2018年02月01日

僕らの存在をつくるもの。

「見る」こと、「聞く」こと。

僕等は通常、その2つの行為でほとんどの「情報」を得ます。
見聞きした情報を脳で整理し、言葉に置き換えて膨らませたり決断したりした後、自分の行動の指針にしていきます。

次々と入ってくる「目と耳からの情報」。
それによって僕らは、自己の存在を確認し、アイデンティティを維持している。
・・・そんなふうに僕は考えています。


映画を観てきました。
『もうろうをいきる』
視覚と聴覚、その両方を失った人たち(「もうろう」と呼ばれます)を紹介するドキュメンタリー映画です。
P1270239.JPG



まず、映画本編にも登場していた「もうろうの大学教授」福島智さんの詩の一部を記します。

    [指先の宇宙]

   ぼくが光と音を失ったとき、
   そこには言葉がなかった。
   そして世界がなかった。

   ぼくは闇と静寂の中でただ一人、
   言葉をなくして座っていた。



まさにそうなのだろうな、と僕にも想像できます。
目と耳からの情報を失うということは、「世界がなくなる」に近い状態になるのだろうと思うのです。
「世界がなくなる」は同時に、「自己を喪失する」にも近いような気すらします。
光と音から遮断された世界。
笑顔も、素晴らしい景色も、文字も絵もなく、音楽も笑い声も楽しい会話や議論もない世界。

そんな世界で生きる<もうろう>の人々の存在、在り方は、「(それでも)何故人は生きるのか」という大きな問いへの答えを示してくれるような気がするのでした。



「答え」の一つは、先ほどの福島さんの詩の続きにありました。

   ぼくの指にきみの指がふれたとき、
   そこに言葉が生まれた。

   言葉は光をはなちメロディを取り戻した。
   ぼくが指先を通してきみとコミュニケートするとき、
   そこに新たな宇宙が生まれ、
   ぼくは再び世界を発見した。



<もうろう>の人たちにも言葉はあります。
指先で会話する「触手話」という方法。
相手の指に触れ、その動きで情報や想いを伝え合うのです。
もちろん、指以外にも相手の体に触れ、ハグしたりすることでコミュニケーションをとることが出来ます。

相手の指に触れ、「かかわり」が生まれた時、福島さんは「再び世界を発見した」と言っています。
世界を取り戻したということは、きっと「自己を取り戻した」「自分の存在が再現した」ということです。

ここに、「人がなぜ生きるのか」の答えがあるように感じます。
「コミュニケーション」「誰か(何か)とのかかわり」によって、人は人として自己を認識するのでしょう。
逆に言えば、「自分だけ」では、決して人は自己を保てないのだと思います(その対象は人間に限らないとは思いますが)。


20歳頃(だったかな)、何かの本で「自己のアイデンティティは自分の内にあるのではなく、無数の他者の視線によって構成される」という言葉を目にしました(正確じゃないけどそんな感じ。誰の言葉だったかは忘れてます)。

でも実は、その当時の僕にはあまり響いてこず、「けっ、何言ってやがんだ。俺は俺だ。人の目なんか気にしないし、左右されない。人と自分を比べて生きるなんて御免だ。俺は俺として俺らしく生きてりゃいいだろう。それが俺のアイデンティティだ!」くらいに思っていたものです(恥ずかしいけど、若かったからね)。

でも、今ならすごくよくわかります。
そんなに鼻息荒くするほど、「自分」なんて大した存在じゃないですし。

どんなに頑張ったって、自分一人では存在し得ないということを僕は「農ある暮らし」の中で実感してきたように思います。
それは衣食住を自分で生み出せるかどうか、というような話ではなく、日々食べているモノがすべてイキモノであり、「食べる」ということ自体が濃密なコミュニケーションなのだということ、そして僕の身体に住む無数のイキモノがいなければ僕自身では消化することもできない、ということ。
気づかないうちに、多くのイキモノに守られながら、そして彼らに何かを提供しながら「僕ら」は生きています。

生態系の中で「個」は常に無数のかかわりによって存在しているのだという、当たり前のことを僕は暮らしの中で少しずつ実感し、「誰しも自分のみでは生きられないのだ」という現実が僕の自我を随分落ち着かせてくれたのでした。


さらに、勤め人をしていた時にかかわっていたハンディキャップを持った子どもたち、旅の途中で出会った人々、体験塾を通してつながるようになった仲間たち等々、とのかかわりによって今の自分が出来ていったのだとも実感します。
良いことばかりじゃなく、嫌なこと、不快なかかわりも含めて、それら全部が、日々自分を再構築してくれているのだと思う時、「我」というものは、他者とのかかわりによってしか成立しないのだとつくづく感じるのでした。


人間は「必要に応じて関係性(コミュニケーション)を持つ」のじゃなく、「コミュニケーションを取ることで人間であり続ける」のかもしれません。
実は、それは生態系の中のイキモノたちと同じです。
生きるということは、多様なコミュニケーションを持つこととほぼ同義。
生態系の環をつくり上げるために個が存在しているとも言えます。

かかわりあい、何らかの手段で意志や想いを伝え合う(もしくは食べたり食べられたり…)。
見えずとも自分とかかわりあう存在を感じる。

コミュニケーションによって僕らの存在は具現化し、他者に伝わった「何か」がまた別な何かにつながっていく。
連綿と続く「つながり」「コミュニケーション」。

きっと、それがこの世界の有り様です。

・・・なんてことを、映画を見た後、味噌を仕込んだりしながら僕は考えていたのでした。
P1150187.JPG
(味噌樽の中の「彼ら」との関係性も、僕をカタチづくる大事な要素です)


最後に、福島さんの詩の続きを。

   コミュニケーションはぼくの命。
   ぼくの命はいつも言葉とともにある。
   指先の宇宙で紡ぎ出された言葉とともに。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
3月までは随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座も承っています。

★イベント情報

『冬山散歩〜春を探して』
  〇日時 2018年2月3日(土)8:45〜15:00
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇内容 ・裏山での冬芽の観察
      ・中小屋温泉までのスノーハイク(札沼線にて帰還)
  〇参加費 1500円
  〇定員 10名程度

『ひとつぶのタネのチカラ〜タネの交換会と学習会』
  〇日時 2018年2月18日(日)9:45〜11:45
  〇場所 札幌エルプラザ 環境研修室1,2
  〇内容 ・『OPEN SESAME〜The Story Of Seeds』ミニ上映会
      ・自家採種したタネ交換会
  〇参加費 800円
  〇定員 30名

*お問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページにて承っています。
posted by イトウ at 07:28| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">