2017年06月16日

まるごと羊毛楽しもう。

6月11日に、ハイジ牧場さんとの合同企画を行いました。
『ペレのふくをつくろう〜まるごと羊毛講座』です。
P6070590.JPG
ハイジ牧場場長の金澤さんとはチーズづくりなど様々な講座を一緒にさせて頂いています。
羊毛の講座も、数年前に「糸紡ぎとフェルト加工の体験」として始めました。
紡ぎやフェルト作品づくりはそれ自体がとても魅力のあるもので、参加された方にも好評だったのですが、僕自身が牧場に足を運び動物たちとの暮らしぶりを見ているうちに、キレイに整えられた羊毛からスタートするのでは物足りなくなってしまったのでした。

『ペレのあたらしいふく』という絵本があります。
P6151072 - コピー.JPG
ペレ少年が、自分の飼っている羊の毛を刈り、いろいろな人の手を借りながら服をつくるお話なのですが、この絵本に描かれるような「豊かな手仕事の世界」「生き物との暮らし」を体感できるような講座にしたい、と思ったのです。

金澤さんも賛同して下さり、本講座が決まりました。
丸1日使い、あまりキレイとは言えない原毛洗いなどもやっていただくディ₋プな講座に、いったいどれだけの参加者が集まるのだろうか?という不安も少しあったのですが、定員を超える方々にお申込みいただき、いよいよ講座当日を迎えました。



10時。開講して、挨拶もそこそこに毛刈りを始めます。
ハイジ牧場の羊さん達も、今回の子たち以外はすでに刈られ、この子たちは暑い中この日まで我慢してもらったのでした。
P6110640.JPG
羊という動物について説明しながら、大きなバリカンで刈っていく金澤さん。

ある程度まで刈ったところで、参加者さんたちにも体験していただきます。
羊の体温や臭い、油っぽさなどを感じてもらう、大切な時間です。
P6110649.JPG

刈り終えた原毛を洗います。
糞などで汚れ、油のついている毛を洗って、加工できる状態にする作業。
大変な仕事ですが、今回の講座で僕が一番体験してほしかったのが、実はこの作業なのです。
P6110657.JPG

皆でおしゃべりしながらできるのが、こういう手仕事の良さですね。
P6110659.JPG

洗い終わったところで、お昼に。
山の上の施設に移動します。
P6110663.JPG

お昼ご飯は、アイリッシュシチューとシユウパウロウ。
羊肉をたっぷり食べる羊飼い料理です。
P6110665.JPG



午後は、ナガヌマキンギョの池田さんが講師です。
池田さんはハイジ牧場の近くで営農しながら、羊を飼ったり綿花を栽培してたりして、紡ぎや織りの活動を続けている作家さんでもあります。
P6110666.JPG

ゴミなどを取り除きながら、毛をそろえて加工しやするするためのカーディングという作業をし…
P6110670.JPG

紡ぎ機やスピンドルでの糸紡ぎ体験。
P6110676.JPG
すぐに出来るような簡単な技術ではないのですが、一本の糸を紡ぐ大変さ、そしてそれを使って布を織るのにかかる膨大な手間と時間を少しでも感じていただければと思いました。
もちろん、ただ大変なだけではなく、その作業が持つ面白さもきっと体感されたはずです。


「もっとやっていたい!」という声にゴメンナサイしながら、最後はフェルトの作品づくりです。
フェルト化という性質こそ、羊毛の最大の利点であり加工の面白さ。
とにかくどんなものでも出来てしまう自在さ、不思議さを感じながら、手を動かしていただきました。
P6110678.JPG



「羊の文化」は日本古来のものではなりませんが、人間が衣を纏うようになって以来、「紡ぐ」「織る」という作業はどんな民族にとってもとても重要な行為だったはずです(ガンジーさんの思想の中心にチャルカがあるように…)。
また、家畜という動物とのかかわりも、「消費者」と呼ばれる立場からはなかなか本質が見えづらいものになっていますが、一歩近づくことで、矛盾も含めて大切な気づきを得られるのではないかと思います。

今回行った講座での体験はほんのわずかなものですが、これをきっかけに「1本の糸」の貴重さに思いを寄せる感覚が生まれていたら嬉しいな、と思っています。
丸1日、たっぷりと羊毛に触れ、楽しんでいただいた「まるごと羊毛講座」でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『小さなマイハウスをつくろう〜小屋づくり基本講座』strong>
毎年、参加者の皆さんと一緒に、ミニマムな暮らしをイメージしながら「住まえる小屋」を建てている小屋づくり講座。今年の舞台は、千歳市にある「リサイクルファクトリー」さんの敷地内です。
「日曜大工の技を身につけたい、上達したい」という方から「物置小屋くらいは自分で建てたい」「いつかはセルフビルドを…」という方まで、「つくる」ことの好きな方ならどなたでも歓迎いたします。
〇日時 7月8日(土)9日(日)22日(土)23日(日)9:30〜18:00
〇場所 リサイクルファクトリー(千歳市中央690‐1)
〇参加費 7000円/1日、13000円/2日間、
     17000円/3日間、20000円/4日間
       *昼食、午後の軽食付き
〇定員 15名
〇講師 千葉英希さん(建築工房らくだ)


『ウンコは地球の宝物〜糞土師の糞土教室2017』
糞土師・伊沢正名さんを講師に招き、「本物のエコロジーとはどういうことなのか」、また「生き物として人の生活はどうあるべきか」などについて、大いに語っていただきます。
伊沢さんの言葉を借りるなら、「ウンコは良識の踏み絵」。
地球上でウンコがいかなる「役割」を果たしてるのか知り、向き合うことは、持続可能な社会を模索する上で欠かせない感性かもしれません。

〇日時 7月16日(日)@10:00〜12:00  A13:00〜14:30
〇内容 @ウンコを中心とした循環、糞土的思考を学ぶ座学
     A裏山を探索しながらのフィールドワーク(葉っぱや糞土、分解の様子の観察、野糞演習)
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 @のみ:2000円(おやつ付き)
     @A通し:3000円(自家製味噌汁付き)
〇定員 15名


posted by イトウ at 10:20| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">