2017年12月12日

焼き芋屋さんが来るように。


冬の始まりの12月2日、今年も『ども歳忘れ興行』に参加してきました。
「劇団いもや」、今年の演目は『イモ神家の一族』です。
いもや2017@.jpg


11月初めに顔合わせして始動。
練習は正味2時間弱を3回ほど、です。
PB230480.JPG

それでも、個別に練習したりアイデアを共有したりして、当日にはそれなりにお客さんに喜んでもらえる舞台になったのではないかと思います。
良かった良かった。
いもや2017B.jpg



「劇団いもや」の芝居は、常にやきいもがテーマです。
脚本は僕が書くのですが、団長である河野氏(焼き芋屋)から「今年の<いもやこうの>のウリは何?」と聞き取りをしてネタを仕入れるところから始まります。

今回は、「(焼き芋を焼いて売っている移動販売車の)いも車が壊れてリニューアルすること」でした。
そこに、僕がやりたかった「ゾンビもの」と「犬神家」のテイストを加えて、お話をつくりました。
(ストーリー的には「犬神家の一族」は関係ないのですけど…)
PB130427.JPG

今回で5回目となる「いもや」の芝居は、風味を変えつつも似たような展開です。
(河野氏は、毎回「いもやこうの」役で出演)
看板女優(笑)である大工の千葉さんも定番。登場するのも、濃い目のキャラクターばかり。
「マンネリじゃない?」と思う人も居るかもしれません。

でも、「いもやはマンネリでいい!」と僕は思っています。
子どもも大人も理解しやすく楽しめる内容というのは大事だし、そもそも僕らはそれ程練習もできない素人の集まりです。
素人が最低限の練習で仕上げるためには、キャラクターの濃さとストーリーの単純さ、定番の展開、わかりやすい音響などが必要だと思うからです。



そして、観た人に「あれなら自分も参加したい」「できるかも」と感じて欲しいなーという思いもあります。
ストイックに技術や哲学性を突き詰めていく芸術ももちろんアリだけれど、本来の芸術は誰もが持っているはずの「自己表現したい!」という欲求にこそ宿っていると僕は考えているからです。
だから、いもやは、出演してるメンバーの楽しさが何よりも大事です。
配役を決めて脚本を書くとき、見せ方以上に、出演する人の顔を思い浮かべながら、「○○さんはどうしたら活き活きできるだろう?」と考えたりもします。
(学級担任をしていた時の気分に似ています(笑))

今回は情報共有にLINEを使いました。
僕はスマホがないのであまりそこには参加できませんでしたが、かなりの頻度で「こうしたらどう?」等々やり取りされて、盛り上がっていたようです。
きっと、文化祭を楽しむような気分なのだと思います。
学生時代に文化祭に取り組むとき、僕らは、それが芸術的かどうかよりも「仲間と一緒につくりあげること」を楽しんでいたはずです。
「劇団いもや」は、そういう存在でいいのだろうな、と思っています。

毎年、冬になったら焼き芋屋さんが変わらずやってくるように、劇団いもやも続けていけたらいいなー(でも焼き芋屋さんもきっと、お客さんに美味しく食べてもらえるよう工夫や改善を積み重ねているはずです!)。



余談ですが・・・
ども興行の翌日、札幌市簾舞の「虹のしっぽ」さんで『俺を熊と呼ぶな』というお芝居を観てきました。
出演者であるモケレンベンベ・プロジェクトのお2人とは仲良くさせて頂いているのですが、「すごい!これはホンモノだ!!」と感じさせられるような1時間半でした。
笑いもありつつ、スリリングで、観た後にいろいろ考えさせられるような、演劇でしか表現できないような内容に・・・正直、僕は「うらやましいなあ!」と感じてしまいました。

「劇団いもや」とは別に、そういう緊張感を持った表現もしていこう・・・!
・・・と、企んでいるこの頃です。
僕の中のゲージツは、いつだってウズウズしているのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
現在は、随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座を承っています。

★現在決まっている出前講座は、1月28日に札幌市篠路で開催する『発酵講座』です。
 (詳細は決まり次第お知らせいたします)

<イベントスケジュール>
『ひとつぶのタネのチカラ〜タネの交換会と学習会』
  ・2018年2月18日(日)AM
posted by イトウ at 19:01| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

小春日和を信じるな。

来年の自分に向けて書きます。
「待ったなし 小春日和を信じるな」


だいたい10月の最終週あたりに初雪が降って、「わ、大変だ…!全然片付けが終わってないのに…!」ってことになって、でもその雪は解けて、「でも、こりゃそろそろヤバいぞ!」と褌を締めなおして秋の片付けを追い込みでやって、まあそれなりにちょろっと降ったり解けたりを繰り返して12月初めくらいにドーンと降って、いよいよ根雪。もう諦めましょう・・・。

・・・そんなんが僕の頭の中の、秋の終わり(もしくは冬の始まり)のイメージ。

そう。
季節って、グラデーションのように密やかに移りゆくものでしょ?
だいたい、物事には移行期って必要でしょ?
アップもなしで全力疾走したら、ケガしますよ?

ま、油断していた僕が悪いのですが。

11月に入っても珍しく初雪もなく、そこそこの冷え込みはあっても、ダイコンがシバレたりもせずに11月12日のつけもの講座が終わりました。
14日までは、こんな景色でした。
お日様が出れば、「小春日和はいいですなあ」とつぶやきたくなるような。
PB080298.JPG

緑がほんと、美しくってね。
「そろそろ片付けもしなきゃねー」なんてね。
PB080297.JPG
(実際はそんなのんびり過ごしてはいなくて、焦りながら優先順位を考えつつ朝から晩までびっちり働いてはいたのですけど…)

15日の夜あたりから急に冷たい雨になって、「あ、これって雪…?!」。
16日朝にはひざ下くらいまで積もっちゃって、「げげっ、イキナリこれ?!」。
そして17日朝には、さらに積もっちゃって、すっかり冬景色となってしまいました。
PB170452.JPG

IMG_20171120_102119.jpg

PB170450.JPG
17日、18日にさすがに最低限のもの(畑に残っていた大豆とか、電気柵とか)を片づけましたが、雪から掘り出しながらの作業なので、それはそれは大変でした。
雪がなければ1時間で終わるものに、半日近く・・・まったく非効率です。
初雪があろうとなかろうと、畑の片づけは10月中に終えるべし。
これが、今年の教訓です。
(毎年こんなこと言ってるようですが、ちょっと違うのは、当別という場所の地域性です。以前住んでいた長沼では、さすがに11月半ばにこの量が降って根雪になることはありませんでした。頭の中が、まだ長沼モードなのが問題なのですね。ここは当別という、別世界なのです・・・!!)



さてさて、この雪は、当然のように解けることもなく・・・そのまま根雪に。
11月末には完全に本気の冬モードになって、こんな状態です。
PC010560.JPG

車も埋まっちゃって、無残です。
PC010561.JPG

山への道も、ラッセルが必要・・・。
(小屋の作業も、始めるまでに3倍時間がかかるようになりました・・・)
PC010563.JPG

前日除雪機を使って、キッチリ雪はねしたにもかかわらず、翌朝にはまたこの状態・・・。
PC010562.JPG


除雪自体は嫌じゃないけど、他にやらなきゃならないことがたくさんあるにもかかわらず、雪との格闘に毎日2〜3時間もかかるのは精神的にシンドイものです。
頑張った成果が、翌朝には元の木阿弥になってる理不尽さ・・・これが続くと、やっぱり凹みますねー。

さらに、しばしば出向く、江別や長沼方面も、もちろん札幌も、ほぼ「積雪0」だったということ。
(昨日ようやく少し!積もりましたね)
10分も車で走れば積雪が目に見えて減って、20分走れば全くないのですから、その差に愕然としちゃうのです。

「おやおや、普通に秋ですねー。」
PB300555.JPG

「まあ、11月終わりなんてこんなものだよねー」
PB300559.JPG

・・・で、当別に近づくと、雪雲でドンヨリしていって・・・
「ただいまー・・・・・(苦笑)」
PC010564.JPG

ビニルハウスもちょっと壊れました・・・。
PC010565.JPG
(餅つき会までは片づけられないのですー)

ニンゲンは、「自分の状態」でツラくなるのじゃなく、相対的な感覚でツラくなるのだと、日々、実感させられるのでした・・・。
対策としては・・・「ネタにする」ということくらいかな。

さて、それでは。
ぼやいててもしょうがないので、除雪に行ってきまーす。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
現在は、随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座を承っています。

★現在決まっている出前講座は、1月28日に札幌市篠路で開催する『発酵講座』です。
 (詳細は決まり次第お知らせいたします)

posted by イトウ at 07:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ぐるりの豆部の心意気。


今年も、全5回の『ぐるりの豆部』が終了しました。
PB260501.JPG

最終回の今回は・・・
いよいよ、そもそもの目的である「味噌仕込み」です。

まずは、数種類の味噌を味見しながら座学(すべて僕が仕込んだもの)。
お味噌の勉強です。
PB260502.JPG

そして仕込みの時間。
麹を塩切りして・・・
PB260504.JPG

PB260505.JPG

大豆をつぶして、混ぜて・・・・
PB260531.JPG
各自、持参した容器に仕込みました。


それぞれの味噌仕込みが終わったところで、もう一つ「大事な作業」をしていただきました。
体験塾用の、「大樽味噌の仕込み」です。
今回は3kgの大豆を大樽用に用意しました。
PB260532.JPG
ここで大事なのは、半年間おつきあいくださった皆さんの「手」で触れていただくことです。
うちの大樽味噌は、10年近く前から、体験塾(当時は通年コース)の最後の活動で仕込んだ味噌を「タネ」としてつないでいます。
少しずつ、少しずつ、いろんな方の手の常在菌や想いが入り込んで、熟熟と熟成している…というわけなのです。
来年の仕込みでは、今年の方々の「何か」もタネ味噌の一部となりますね。
それが、うちの味噌の一番大事なところなのでした。


いよいよ準備が整いました。
それでは、恒例行事と参りましょう。

狙いを定めて・・・
新しい年がすばらしいものであるよう祈願しながら・・・

どーーーん!
PB260545.JPG

どーーーーーん!
PB260533.JPG

どーーーーーーーん!!!
PB260543.JPG

いろんなものを詰め込んだ、大樽味噌「ぐるりの樽味噌2017」
今年も皆さんと一緒に楽しく仕込むことが出来て良かったです。
ありがとうございました!
PC030672.JPG


こうして、今年も無事に終了した『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌仕込み』。

ちょっと振り返ってみましょう。
始まりは・・・
「第1回の5月末」、ではなく、実は「昨年の10月」なのです。

何故って?
それは、「タネを収穫」したのが昨年の10月だから、です。

昨年の豆部の皆さんが刈ってくれた大豆。
PA091613.JPG

PA091615.JPG

それをタネとして、今年の豆部が始まりました。
DSCF1101.JPG
(ああ、この時僕は、前日に腰をギックリとやってしまって、ナサケナイ姿で初対面したのでした…)

初回は「もやしづくり」や「タネの勉強」をしましたね。
P5280392.JPG

2回目の6月には、大豆の成長を観察し、お世話。
P6250885.JPG

そして、豆腐造りを体験しました。
P6250900.JPG

第3回目は8月。
大きくなってきた大豆に心躍らせながら、汗をかきかき除草など。
P8060477.JPG

大豆加工体験では、石うすを使ったきな粉づくりを行いました。
挽きたてのきな粉、美味しかったですね!
P8060463.JPG

そして10月には収穫。
立派に実った大豆を刈って、島立てしました。
PA150224.JPG

この時の大豆加工は、納豆造り。
納豆菌のチカラに驚かされましたね。
PA150216.JPG

この4回目に収穫した大豆を脱穀、選別し・・・
PB190461.JPG

PB200467.JPG
・・・先日、「5回目」にて味噌仕込みを行ったのでした。



お味噌も「タネ味噌」としてつがれ、・・・ぐるり。
もちろん、収穫した大豆も、来年のタネとして、・・・ぐるり。
僕らを取り囲む植物や微生物も生きて、死んで、朽ちて、・・・ぐるり。

生き物の暮らしは、本来、途切れることなく、ぐるりと巡ります。
人間の暮らしも、知恵やタネが引き継がれながら、長い間、ぐるりと巡ってきました。

繰り返し、繰り返し。
でも、同じことをしているようでも、少しずつ変化し、いろいろなものが加わり・・・

・・・また、ぐるり。


そんな「ぐるり」の一部分でありたい、というのが、『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌』のメインテーマです(そして、僕の活動の一番大きな柱です)。
大豆の栽培や味噌仕込みを通して、「ぐるり」の心地よさや豊かさを感じていただけていたら、何よりうれしいのですが。

今年かかわって下さった皆さん。
ありがとうございました!
でも、これからもよろしくお願いいたします。
(各自仕込んだ味噌も、継いでいってくださいね!)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
現在は、随時、味噌や醤油仕込み、ひょうたんランプ制作などの出前講座を承っています。

★現在決まっている出前講座は、1月28日に札幌市篠路で開催する『発酵講座』です。
 (詳細は決まり次第お知らせいたします)

posted by イトウ at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">