2016年08月30日

「独立型」であるということ。

8月28日(日)に行った公開講座『今日から我が家も発電所〜イオさんの独立型太陽光発電講座』。
イオさんこと早川寿保さんに1年に1度お願いしているこの講座も、今年で4回目となります。

第1部は座学です。
どうしてイオさんがこのオフグリッドソーラー発電のインストラクターを始めたのか、自己紹介を交えながら、この発電方法の意義やメリット、デメリットを詳しく話して下さいました。
P8280823.JPG

話がアチコチに(いや、多岐に…)脱線していくのも、イオさんのお話の面白さ。
それはイオさんが、エネルギーや発電技術の問題以上に活動の動機としている「想い」があって、それをこそ伝えたいと願っているからなのでしょう。
P8280835.JPG

第2部は屋外に出て、実際にソーラーパネルと他のパーツを接続する演習を行いました。
P8280838.JPG

P8280841.JPG

P8280845.JPG

バッテリーとコントローラー、ソーラーパネルをつないで・・・
P8280843.JPG

3、2、1・・・スイッチオン!!
P8280847.JPG
各「発電所」のライトが、太陽光によって作られた電気で灯りました。



今回の講座でイオさんもお話されていましたが、重要なのは「太陽光発電」ではなく、「独立型」「オフグリッド」で行うということなのだと思います。
オフグリッド・・・つまり、電力会社が敷き詰めた送電網から「独立」すること。それは、「自立した暮らし」を意味します。

もちろん電気に限った話ではありません。
僕らの暮らしを成すためのすべてが大きなシステムに依存し、そこから抜け出ることが難しい時代。でも、それは実は、大きなリスクと犠牲の上に成り立っています。
「独立型発電」の考え方は、ガンジーさんがチャルカで目指した「独立」「自立」に似ているように感じます。
「電力会社が膨大なリスクとエネルギーロスを背景に無尽蔵であるかのように送り続けてくる電気」を当たり前とするのではなく、「天候によって変わる不便で不安定で有限を実感せざるを得ない小さな発電システム」に向き合うことは、暮らし方を見直し、延いては少しずつでも今とは違う方向に社会を向けていくんじゃないか・・・なんてことを考えたりもします。

電気に限らず、「オフグリッド」していく在り方。
それは、もうひとつの「網」に委ねるあり方なのかもしれません。
もうひとつの網。
言わずと知れた、「生態系」という網です。
太陽からのエネルギーを元に有機的につながっていく・・・そんな網に加わることが、きっと新しい在り方なのだろうな、と思うのでした。
P8280851.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『ウンコは地球の宝物〜糞土師の糞土教室』
〇日時 9月17日(土) 10:00〜14:30
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2800円(午前中の座学のみ2000円)

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)
posted by イトウ at 21:40| Comment(0) | エネルギー自給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

タネ採りの季節。

8月26日(金)は、いつもお世話になっている札幌の児童会館さんで「タネ採りワークショップ」をさせていただきました。
ここの子どもたちは毎年素敵な「キッズファーム」をつくり、採れた野菜や大豆やお米でいろんな加工まで取り組んでいます。
積み重ねているものがあるだけに、反応も輝いていて、僕もいつも楽しく参加させていただいています。
P8260793.JPG

まずは「タネってなんだ?」という話から。
分類などしながら、タネについて考えていきます。
P8260795.JPG

キッズファームで育てているトマト3種類の自家採種。
キタノシズクはもう4、5年目ですね。
P8260798.JPG

P8260800.JPG

トマトの次は、キュウリ。
これは、2年前にF1品種から採ったタネを継いでいるもので、昨年3代目となった時に子どもたちから「三代目キュウリブラザーズ」という品種名を授けられました。
P8260806.JPG

P8260808.JPG

P8260809.JPG

今年で4代目。
名前はどうなるのかな?と思ったら、子どもたちの案により、「四代目キュウリヒューマン」と改名されました(笑)。
P8260810.JPG

前年に先輩が採ったタネを春に播き、美味しくいただいた後、今度は自分たちがまた、後輩のために採種する・・・
そんなつながりがあるキッズファーム、本当に素敵だなあ、と思います。
現代社会では遠くなりつつある「当たり前の農的感覚」を持つ子どもたちが増えていったら、きっと未来は今よりマシになっていくんじゃないかなあ、と思ったりもします。

さあ、夏も終わりに近づき、「タネ採りの季節」が始まりますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『ウンコは地球の宝物〜糞土師の糞土教室』
〇日時 9月17日(土) 10:00〜14:30
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2800円(午前中の座学のみ2000円)

『我が家も今日から発電所〜イオさんの独立型太陽光発電講座』
〇日時  8月28日(日) 13時30分〜16時30分
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2000円

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)
posted by イトウ at 10:45| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ぐるりの豆部、3回目。

先週の日曜日は、3回目の『ぐるりの豆部』でした。
「タネまきから始める味噌造り」と題している通り、自分で栽培した大豆で味噌の仕込みまで体験していただく連続講座です。
ほとんどの方が「5回通し」で参加してくださっているので、育っていく大豆とつき合っていただくのと同時に、僕や参加者の方々同士も長期にわたって体験を共有していけるのが嬉しいところです。


通常、講座は午後から行うのですが、今回は可能な方には午前中に集まっていただきました。せっかくなので大豆以外の作業も体験して欲しかったのです。
ちょうど刈ったばかりの小麦があったので、足踏み脱穀機での脱穀や唐箕による選別をやってみました。
P8210685.JPG

P8210693.JPG

ふるいにかけた後、唐箕で風選しました。
P8210695.JPG

お昼は持ち寄りのランチ。
実は、豆部の方々でもこれをやりたかったのです。
豆部だけあって、豆料理が中心。美しい食卓になりました。
P8210698.JPG

P8210699.JPG


さて、午後からは正規の講座です。

まずは恒例、1回目に各自播種して育てている大豆の品評会です。
同じ土、同じタネを使いながらも随分生育が違っています。
P8210702.JPG
「良い」「悪い」を比べるというより、「何が原因で違いが出るのか」を考えることが大事なのだと思います。

蒸し暑い日でしたが、少し座学も。
「生態系」を軸に栽培や暮らし方を考えてみよう、というねらいで行いました。
P8210704.JPG

その後は、昨年12月に仕込んだ味噌の「天地返し」。
P8210716.JPG

P8210714.JPG


そして、今回のメイン実習、「石臼を使ってきな粉づくり」です。
P8210725.JPG

P8210727.JPG

P8190661.JPG

肝心の出来上がり写真がありませんが・・・
完成したきな粉は、事前に蒸してついておいた餅にからめて、講座の最後にいただきました。

ちなみに、きな粉づくりの後、豆部圃場をお借りしている新篠津の「ファーム田中屋」さんへ移動。
本当は除草などを一緒に行いたかったのですが、大雨の直後だったので断念し、軽い観察程度にしています。
生育不全の株について、その原因をみんなで考えました(ああ…肝心な写真を撮り忘れ…)。



3回目ということもあって、だいぶ参加者の方同士も慣れてきた今回。
進行役としてはいろいろ失敗もあったのですが、「やっぱりこういう感じなんだよな…」と感じる部分も多々ありました。
例えばそれは、今回座学で話させていただいたことともリンクしていて、イキモノのかかわり合いを示す矢印(主に「食う」「食われる」だけれど…)が多く複雑である程に、生態系としては「豊か」だということ・・・
img014.jpg
それは、人間関係でも同じじゃないかということで・・・

だから僕がこういう「学びの場」を開いているのも、「自分が何をするか」って事以上に「参加してくれた人同士が(共有体験を経て)どういう関係になっていくか」を見たいから、というのが理由なのかもしれません。

僕の一番の師は、「生態系」。
できるだけそれに沿った暮らし方をしたいし、人との関係も「多様で豊か」なものに向かえばいいな、と考えています。
僕にとっての「体験塾」は、それを具現化するための一つの方法なのだなあ・・・と、生態系の話をしながらあらためて思ったのでした。



『ぐるりの豆部』、第4回目は10月9日(日)に行います。
毎回「大豆の加工」を行っていますが、次回は「納豆造り」をメインに行う予定です。

posted by イトウ at 23:12| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

間に合いました。

毎年秋までに、トマトのビン詰めを25個くらい作ります。
それを1年かけて(というか、次のトマトが採れ始めるまで)少しずつ使います。
パスタ、カレー、スープ等々…僕は生よりも調理して使う方が好きなので、トマトのビン詰めはとっても大事なアイテムなのです。

なので・・・・
7月末頃になると、いつもドキドキします。
「トマト、間に合うかなあ…」
うちでは、トマトの収穫は、例年8月半ばからなのでした。

今年も8月初めに残りが数ビンとなって、ちょっとドキドキ。
P8180653.JPG

そして先日・・・
「良かった!今年も間に合った〜!!」
トマトが採れ始めたのでした。
P8180647.JPG

採れ始めるとどんどん採れるので、コマメにビン詰め、作っておきましょう。
未来の自分への、プレゼントです。
P8180658.JPG
ビン詰めが保存棚に溜まっていくと気持ちが落ち着くのですねー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『ぐるりの豆部〜タネ播きから始める味噌造り<第3回>』
〇日時 8月21日(日) 13:30〜16:30
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2000円

『我が家も今日から発電所〜イオさんの独立型太陽光発電講座』
〇日時  8月28日(日) 13時30分〜16時30分
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2000円

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)
posted by イトウ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

お墓の前で。

墓参りに行ってきました。
僕の両親は決して信心深い人ではないけれど、「ここにおじいちゃんおばあちゃんが眠ってるんだよ」と教えられて、子どもの頃から毎年墓参りをして育ったので、僕もこの習慣は続けています。

うちの墓には「○○家の墓」ではなく、「倶会一處」と書かれています。
「死んだらあっちでまた会いましょう」って意味みたいです。
僕は「○○家」よりもこっちの方が好みだな。
P8150644.JPG

普段は自分を囲むたくさんの生命を意識しながら暮らしているけれど、それを「横のつながり」とすると先人や未来の人たちとは「縦のつながり」。
何百何千年前の人達のことを詳細にイメージするのは難しいけれど、せめてじいちゃんばあちゃんがどんな思いでどんな暮らしをしていたのか思いを巡らすことは、大切な時間かもしれません。

ウチの墓のある墓地は、街を見渡せる眺めの良いところです。
P8150646.JPG



もう一つ、こんなタイプの墓参りもしてきました。
ビルの中のマンションお墓。
P8130634.JPG

少し前まで実は僕は、この手のお墓をちょっと馬鹿にしていたのですが、今回詣でてみて考えをあらためました。
悪くないです、マンションお墓。

考えてみれば、日本の冠婚葬祭なんてもうほとんど信仰とも結びつかないその場限りの「ナンチャッテ」な慣習です。
もちろん例えば葬儀にまつわる事柄一つひとつも、意味を辿れば「なるほど!」と感じることばかりなのだけれど、まったく日常とつながらない感覚でその時だけ慌てて踏襲することには本当は大して意味がないのかもしれません(あるとすれば、直接の相手に対しての礼節、配慮の為でしょうか)。
(大きな声では言えないけれど、最近参列した葬儀でのお坊さんの話がどれもあまりに空疎な感じがした…というのもあるかなあ…お坊さんの話、もう少しナントカならないのかなあ…)

「亡くなった方を想う場所(本当にそこいるかどうかは置いといて…)」としてとらえた時、ずらりとピカピカした墓石が並ぶ墓地も(これはこれで距離を置いてみればヘンテコリンな光景です)、大きなビルの中のロッカールームみたいなお墓も、そう大差はなく、そこにかかわる人のこころ次第なのかもしれません。
そういう「想い」が積み重なっているためか、この建物自体が不思議と落ち着いた供養の場の佇まいになっているなあ、と僕には感じられました。

高齢になってきた親を将来どう供養するか、そろそろ決めておかないとなあ・・・と考える一方、自分が死んだら土葬か鳥葬がいい!、と本気で思う僕なのでした(まあ、無理だけど)。
でも葬式も、家で清志郎でもかけててくれて、そこにちょこちょこお友達が自ビールとか持って集ってくれるくらいがいいな。
せめて墓石じゃなくどこかの森の木の下に散骨してもらえたらいいんだけどなあ・・・。
できる場所、見つけておかなきゃ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベントを予定しています。

『ぐるりの豆部〜タネ播きから始める味噌造り<第3回>』
〇日時 8月21日(日) 13:30〜16:30
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2000円

『我が家も今日から発電所〜イオさんの独立型太陽光発電講座』
〇日時  8月28日(日) 13時30分〜16時30分
〇場所  エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 2000円

★お問い合わせ・お申し込み
       エコビレッジライフ体験塾 伊藤伸二まで
       itogakiretatakoAyahoo.co.jp
          (*Aを@に変えてください)
posted by イトウ at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">