2017年09月29日

また、麦を播く。


8月頭に刈って、その後干しっぱなしにしていた小麦、大麦をようやく脱穀しました。

足踏み脱穀機で穂から外したものをさらに手でもみながら脱粒させ、ふるいにかけ・・・
P9270002.JPG

唐箕で風選。
唐箕かけ.png

何度か繰り返して、やっとそれなりにキレイな麦粒が現れました。
P9270006.JPG

今年の収量は、キタホナミとユメチカラが1.7kgずつ。
これは昨年の1/4くらいです。
初めて収穫した大麦も、選別するとたった1kgくらいでした。
何故こんなに少なかったのかと言えば、昨年秋(麦の播種後)にCoccoさんを畑で遊ばせてしまい、播いた粒をかなーり食べられてしまったから・・・(マヌケですねー)。

まあ、それでも、今年も何とか収穫できました。

採れた麦、ユメチカラは製粉してパンにします。
DSCN9824.JPG

キタホナミは来春仕込む醤油の材料になります。
RIMG0575.JPG

ちなみに、それで仕込んだ醤油を搾るのは、再来年の秋です。
9.JPG

大麦は、・・・ちょっとした美味しい飲み物になる予定(笑)。



ただ、すべてを使ってしまうわけにはいきません。
今年の場合、半分近くはタネとなります。
(例年はもっと楽しめるのですが…)
「今日を生き延びるためのパン」は大切ですが、それと同じくらい、「明日に残すタネ」が重要、と僕には思えます。

そして先日、今年も何とか、9月中に麦を蒔き終えることが出来ました。

畑の土と混ぜて・・・
P9270010.JPG

バラまき・・・
P9270008.JPG

うっすら土をかけながら、踏み固めます。
P9270009.JPG

P9270011.JPG
たったこれだけの面積ですから、来年そこそこ採れたとしても、せいぜい4〜5kgずつでしょう。
何度か食べればなくなってしまう量です。
ここにかけている労働時間をコンビニのバイトにでも費やして、その時給で買えば、何倍もの量の小麦を手に入れることが出来るはずです。

まったく、非効率極まりない話。
馬鹿だと思われても仕方がないと思います。

だけど、それでも僕は今年も播きました。
きっと来年も播くでしょう。



僕はよく、「一度くらいは体験してみて欲しい」と言います。
小麦のことに限らず、知識だけで知ってるつもりにならずに、どんなことでも一度くらいは手を動かし汗をかき体感してみて欲しい、と思って体験塾のプログラムをつくっています。

でも、もう少し本音を言うなら、「一度だけじゃ、ダメなんだ…」という思いが最近は強くなっています。
何故なら、一度くらいでは、実はその行為の本質はなかなかわかり得ないから。
さらに、残念なことに、人はあっという間に、どんどん忘れてしまうから。
そして何よりも怖いのは、ちょっと体験したことで、「わかったつもり」になってしまうから・・・。
他の誰のことでもなく、自分自身がそうなのです。
「わかったつもり」が一番恐ろしいことかもしれません。

地味でメンドクサイ作業ばかりですが、何度も何度も繰り返すことで、少しずつ少しずつ見えてくるものがあります。
一方で、やればやる程、わからないことも増えていきます・・・が、そんな「己の未熟さ」「自分のちっぽけさ」に気づけるのもまた、こういう行為の醍醐味なのかもしれません。

とにかく、毎年毎年同じことを繰り返しながら、だけどもほんの少しずつ自分の内側に「蓄え」が積まれて、違った景色を見ることができる、そんな螺旋を這い登るようなことを自分はしているのだな、と感じています。

こんなふうに、喜んだりがっかりしたり、時にはムナシクなったりメンドクサイと思いながら、1万年前の人も播いたのだろうか?
今の僕らは楽をすることばかりに一生懸命だけれど、数千年前の人たちは皆当たり前に喰うために体を動かしていたわけで、きっと僕等には感じ得ない喜びも持っていたのだろうな、とか考えながら・・・
僕は、今年も麦を播きました。
もう少し先の景色を見るために。



思い起こせば2年前の秋、ここに住むことが決まりかけた時(契約も済む前…)に最初にしたことも、麦播きでした。
P9230478.JPG
芝生だった場所を耕して、麦のタネを播きながら、僕は「ああ、これからここで自分は生きるのだ!」と決意していたように思います。

・・・来年はもう少したくさん採れますように。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名


posted by イトウ at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

大きな力。

残念なことに、今年も家の前の舗装道路の補修工事が始まってしまいました。
毎年春、秋の2回やっているようです。
P9220123.JPG

当然、工事をしている人たちのせいではないので、通りがかったら「お連れ様です」と声をかけますが、内心は、「ちっ、やめてくれよな!」と思っています。
そう。
道路に穴がぼこぼこ開いたりひび割れたりすると、僕は「よーし、このまま壊れっちまえ!」と思っているのでした。

何故なら・・・
家の前の道路、狭い道なのに、結構速い車が通るのです。
ガタガタの悪路なら、そんなに速く走らないでしょう。
砂利や土の道なら、速く走りたい車は来ないでしょう。
だから、「このまま舗装が壊れてしまえ!」と思っていたのでした。
そんなにどこもかしこもキレイな舗装にする必要ないもの。

この、家の前の道、僕らは歩くし自転車で走ることもあります。
子どもが時々散歩していたりもします。
だから、60kmくらいの車でも、すごく怖く感じます。
(僕はせいぜい40kmくらいしか出しません)

なのに、この道を70〜80kmくらい出して走り去る車も、日に何台も見かけるのです。
特に隣を走る国道で「ネズミ捕り」をしているときには、抜け道として使う車が多いように感じます。



だから僕は、徒歩の時は、出来るだけ道路の真ん中近くを堂々と歩くようにしています。
向こうから車が来ても、もしもスピードを出しているようなら(逆に)あまり除けません。
そうすると、しばしば怒ったように(むしろ)スピードを上げてすり抜けていく車がいたりもします。

そんな運転手は僕のことを「コイツ、頭オカシイんじゃないか!?」と思っているかもしれません。
でも、僕から言わせれば、「こんな道でそんなスピードを出すアンタこそ、狂ってるよ!」です。
P8310834.JPG
野生動物が轢かれているのを年に何度も目にします。
本当に、子どもが歩いていたって平気で飛ばしていく車、ゆっくりの車を追い越していく車もいるのです。

オカシイのは法的な部分。
隣を走る、整備された対面二車線の国道が50km制限なのに、この道は制限なし(つまり60kmまでOK)なのです。
もちろん交通量も少ないので、ここで取り締まりをすることもありません。

一度、町の警察署に相談に行きました。
せめて40km制限とかにならないものか、と。
が・・・
その時の警察官(年配のエラソーな人)が言った言葉に、僕は開いた口がふさがりませんでした。
「でも、まだ事故は起こっていないんでしょ?」

・・・どうやら、子どもが轢かれれば考慮されるようです。



北海道の車のマナーの悪さは有名ですが、そもそも「こんなに車がエラソーにしている社会ってなんなの?」と僕は思います。
自戒も込めてしばしば考えますが、<大きな力>を扱う時には、よほど慎重に想像力を働かせなければならないはずです。
車に乗って、ヒトという生物が本来不可能なはずの速度を得た時、僕らは気が大きくなって、きっと<ゆっくりと生きているもの>や<小さなもの>へ向けられるはずの目が失われてしまうのです。

車だけの問題じゃないでしょう。
鎌を持って手で刈るよりも、刈り払い機を振り回す方が(たくさんの作業ができるけれど)イキモノに対して乱暴になります。
スコップで耕すときには感じられる土の中のイキモノの気配が、耕運機を使う時には薄れていきます。
トラクターに乗れば、1匹のミミズの身体がちぎれることになど、意識は向かなくなるでしょう。
身の丈を越えた<大きな力>を持てば持つほど、僕らはエラソーな気分になって、暴力性への警戒が失われてしまいます。
(その行きつく先が、原子力発電や遺伝子組み換え作物なのかもしれません…)

・・・等々考えてしまうので、僕は、状況も考えずに馬鹿みたいなスピードを出す車に無性に腹が立ってしまうのでした。

「法的に40km制限にしてほしい」なんて思ってはいません。
そんなツマラナイ法はイラナイ。
この場所に人間が住んでいて、子どもたちや野生のイキモノが通ることもある・・・と想像してくれたらいい。そうしたら、<車>という身の丈を越えた道具(凶器)の扱い方にも節度が生まれるのでしょうに。
そう思います。

小さきもの、弱きものに向けるべき目を曇らせて、大して意識もせずに身の丈を越えた力を扱うことに慣れてしまった僕ら。
想像力と節度を忘れたその先にあるのは、どういう世界なのだろうなあ・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名




posted by イトウ at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

ぐるりの森で、映画会。

9月18日の映画会が無事に終わりました。

台風直撃で暴風雨の予報や警報が出る中、「誰〜も来れなかったらどうしよう…」という想像に反して、たくさんの方に観に来ていただけました。
本当にありがとうございました。

今回の映画会は、数か月前に長沼で「ハナレ」というお店をやっている友人吉田さんに誘っていただいたのですが、つい「山の小屋での上映会にしよう!!」と決めてしまい(映画が決まった時点ではまだ床のみ…)、それからは、「9月18日までにとりあえずカタチにするのだ!」を目標にドライバーや鋸、金槌を手にする日々でした。
P9170063.JPG

まだまだ中途半端な状態ではあるものの、なんとか「会場」にできるくらいに整えた一方で、気になるのは近づいてきた台風です。
17日の夜に何とか諸々のセッティングを終えた時点では、生暖かい風が吹く程度。
でも、確実に台風が上陸する予報を目にしてから、床に就きました・・・。
P9170070.JPG

18日、お客さんが到着し始める9時過ぎから、雨が降り始めました。
P9180084.JPG

レンタル傘も用意して、山の映画館にご案内。
P9180083.JPG

雨の量も相当なものだったので、小屋へ続く道はグショグショ。
来てくださった皆さんに足元の悪い中を歩かせてしまいました。
P9170065.JPG

数名、荒天で来られなくなった方がいましたが、当日ご参加の方も含めて予想以上の方(32名のご入場)に観ていただくことが出来、本当に感謝しています。
P9180086.JPG



さて、企画の内側のことを書いてしまうと、今回の映画は上映権料が結構高いので、最初から赤字覚悟でした。
結果としては少し赤字(お陰様で少し赤字、くらいで済みました(笑))。
ただし自分の準備や当日の動きを「労働」ととらえるなら、もちろん大赤字です。

でも、今回はそれでいいと思っています。
当別でのこの活動を知っていただくこと、一度来ていただくきっかけ、そしてこれからつくっていく空間である山の小屋のお披露目の機会にすることが目的だったので、まずは一人でも多くの方に来ていただければ、と願っていました。
その意味では十分満足しています。

パーマネントライフを探して.jpg
今回上映した『Tomorrow〜パーマネントライフを探して』は吉田さんのチョイスでしたが、ありがたいことに、今回のこの空間での上映会にピッタリの内容でした。

僕自身の映画の感想を少し記すなら、「よくできた教科書もしくは資料集」というのが最初に感じたこと。
そして、「映画」としてすごく面白いわけではないかも…、とも・・・それが最初の印象です。

でも、分野ごとに分けてすごく丁寧に描いているので、多くの人に伝わりそうな感じもしました。
映像や音楽のセンスも良く、鑑賞後のさわやかさがいいな、とも思いました(この手の映画ではやたらと不安を煽るものも多いので…)。
印象的だったのは、様々な取り組みをしている人たちが笑顔で、実に楽しそうに活動していることです。
僕自身がこういう暮らし、活動をしていてよく思うのですが、アタマデッカチで「コウシナケレバナラナイ!」と眉間にしわを寄せているとしたら、それはきっとその人に合わない方法なのです。
僕は「やっぱり楽しくなくちゃ」と思っています。
もちろん「今よりマシな未来にするために」という思いがあって、客観的な情報や論理的な思考は不可欠なのですが、それ以上に「こっちの方が楽しい!」というのが重要だと思うのです。

「消費していくだけの暮らし方よりも、つくる暮らし、つながる暮らし、未来を感じられる暮らしの方がオモシロイ!」・・・そう感じられるから、続けていけるんだ、ということをあらためて感じさせてくれました。

*ちなみに、映画の中でもでてきた「生態系を手本に」「多様性が鍵」というのは、まさに僕の活動の根幹にある考えで、<ぐるり>という言葉に僕はそれらの想いをのせています。


と、いうわけで、今回の映画会は、なかなか満足感のあるものとなりました。
参加して下さった皆様、お手伝いして下さった皆様、声をかけてくれた吉田さん(機材もお借りしました…)には感謝でいっぱいです。

上映会時も話しましたが、こういう小さな映画会も時々やっていきたいと思っています。
もちろん次回からは、多少の収入になるような企画にするつもりです(そうでないと続けていけないので)。
今後も、<ぐるりの森の映画館>をよろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名





posted by イトウ at 06:27| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

いよいよ明日・・・。

一昨日、昨日と2日間、「北海道演劇祭inえべつ」のマルシェで出店してました。
こういう時期の出店は決まって<野菜たっぷりビーフンスープ>。
今回は「ぐるりの暮らし製作所」として参加させていただきました。
P9160057.JPG

P9160058.JPG
飲食をメインの仕事とはしないだろうけど、自分のつくったものを食べていただく(そしてその対価としてのお金を受け取る)というのは、すごくわかりやすくてスッキリした「経済」という感じがして好きです。



そして・・・
17日の帰宅後(22時過ぎ)から、18日(あ、すでに今日!!)の映画会の最終準備です。
真っ暗な中で畳やベンチを担いで山の小屋まで運び入れました。

長沼のハナレさんからお借りしてきたプロジェクターをセットして、概ね準備は完了。
P9170072.JPG

建設途中の小屋も、なかなかアヤシクていい感じの空間になりました。
P9170070.JPG
とても疲れてるはずなのにそう感じないのは、ちょっとテンションが上がっているからかな。
気分は文化祭前。
(あ、今日のマルシェも文化祭気分だったかも)
文化祭は結構好きです。


あとは天気ですね・・・。
(台風が少しでも逸れますように!!!!!!)


ちなみに、今回は山小屋ですので、お足元にご中止の上、いらしてください。
13:00以降の回はまだかな〜り余裕がありますので、「台風だけど出かけちゃおうかな?!」という(勇気のある)方、お待ちしています。
P9170067.JPG

P9170065.JPG

P9170063.JPG
*帰りにお隣のcafe megiさんに寄ったり、ふくろう乃湯さんに寄ったりしたら楽しいかもねー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


映画上映会『Tomorrow パーマネントライフを探して』
「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの分野にスポットを当て、パーマカルチャー、トランジション・タウンなど、世界各地で新しい取り組みを行っているパイオニアたちを次々と紹介していくドキュメンタリーです。
オフィシャルサイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrow/
〇日時 9月18日(月・祝)@10:00〜 A13:00〜
          B16:00〜 C19:00〜 *4回上映
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円(当日受付)、1000円(事前予約)
〇定員 15名/各回


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名


posted by イトウ at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

9月もなかなか忙しい。

9月の週末はなかなか忙しくしています。


2日(土)は、「鴨々川ノスタルジア」というイベントに呼んでいただき、札幌のお寺さんで「ひょうたんライト」のワークショップをさせて頂きました。
P9020865.JPG
他の講師の方々は、竹細工や篆刻、切り絵など一流の方ばかり。・・・恐縮でした。
が、たくさんの方に参加していただき、ありがたかったです。

P9020866.JPG

P9020863.JPG
今回はミニひょうたんを使いました。
短時間で出来るし、なかなか面白かったです。


翌3日(日)は、札幌篠路の「空と大地のヨガ」さんでのマルシェに参加。
P9030872.JPG

ここでは、ひょうたんライトづくりの準備もしつつ、メインは「夏野菜ビーフンスープ」屋さんです。
P9030870.JPG
ただのスープ屋さんでは面白くないので、ロケットストーブを使いました。

先週は「アーシング」と「太陽光発電」の講座。

そして、今週末16日(土)と17日(日)はまた、「第27回北海道演劇祭inえべつ」のマルシェに出店します。
畑の秋野菜もだんだん終わりに近づきますが、採れたものをスープにして持っていく予定です。

さらに・・・
18日(月・祝)は映画上映会を行います!
会場はうちの裏山。
建設中(未完成)の小屋です。
P8300821.JPG

上映する映画は、『Tomorrow〜パーマネントライフを探して』という、現代の社会問題を解決していく暮らし方を取り上げたドキュメンタリー。

(上映会を企画しておいてこんなことを言うのもなんですけど、「映画」としての質はそんなに高くないかもしれません・・・が、「ヒント」のたくさん詰まった映画だと思います)


本当は、映画上映だけってツマラナいので、もっと話をしたり体を動かすことも企画に入れたかったのですけど、今回は朝から晩まで全4回の上映なので、映画だけです。
でも、この場所に来てもらうだけでも、何かしらのものを持ち帰ってもらえるのではないかと思っています。

ご興味ある方には是非いらして欲しいです。
映画の前後にウロウロ散歩してもらいたいので、晴れますように・・・!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


映画上映会『Tomorrow パーマネントライフを探して』
「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの分野にスポットを当て、パーマカルチャー、トランジション・タウンなど、世界各地で新しい取り組みを行っているパイオニアたちを次々と紹介していくドキュメンタリーです。
オフィシャルサイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrow/
〇日時 9月18日(月・祝)@10:00〜 A13:00〜
          B16:00〜 C19:00〜 *4回上映
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円(当日受付)、1000円(事前予約)
〇定員 15名/各回


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名


posted by イトウ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">