2017年04月28日

ママコッコの抱卵…の顛末。

ママコッコさんの抱卵に気づいたのが3月29日でした。
それから3週間と少し経って・・・。

Coccoハウスから、「ピヨピヨ!」という鳴き声が聞こえてきました。
とうとう孵化したのです。
そっと見てみると・・・
P4240121.JPG
3羽のヒナを確認できました。

<動画はこちらから>

ママコッコさん、愛おしそうにピヨコを抱きながら、まだ孵化していない卵も温め続けています。
P4240125.JPG
ヒナって本当に可愛いものです。
無事に大きくなってくれたら嬉しいなあ。


・・・と、ここで終われば「いい話」。
でも、実はそれでは、(嘘ではないけれど)真実とは言えないのです。

ママコッコさんが抱卵を始めた時、嬉しい気持ちももちろんあるものの、どちらかというと僕は憂鬱でした。
「まいったなぁ…またか…」という気持ちが7割くらいだったかもしれません。
そして実際、今だって、決していい心持ちではありません。
それは、家畜として飼っている近代品種のCoccoさんの抱卵は、「生命って素晴らしいね!」とほほ笑んで終われるような単純な話ではないからなのです。



まず、抱卵を始めたCoccoさん(今回はママコッコさん)は卵を産まなくなります。
てことは、生産率が落ちます。
それだけなら別に良いのですが、抱かれて温められた卵はもう人には譲れません(発生が始まっている可能性があるので)。
困ったことに、最初に温め始めた10個程度だけではなく、次々産まれる卵までどれもこれも温めてしまうのです。
なので「抱卵用」と僕が決めた分には印をしておき、その他の卵はすぐに除けるようにしています。が、なかなかその管理も難しいのです(ママコッコさんはもちろん卵を奪わせまいとします)。
おまけに、今まで温めていなかった他のCoccoさんまで、触発されて温め始めてしまうこともあります(数時間でたいてい飽きるけど)。
ママコッコさんが浮気をして(間違えて、なのかな)、急に隣の箱の卵を温め始めてしまうこともあります。

僕は卵の多くを友人に買ってもらっていますが、「アヤシイな?」と思った卵は当然自家用にします。
案の定発生がすすんでいるものもあって、割った瞬間、「!!」となります(やっぱりグロテスクです…)。
とにかく、家畜として飼っている鶏に抱卵されると、「生産物」としての卵の管理にいくつも余計な手間がかかるようになるのです。
P4230100.JPG

さらに、無事に孵化したとしても、群れ(ママコッコ以外の他のCoccoさん達)にとって、ヒナは「愛でる存在」などではなく、「異物」です。
実は、10個を温めさせていたのですが、ある日、「そろそろ生まれるんじゃないかな?」という頃に7つに減っていました。
ヒナの姿はなく、僕は「ああ、他のCoccoにやられたんだな」と思っていました。
(大喜びで孵化したばかりのヒナを突き、咥えて取り合いする姿も僕は何度か見ています…ゾッとする光景です)

温め始めてすぐに個室をつくってあげられればいいのですが、他にもやらなきゃならない作業があるのでなかなか対応もできません。
何羽か生まれてから急いで個室に移しましたが、結局生き残ったのは1羽。
P4280001.JPG

元気そうなのが他にも2羽生まれていましたが、よくわからないけれどママコッコさんはこの1羽以外は寒そうに鳴いていても無関心でした。
そのあたり、「母性」という本能の目覚め方も、実に中途半端な感じがします。
P4260002.JPG

4羽の骸を見つけました。
おそらく他にも何羽か生まれ、死んでしまったことと思います。
群れの中で食いちぎられていった子もいるでしょう。
P4270011.JPG

「家畜」としてイキモノを「飼う」ということは、不自然な生き方をさせる、ということです。
どんなに気を配っても、自然に近い飼い方であっても、・・・本来の自然とは違う、とても不自然な状態です。
(そもそも今の鶏さんの種自体が人間の管理下で存在しています)
受精した卵を温めて孵化させ、群れの中で育てていく…ということすらイレギュラーな行為となってしまう。
それが、「飼育」なのだとあらためて思います。

ヒナを嬉々として突き肉を毟るCoccoさんは、残酷なイキモノでしょうか?
きっと違います。
そうする彼らには彼らなりの理由があるはずです。
歪なのは、・・・・たぶん僕の方。

他のイキモノを自分の都合で飼い殺す、人間の方が一番歪な生き物なのだと、僕は思っています。
まあ、歪なりに、それをちゃんと自覚して僕らは生きていきましょう、って話です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』(←定員に達した為、募集を締め切りました)
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名
〇参加費 1200円

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円
posted by イトウ at 20:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

人間と山の恵み。

ご近所となった医療大学の市民向け講座に、今年も参加してきました。
春の山の様子についての講演会と観察会です。

スライドを見ながらの座学(これも面白かった!)の後に、1時間ほどの観察会。
P4230060.JPG

漫談のような堀田先生の話を聞きながら、植物の様子を観察します。
P4230080.JPG

自分では気づけないような植物の息吹を感じられるのは、こういう観察会の醍醐味ですね。
これは、トチバニンジンの根と芽を見ているところ。
P4230073.JPG

これがトチバニンジン。
図鑑を見ても、こういう写真はありません。
P4230078.JPG

一面のエゾエンゴサク。紫のじゅうたんのよう。
P4230097.JPG

エゾノリュウキンカ。
エゾノリュウキンカ.JPG

エンレイソウ。
エンレイソウ.JPG

ザゼンソウ。
ザゼンソウx.JPG
1年ぶりなので、一つひとつ名前を確認します。
「ん〜?これ、なんだっけ?」「あ〜そうそう。これは○○だった!!」


これらの野草のほとんどは、堀田先生らが何年も笹狩りを続けた結果、芽生えてきたものたちです。
タネを播いたわけではないけれど、明確に「人為」によってつくられた環境。
「自然」ていったい何だろう?…とあらためて考えさせられます。

昨年刈ったというこの場所も、来年にはまたいろいろな(長期間眠っていた)タネが芽生えるのでしょう。
楽しみですね。
P4230087.JPG

来週には桜も咲くでしょうか。
この場所からもたくさんの桜が見えるのです。
P4230071.JPG

観察会終了後に、施設内も見学してきました。
ずらりと陳列されている漢方薬に胸躍ります。
すごいなあ!!
P4230065.JPG
(ただの根っこみたいのが並んでるんだけど…こういうものの薬効を発見した先人の知恵に感嘆!!)



帰宅後、すぐにうちの裏山にも登りました。
医療大学の山とうちの裏山はつながっているので、基本的に同じような植生なのです(おさらいです)。
P4230104.JPG

去年笹を刈って道をつけましたが、もっと広く刈ることでいろんな植物が出てくるのだと思うと、今年はもう少ししっかり笹刈りもしたいところです。
P4230119.JPG

さて・・・

帰る前に、晩御飯に食べるギョウジャニンニクを採っていきましょう。
先週登った時にはまだ小さかったのですが、結構葉も大きくなっていました。

こうして見ると群生していて、ウハウハと採集していきたくなってしまいますが・・・
P4240139.JPG

ギョウジャニンニクの生態を知ると、簡単には採れなくなってしまいます。
葉が大きくても1枚葉のものは1〜2年ものの赤ちゃん。
2枚でも3年もの。タネを残す力もありません。
P4240137.JPG

4年以上経ってようやく葉が3枚になりますが、茎が細いのはまだ4〜5年でしょう。
採っていいのか、迷うところです。
P4240141.JPG

この場所のギョウジャニンニクを維持するためには、タネを残す4年生以上の株をある程度の数残しておかなければなりません。
1〜3年ものやタネ用の株を根こそぎ採ってしまえば、早々に全滅させてしまうのです。
自分が管理しながら採集できる場所だからこそ、「この株は残そう」「今日はこのくらい採ってもいいかな」と考えながら採れますが、そうでなければ僕だって、「せっかく来たんだから採っていこう」「僕が採らなくてもどうせ誰から採って行くんだろうし…(まぁ、いいよね!)」と思うことでしょう。

そうして、「コモンズの悲劇」は繰り返されるのです。

きっと・・・僕ら現代人には、すでに「共有の意識をもって維持しながら活用する=山菜を採る」精神性はないのだろうなあ・・・と思いながら、山を降りてきたのでした。
農(栽培や飼育)からは見えてこない「人間の業」が顕わになりますね・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』(←定員に達しましたので募集を締め切りました)
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名
〇参加費 1200円

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
手前味噌の仕込み、今年は「ダイズの栽培」から始めてみませんか?
自分でタネを播く。お世話をして収穫する。そんな「手間」をかけることで、いろいろな気づきや学びが生まれます。
味噌だけでなく、毎回、「ダイズの加工品」づくりを体験していただく「豆満喫」講座です。5回通してご参加いただく方には、不耕起、無肥料で行う田んぼなど、「大豆」以外のいろいろな活動にお誘いいたします。
〇日時 5月28日(日)13:30〜16:30 *全5回の1回目
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 12名
〇参加費 10000円(5回通し参加)
     *初回のみの参加〜2000円




posted by イトウ at 21:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

仕込み忘れ。

忘れてた!!

3月初めに種きりして放置製麹していた豆麹さんのことをすっかり忘れていました…。
今更ですけど、急いで「豆味噌」に仕込みましょう。

軒下(屋外)と家の涼しいところ2か所に置いていたのですが、屋外のは1か月半経ってまだ未熟な感じ。室内の方はちゃんと麹になっているものの、水分が抜けすぎてカッチカチ。
まずは、この麹玉を砕こうかな。
P4190049.JPG

…ダメでした。
カッチカチすぎて、砕けず。
仕方がないので、そのまま塩水に漬け込むことにします。
ダイズの乾燥重量500gに対し、塩120g。
水は、出来上がりが1kgになるように計算して。
P4190050.JPG
カチカチ豆麹玉に水分が入るにはしばらくかかるので、これをこのままビンに入れて、豆味噌の仕込みは終了です。


もう一つ、今年は「魚醤」も仕込んでいました。
僕はもともとナンプラやニョクマムが大好きで料理にも使うので、何年も前から「魚醤仕込みたい!」と思いながら、出来ていませんでした。
何故やっていなかったかというと・・・
「どうせ仕込むなら、魚を自分で釣らなきゃダメだろう!?」と考えちゃったからです。
醤油を仕込むなら大豆や小麦を栽培して…
そういう発想が染みついてしまっていて、逆に縛られていたのですね(笑)。

で、今回は「買ったっていいんだ!」と気づき(笑)、活きのいいのを扱っている魚屋さんへ。
イワシ1皿とキュウリ魚2皿を購入してきました。
P4150038.JPG

キュウリが旨そうだったので数匹は焼いて食べてしまい少し量が減りましたが、約1000gの魚に対して30%ほどの塩を用意して、たっぷりまぶしながら漬け込み。
P4150040.JPG

キュウリは内臓も美味しかったので、まるごと漬けてみました。
P4150041.JPG

こんな感じです。
P4150042.JPG
イワシは、試しに内臓を取り除き、血も洗って仕込みました。
(魚身255gに塩75g)

これが、2日目にはこんな感じに。
P4150046.JPG
塩が解け、魚から出た水分で、ほぼ身が浸かっています。
なかなかイイ感じです。


現在、魚醤は仕込んで1週間ほど。
夏を経て、半年くらい経ったらどうなるか、楽しみです。
上手く魚の酵素が働いてくれますように。
P4210053.JPG


これはおまけ。
今年はインゲン豆でも仕込んでました。
インゲン系はたんぱく質や資質が少ないので味噌には向いていないと思ってやっていなかったのですが、味噌という概念にとらわれなければ意外と美味しい調味料になることがわかったので、今回は試しに仕込んでおります。
P4210052.JPG


冬も終わって今年の「仕込みの季節」は終わりですー。
と、思ったけれど、よく考えたら最近は夏場に「早造り味噌」も仕込んでるし、甘酒やビー〇やドブは年中やっているし、春の野草の酵素液も造りたいし、発酵遊びはオールシーズンなのですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名(残席わずかです)
〇参加費 1200円

posted by イトウ at 06:51| Comment(0) | 発酵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

まだまだ青い尻。

建築家の津端修一さんと妻・英子さんの暮らしぶりを追った映画『人生フルーツ』が、シアターキノでロングラン上映されています。
たぶん2月いっぱいくらいの予定だったはずなんだけど、何度も延長されて、4月後半になる現在も上映中。さらに監督のトークショーまで行われるようです。

僕は3月初め頃に観てきました。
そもそも、5年前くらいにお2人の著書『あしたも、こはるびより。』を手に取ったのが始まりで、以来、時々その本を眺めては、とても穏やかで品があって楽しそうなお二人の日々に触れ、「ああ、こういうじーちゃんになりたいものだな」と思っていました。
P3110490.JPG
90にもなるお2人の暮らしぶりを描いたこの本、今でも大切にしています。


僕が観に行った時にもシアターキノは満席でした。
正直言って、キノでこれほどの人を見たのは初めて!というくらいの混み具合に驚きつつ、やっぱり素敵な修一さんと英子さんに見入りました。
本には書かれていなかった、「何故彼らがそういう暮らしに向かったのか」というところもよくわかりました。
建築家として最前線にいた修一さんが高度経済成長期のただ中で失われていくものに気づく、そのセンスにあらためて驚かされました。
(現在の、飽和し疲弊している時代に僕らが「もう一つの道」を求めるのとは全く意味が違うと思うのです)

半世紀以上の時をかけて育てられた場。
それを続けてきた彼らの信念の源を垣間見せてもらったように思います。



果樹が育つには、それなりに必要な時間があります。
人を含めたイキモノが育つにも、場が出来ていくにも、必要な時間があります。
適切な時間をかけて出来ていくものこそ美しい、と感じます。
(そうではないものがあまりに多い世の中ですからね…)

「できることから、小さく、コツコツ。
ときをためて、ゆっくり。」
・・・しゅういちさんが、依頼された建築デザイン画に記していた言葉です。
「ときをためる」なんて、素敵な言葉だなあ。



一方で・・・
お2人が特別なわけでもないのだろうな、とも僕は思っていました。
「当たり前のこと」として、丁寧に暮らしを営み続けている人たちは、(別に本や映画にならなくても)たくさんいます。

考えてみれば、自分の親だって、十分彼らに負けないだけの丁寧な日々を重ねているわけです(あんなにお洒落ではないけれど)。
ちなみに僕の実家の畑は、父が子どもの頃から祖父を手伝って耕し続けてきたところ。
父は、勤め人をしながら、朝夕や休日にはいつも畑にいました。
○○農法を実践しているわけでもなくて、ちょこちょこ化学肥料だって使っているみたいだけど(農薬は不使用)、フカフカで虫もたくさんいる美しい畑です。
「持続可能ななんちゃら…」なんて一言も口にしないけれど、80年以上かけて育てられた「場」です。

母の、手料理にかける時間や掃除や収納の丁寧さにも今更ながら驚かされたりします。
当たり前の暮らしの中の、丁寧さ。
それを淡々と続けていくことの素晴らしさ。

そう。
名の知れた人ばかりがスゴイんじゃなく、学ぶべきことは、身近なところにきっとたくさんあるのでしょう。
『人生フルーツ』を観ながら、僕はあらためてそんなことも思っていたのでした。
(そして、実は、なんであの映画にあんなに人が入り続けてるのか、僕にはよくわからなくて不思議なのでした。まぁいい映画だとは思うけど…他にもいい映画はゴマンとあるのにね)



3年、5年なんてホントあっという間です。
僕がこういう暮らしに浸るようになってもうすぐ10年になりますが、やったうちにも入らないような気が、最近はしています。
20年、30年…と積み重ねていくことで、自分の中に暮らしが馴染んでいくのかもしれません。

そんな思いが、ここ数年どんどん大きくなっています。
やればやる程、自分の未熟さや経験不足を感じるのです。
「自分などは尻の青いペーペーだなあ…」と。
(そういう思いが強くなってくると、「塾」もやりづらい気分になってきちゃうのですけどね…)

まあ、慌てずに。丁寧に。
そして驕らずに。
続けていきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇定員 10名(残席わずかです)
〇参加費 1200円

posted by イトウ at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

タマゴの季節。

DSCN4977.JPG
僕は、卵を産んでもらうためにCoccoさんを飼っています。
飼い始めたのは、8年前くらい。
その前の年から、東川のファームレラさんにお邪魔させてもらいながら鶏さんについて勉強して、春にヒナを買いました。
P4090417.JPG
Coccoさんはその後、入れ替わりながら、だいたい常に15〜20羽くらいいます。
良く産む子も全然産まない子もいるけれど、それなりの数の卵が得られるので、お友達に買ってもらってますが、基本は自給用。
だから、卵の生産率は「それなり」でいいかな、と思っています。
(買って下さる友人へも、こちら(Coccoさんと僕)の都合の良いときに不規則にお届けさせてもらっています。)

「それなり」でいいかな、と思うのですが、Coccoさんは頑張り屋さんで(というか、「頑張る」ように育種されているので)、せっせと卵を産んでくれます。
日照量が足りなくなって気温も下がる11月〜2月はどうしても少なくなりますが、それでも厳しい寒さの中、身を削って産んでくれますし、春が近づくにつれ、さらに産卵率は上がります。
嬉しい反面・・・僕は、「そんなに頑張らなくていいよ」と思ってしまうのでした。
だって、たくさん産む元気なCoccoさんは、実は早くに体が衰えて死んでしまうから…。

卵は本来、繁殖のためのもの。イキモノ的には、年がら年中毎日産む必要などありません。
そしてある個体(♀)が一生のうちに産める卵の数だって決まっているはずです。
それをできるだけ短期間で「効率よくたくさん産ませる」わけですから、産めば生むほど早く老化が進んで、早く死んでしまうのも当然なのだと思います。

だから、せめて心地よく飼ってあげたいし、楽しい思いをさせたいなあ、と思って、畑を散歩させてやったりもします。
P9141019.JPG
畑を自由に駆け回り、土や草や虫をつつくCoccoさんを見ていると、こちらも嬉しくなってしまいます。

でも・・・僕が彼らを「自分の都合で飼い殺しにしている」という事実が変わるわけではありません。
どんなに頑張っても、僕ら人間は「家畜」と呼ばれるイキモノを蹂躙している…それが「農」や「飼育」の本質であり、そこから目を背けるべきではないと僕は思っています。



さてさて、3月の末になって、チャボたちも産卵を再開してくれました。
夏の終わりから半年間産まなかったので、「もう産まないかなあ」「ペットとして飼うしかないか…」と思っていたのですが、彼らにとっては産卵の季節になった、ってことなのでしょう(と言っても、温めもしませんけど)。
P4051439.JPG
チャボも小さな卵も可愛くて素敵です。



・・・春は産卵の季節。
そして、毎年春になると、あるスイッチが入ってしまう子がいます。

この春、僕が気付いたのは3月29日でした。
「ん・・・?」
P4011393.JPG
左端の産卵箱にいるCoccoさん。

彼女は毎年このくらいの時期になると「母」スイッチが入ってしまうのです。
僕は彼女をママコッコさんと呼んでいます。
P4011390.JPG

あまり知られていないことですが、今の鶏さんは卵を温めません。
温めれば次の卵を産まなくなるし、卵という生産物(商品)が困ったことになってしまいます。
品種改良(←もちろん人間にとって)を繰り返した結果、今の鶏さんは基本的には産みっぱなしなのです。
身動きできない小さなケージでひたすら産ませる近代的養鶏場だけでなく、平飼いと呼ばれる飼育でも同じこと。
それは、生産動物である今の鶏さんの悲しいサガなのです。

が、そんな中でも、時々「本能」のスイッチが入ってしまうことがあります。
うちのCoccoさんでもたまーにそういう子が現れます。
このママコッコさんは、年に数回、本能に目覚めて「抱卵」を始めてしまうのでした。

エサを食べにちょっとだけ離れたところを確認したら・・・やっぱり10個ほどの卵を抱いていました。
すぐに戻って、また抱き始めます。
愛おしそうにくちばしで反転させたり、羽で抱き寄せたりしています。
表情も変わってきます。
彼女を見ていると、僕はなんだか神々しさすら覚えるのでした。
P4011395.JPG
エサも水もロクに摂取しないので、トサカが白くなっています。

抱き始めてからすでに2週間を過ぎました。
鶏の抱卵期間は約3週間。
上手くいけば、来週の後半にはピヨコが孵化します。
どうなることやら。
楽しみなような、不安なような。
(でも、孵化してもその後がいろいろ大変なのです…)



*Coccoさんには常にいろんな学びや気づきをいただいて、それをここで記したりもしています。
ちらっと去年のことを見直してたらこんな記事も書いていたので、リンクします。
「近づいたり、離れたり」
ここで書いたポッポコさんは、昨年春の終わり、静かに息を引き取りました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。

『春山散歩。』
我が家の裏山を探索し、春の植物を観察しましょう。
図鑑を片手に特徴をおさえて名前を確認したり、食べられるものを選んだりしながら、山頂近くにある大きな桜の木を目指します。
下山後、採取してきた食べられる野草を簡単な調理で食べてみる予定です。
〇日時 4月29日(土) 13:00〜16:30
〇場所 エコビレッジライフ体験塾
      (当別町金沢147−1)
〇参加費 1200円
posted by イトウ at 11:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">