2017年08月02日

旅の日々で。

千歳空港から仙台へ。
P7290336.JPG
仙台空港から電車で仙台駅に行き、新幹線に乗り換えて福島へ。
福島駅で子どもたちを迎え、今度はバスで仙台港。
フェリーにて、翌朝、苫小牧着。
・・・その後、長沼へ。
P7300355.JPG


・・・というだけの、引率旅行なのだけれど、う〜ん、色々な乗り物で遠くへ出るってのは、どうしてこんなにも胸が躍るのでしょうか。
旅の空気はきっと、どんな人にでも新鮮な気分をもたらしてくれるのですね。
それが、目的や行程の決まったものであったとしても。



僕は20代のころまで、いつも「ここではないどこか」ばかり求めていました。
目の前の日常を生きるよりも、まだ見ぬどこか、非日常に溺れていたいと願っていました。

それが、30代に少し長い旅に出た後は、「地を這うように生きる」ことを続けています。
大地と向き合う暮らしは退屈とは無縁で、生きていくため、また場所を築くためにやらなければならないことが常に山積しています。
日々、生き物たちも様相を変え、僕はそれに応対しながら過ごさなければなりません。
毎日があっという間です。

そして・・・そうやって過ごしているうちに、「ここではないどこか」など必要なくなってしまいました。
この場所を離れて遊びに行きたい、ともあまり思わなくなりました。
ここで、小屋を建てたり、家畜や作物の世話をしたり、モノづくりをしているだけで時は過ぎていきます。
ここにすべてがある。
働く。つくる。食べる。寝る。
それで十分。…と、心から思っています。


が。
旅が心を高ぶらせるのも事実。
ということに、あらためて気づいてしまいました。

実は福島の子どもたちを引率するこの機会が、ここ数年の僕の唯一の道外への旅行?です。
当然、行程もすべてきっちり決まっていて自由時間なんてほぼないのですが、それでもいろいろな乗り物を利用して遠くに行くこと自体が、自分の中の非日常を求める心に新鮮な風を送ってくれるのを感じます。

たぶん、それもまた、人間の自然な感覚なのではないかと思います。
常に<ここではないどこか>を求めるのではなく、頑なに「どこにも行かない」のでもない。
本来風来坊である僕が、旅という非日常を軽やかに楽しめるようになったのは、たぶん・・・日常が<地に足の着いた>ものになってきたからなのかもしれません。
(普通の人はもともとそうなのかもしれませんが…)

そのうちまた、1年くらいかけて、<何も決めない旅>に出たい気持ちもなくはないですけど。
早朝はホントにいい感じだった.JPG
中国雲南省、麗江という町で。

国境へ.JPG
パキスタンーイラン国境の砂漠で。

DSCN3119.JPG
あの頃、僕は世界のアチコチで凧揚げをしてました。ちなみにここは、キューバの港町。



ところで、長沼町の有志で行っている福島キッズの保養受け入れ「おいでよ!マオイでなつやすみ」は、2011年に始まり、今年で7年目となります。
僕も最初の年からかかわらせていただき、会計や引率を担当しています。
7年経って、多くの受け入れ団体が一区切りをつけ、現地でも震災・原発事故を<過去のこと>にしたいと思うムードが漂う(らしい)中、「いつまで続けるか」ということと毎回向き合いながらの活動です。
概ね寄付によるので、資金的にもいずれはやめざるを得ない時が来るのでしょうけれど、「やれるうちは続けましょう」というのが、中心になっている人たちの今のところの総意かな。

1週間程度の保養が子どもの体にどれ程の意味があるのか具体的にはわかりませんが、僕自身は、「忘れてはいません」という気持ちを示すため(自分に対しても確認するため)に、(長沼町から引っ越した今も)かかわらせていただいてます。

福島に暮らす彼らが、旅による非日常を体験し心をリフレッシュすると同時に、少しでも体もリセットできることを願って。
「マオイでなつやすみ」の残りの時間、お手伝いしたいと思っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『今日から我が家も発電所〜イオさんの独立型太陽光発電講座』
今年も行ないます、イオさんの太陽光発電講座。当然、重要なのは<独立型>であるということです。
前半は、イオさんこと早川寿保さんにエネルギーについて語っていただき、後半には実際に太陽光発電のキットを組み立てる演習を行います。
希望者には初歩的なキットの販売もしていただくことになっています。
〇日時 9月9日(土)13:30〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2500円
〇定員 15名


映画上映会『Tomorrow パーマネントライフを探して』
「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの分野にスポットを当て、パーマカルチャー、トランジション・タウンなど、世界各地で新しい取り組みを行っているパイオニアたちを次々と紹介していくドキュメンタリーです。
オフィシャルサイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrow/
〇日時 9月18日(月・祝)@10:00〜 A13:00〜
          B16:00〜 C19:00〜 *4回上映
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円(当日受付)、1000円(事前予約)
〇定員 15名/各回
posted by イトウ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">