2020年03月26日

醤油が教えてくれること。

3月14日に、醤油講座『My醤油を仕込もう』を行いました。
社会状況的に「同じ空間に複数人が集まること」の自粛を求められる中でしたが、マスク着用や手洗い、換気をするようにしながらの開催。
こういう折にご参加くださる方は、呼吸が合うというか、僕がお願いすることも阿吽で感じ取っていただき、お互い気持ち良く学びの時間を持つことが出来ました。

講座では、いつもの流れで、「搾りの実演」をしたり、「味見」をしたりしながら、「醤油とは何か?」について学び・・・
image0.jpeg

P3140759.JPG

各自、My醤油を仕込んでいただきました。
P3140765.JPG



そして・・・
他の会場で行う出前「醤油講座」では出来ない、今回の講座ならではの場面が一つ。

それは、「醤油麹の種きり」の様子を見ていただくことです。
KIMG2642.JPG
この、講座内での「種きり」から、僕の今年の「醤油麹の製麹」が始まるのでした。



講座では、皆さんに仕込みをしていただき、味噌とはまるで違う「お世話の仕方」をお伝えした後・・・
「発酵の本質」について、僕が考えていることをお話しました。

この世界での、発酵の役割。
僕らがそれをどう捉え、どう付き合うべきか。


僕なりに、経験から学び、整理したことをお伝えしました。
きっと他の発酵系の講座などでは、あまり話題にならない内容だと思います。
それは、僕の思考のベースが「生態学」にあるからこそ感じる視点なのだと思います。


実は、それを伝えたくて、このお醤油講座をやっている、という面もあるのでした。
P3140756.JPG



さて、僕の醤油は・・・
3日間の「製麹」を行い、3日目の夕方に「仕込み」をしました。
*その様子は、動画でもお伝えしていますので、覗いてみてください。


今は、毎日のお世話が続いています。
このお醤油を搾るのは、来年の秋。
材料の栽培から数えると、3年がかりのMy醤油です。



余談ですが・・・新型コロナウイルスの勢力拡大が続いています。
「終息」などは当面あり得ないでしょうし、ひとまずの「収束」にもこの先何か月もかかるのでしょう。

もちろん、現時点で「被害を少なくする対策」が必要なのは言うまでもありません。
ウイルスの特性も次第に明らかになり、僕自身も、1か月前以上に緊張感を持っています(あくまで予定通りに暮らしますけど…)。

でも、忘れてはいけないのは、すべては対処療法に過ぎないということです。
残念ながら、「ニンゲン」というイキモノは、生態系の中でキョーレツに歪な存在になってしまいました。

個体数も、生息密度も、生態(暮らし方)も。
結果、他の生物の領域を荒らしまくって、あらたな病原体やウイルスを自らの社会に引き入れ続けています。
おまけに持つべき健康な身体や免疫系をどんどん手放していっています。
(大きな声では言えませんが、ニンゲン以外のすべてのイキモノが、新型コロナを応援していることでしょう・・・それが、今の地球の現実だと思います)

「ウイルスに打ち勝つ!」
とか勇ましいことを言いたくなるのもわかりますが・・・
その原因をあらためていかない限り、きっとこれからも次々と「人類の脅威」を僕らは招くのでしょうね。


僕らが知るべきは、たぶん、「身の丈に合わせる暮らし方」や「人間中心主義の限界」なのだと思います。

「瓶の中の醤油」も、実は、それを僕らに教えてくれる存在です。
(思えば、僕の「最初の醤油仕込み」は、ちょうど10年前。311の混乱の中、いろんなことを考えながらの作業でした)


Youtubeでも日々の様子をお伝えしています!
 今回のテーマは「醤油造り」
なるべく定期配信していますので(週イチくらいだろうけど)、チャンネル登録などして見ていただけると嬉しいです(知らない方にも目につきやすくなるようなので…)。


北海道で【ぐるりの暮らし】#11「醤油を仕込む」〜10年目の醤油造りの様子です。「醤油講座」から、種きり、製麹、仕込み、そして材料の準備まで…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『農的養蜂のススメ〜農的暮らしとミツバチ』
実はとても身近で、なくてはならない存在なのに、意外と(具体的なことは)知らないミツバチのこと。
石狩で養蜂をされているJayanand Goyaさんに、ミツバチの視点、養蜂家から見た自然との共生、暮らし方等についてお話していただきます。

 〇日時 4月11日(土)14:00〜15:30
     *12:15よりミツバチを扱った映画の上映も行い、Goyaさんにちょっと解説もしていただく予定です。
 〇場所 エコビレッジライフ体験塾/ぐるりの暮らし製作所(当別町金沢147‐1)
 〇内容 ・ミツバチという生き物について
     ・養蜂の1年
     ・農的な暮らしとミツバチのかかわり etc...
 〇参加費 2000円(*1ドリンク付き)
 〇講師 Jayanand Goyaさん


映画『世界でいちばん美しい村』上映会
雄大なヒマラヤの大自然、その懐で慎ましく暮らす人々。こどもたちの輝く眼差しと明るい笑顔。
2015年、大地震直後のネパールを取材したことをきっかけに製作されたドキュメンタリー映画を上映します。

 〇日時 5月3日(日)@10:30〜 A14:00〜 B17:00〜 *3回上映
 〇場所 エコビレッジライフ体験塾/ぐるりの暮らし製作所
     (石狩郡当別町金沢147-1)
 〇参加費 1200円(前日までに予約) 1500円(当日)
     *1ドリンク付き *中学生以下半額
 〇定員 各回15名

『裏山トレース〜<春>春の野草を味わおう』
図鑑を片手に裏山を歩き、特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。下山後は、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で味わいます。是非、身体で春を感じてください。
*ちなみに、この日は「札沼線」の最終運行日です…!

 〇日時 5月6日(水) 10:00〜14:00
 〇場所 エコビレッジライフ体験塾/ぐるりの暮らし製作所
       (当別町金沢147−1)
 〇参加費 1800円
   *おむすび、食器等ご持参ください。
 〇定員 12名


『オサムさんの刃物教室』
米バークレーで20年以上「日本の刃物やさん」をしていたオサムさん(現・こぐま座料理人)に様々な刃物の違い等を教わり、「砥石のこと」や「研ぐコツ」「刃物の扱い方」を習いましょう。

 〇日時 5月16日(土)12:00〜15:00
 〇場所 こぐま座(長沼町東2線北9)
 〇参加費 3500円*こぐま座ランチ付き
         *こぐま座内刃物関係特価販売アリ
〇講師 弘山監さん
〇定員 8名


『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「大豆の栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして、収穫する。そんな「手間」の中で、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、様々な「大豆の加工品」づくりも行います。また、「栽培の基礎」や「農的な暮らし」になどについて、体験的に学んでいただく講座です。

 〇第1回の日時 5月24日(日)13:30〜16:30  
      *2回目以降の予定 A6月後半 「豆腐造り、大豆の観察・管理など」
               B8月半ば 「石臼きな粉づくり、大豆の観察、土壌の話」
               C10月半ば 「納豆づくり、大豆の収穫」
               D11月末 「味噌仕込み」
       *2回目以降の日程は、近日決定しますが、それも参加者さんのご都合も含め、調整しながら決めていきます。
 〇場所 エコビレッジライフ体験塾(石狩郡当別町金沢147‐1)
 〇参加費 10000円(全5回分)/小学生以下(2000円)
       *1回目の単発参加2000円
       *通しでの参加の方を優先させていただきます
〇定 員  12名(要予約)

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。










posted by 野良人イトウ at 06:10| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">