枚におろしました。久しぶりでしたが、一応ちゃんとできました。まあまあの出来です。
DSCN1106.jpg

身の3枚をトバ用に干し、もう1枚はチャンチャン焼きにできるよう冷凍。
この時期、いつものことながら縁側は様々な干し物でカオスです。
DSCN1109.jpg

頭やアラは石狩鍋にし、いくらの醤油漬けももちろん作りました。
保存食が増えていくのは精神の深いところで安心感を培ってくれます。
DSCN1115.jpg
いやイクラなんて超嗜好品ですけど。冬にオハウ作ろうっと。


posted by 野良人イトウ at 21:17| Comment(0) | 加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">