2012年12月31日

願いを込めて。

大晦日です。
大掃除して、(まだ全然終わっていないけど)玄関とかトイレとかはしっかりキレイになりました。
なんとかお正月を迎える準備ができたはず。あ〜良かった!

昨日つくったしめ縄も飾りました。
(縄ない、楽しすぎ!)

こんなふうにつくります。
DSCN2447.jpg

太くするには足しながら。
DSCN2455.jpg

ホントに偶然なんだけれど、昨日の強風で折れた松の枝が玄関前に落ちていた(!)ので、それも使っています(何かすっごいプレゼントですよねえ!)。
DSCN2456.jpg



小屋の玄関に。
来年は本格的にパン焼き小屋として活躍するはず。
DSCN2471.jpg

Coccoハウスにもちゃんと飾りました。
1年間ありがとう。一緒に冬を乗り切ろう!
DSCN2465.jpg
(稲の実をスズメが食べにきてました)

そして、母屋玄関には継ぎ足しながらガッツリつくったごぼう締め
なかなか立派じゃないですか。
結構自信作です。
DSCN2474.jpg



気を良くして、鏡餅も飾っちゃいましょう。
玄関に。
DSCN2467.jpg

茶の間に。
DSCN2476.jpg

お餅は栗山製菓さんで買いましたが、来年は正月用のお餅くらいは自前のでできたらいいな。
陸稲で餅米ができるから、来年は陸稲も播かなきゃな。
でも、栗山製菓さんの餅(昨日ついたものだそうです)、いかにも手で成形した感じでステキです。
切り餅も買ったけど、めちゃ美味でした。



さて。
今日は初の長沼年越しです。
(しかも、よく考えたら独りで年越しするのって、人生初なんだな。あ、ニャンコとかCoccoさんとかたくさんいますけどね)

1年を振り返りつつ、来年に思いを馳せつつ、蕎麦ニシン漬けを味わいましょう。
(そして掃除を続けながら、ニコニコ動画の有料生中継の総合格闘技に燃えるのでした。久々のDREAM。もともと好きな者にとってはブームなんて余計なだけ。再び冬の時代となった今こそ、日本の格闘技も応援しなきゃあ)



それではみなさま、2012年お疲れ様でした。
たくさんの好意に心から感謝いたします。

もうすぐ訪れる2013年が皆さんにとって心地よく素敵なものでありますように。
そしてこの世界が、今日よりマシなものになっていきますように。
願いを込めて・・・

「良いお年を!」
DSCN2464.jpg

posted by 野良人イトウ at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

ニューイヤーズイブイブ。

「午前中除雪、午後は大掃除!」と決めて動き始めた大晦日前日の今日。わけのわからない天気に翻弄されました。

早朝から家が揺れるほどの強風が吹いていて、「こりゃあ寒そうだ」とビクビクしながら外に出たのですが、思いの外暖かく風も生ぬるい感じ。なんていうか、・・・台風前の天気っぽいのです。キモチワルイ。
除雪を始めたものの、降り始めた雪が雨に変わって、屋根の雪もどんどん融け落ちてきます。
「いいとこ融けるかもしれないし、このまま放っとくか?」とも考えたのですが、思い直して予定通り雪の吹きだまりや屋根から落ちた雪山を崩しせっせと運んで除けました。このままシバレて凍ってしまったら、逆にえらい目に会うのは目に見えているからです。

そうなんです。
温かいのも雪が融けてくれるのも嬉しいのだけれど、春先に融けるのとは違い、間違いなくすぐに再び全てが凍りつく世界となります。そしたら、下手をすれば春までの2カ月以上、氷に悩まされることになるのです。変なところに氷の塊ばかりがあると、今後の除雪にも作業にも余計な手間がかかってたちが悪いのです。
というわけで、予定していた倍の時間(雪、重たいし…)をかけて除雪を終えました。

まあ、キレイになったからいいんですけど。
降ろさなきゃなあ、と思っていた屋根の雪も全部落ちたし。
DSCN2442.jpg

DSCN2443.jpg

数日前の猛吹雪と雪の世界が夢かと思うくらい・・・道路が見えるほど、雪が融けました。
DSCN2441.jpg


そして、12月末のこの暖かさ。以上ともいえるこの暖かさは、一般的には「そう悪くない天候」だと思うのですが、僕にとっては実は困ることもあるのでした。

だって、「冷凍庫替わりの部屋」(←ま、ほぼすべての部屋ですけど)に置いていた冷凍保存の食料が解けてしまうんですから!
まさかこの時期に氷が解けるほどの暖かさが訪れるとは思っていませんから、食べ物を一気にダメにしちゃうパターンなのです、これって。
昨年は12月前半で冷蔵庫のコンセントを抜いて「この部屋は冷蔵庫。奥の部屋は冷凍庫」と決めて食料を保存していたのですが、1月や2月のある時期に急激に暖かい日が続き、気づかないうちに冷凍していたつもりの食べ物がかなり傷んでしまった、ということがありました。

その時、「自然とはオソロシイモノだ・・・。秩序を維持する冷蔵庫、すごいなあ!」とあらためて<自然に対抗する文明>を生み出した人類の知恵に思いを馳せたものです。
そして、今年は一応、まだ冷蔵庫を稼働させていたのでした。あー良かった。でも・・・危なかった(今年は寒そうだし、そろそろコンセント抜いてもよかろう、と思っていたところでした)。

あ、食べ物が傷むと言えば、台所の大掃除をしているといろんな古い保存食が出てきます。
賞味期限切れなのは別に平気だとしても、さすがに2年前のはどうかなあ?とか少し思いますし、いつのだか不明な粉もの(小麦粉そば粉、トウモロコシ粉等)はどうしようか?とか迷いつつ・・・結局ほとんどは残してしまうのでした。

見た目で虫が湧いてたりするのはさすがにCoccoさんのエサへ。
DSCN2440.jpg



さて、今年もあと1日。
明日も大掃除に明け暮れる1日になりそうです。



ところで、昨日ようやく出した年賀。一部の方にはDVD入りの封書で出しました(版画のカードを入れて)。
郵便局で不足分の切手を貼ってもらう際、中身を尋ねられて「DVDと年賀状です」と答えたはずなのですが・・・今日、届いちゃったみたいです。
遅くても明日には届いちゃうんじゃないかなあ。

勤勉な郵便屋さん、スバヤク届けてくれて、ありがとう。
でも・・・もう2日、遅くても良かったです・・・。

時々年賀状の文面で「来年もよろしく!」なんて書いちゃう子どもがいます。僕も年を、今現在書いてる年にしちゃうことがあります(2012年!とか)。
今回は間違えずにタイムラグを考慮して、ビシッと「今年もよろしくお願いします!」「今年は〇〇でありますように!」なんて書いたのに・・・あ〜あ、今年、残り1日しかないじゃん・・・。
どうやら2012年、マヌケに終わりを迎えそうです・・・とほほ。

posted by 野良人イトウ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

流れておくれ。

一昨年の冬は厳しくて、お向かいさんが「ここに70年以上住んでるけど、こんなの初めてだあ!」とおっしゃっていました。
昨年の冬はそれよりもすごくて、雪で家ごと埋まってしまいました。水道も凍るので、1週間分の水をタンクに溜めて使い、週に1度だけ水道の元栓を開くような生活でした。トイレも凍って流れなくなりました。

そして今年・・・。
雪は今のところ、昨年よりは少しマシかな(いや同じくらいかな)。
けど、寒さはキビシイです。昨年よりもストーブをガンガン焚いていますが、12月上旬で1度水道が凍って衝撃を受けました。
手桶で流すトイレの水も、昨年は1月に凍って流れなくなりましたが、今年は12月半ばからアヤシイです。
夜の11時までストーブつけていても、朝5時に起きた時には水道が凍りかけるようになってきたので、そろそろ今年もタンク生活になりそうです(つまり、日常的には水道は使わないってこと)。

ま、そんなのは想定内。
大したことじゃありません。



問題は、排水です。

一昨日、洗濯機をまわしたら・・・排水なされず。

風呂場の湯船の排水溝が凍って流れないので、湯を張って風呂に入り、「一晩くらい放置すれば融けて流れるんじゃないかな」と思ったけれど・・・翌朝になっても流れず。
DSCN2430.jpg

しかも、洗い場の排水溝も凍っていたらしく・・・流れず。
DSCN2431.jpg

前夜にはアツアツだった風呂も、当然のことながらどんどん冷めていき、冷水になりかけています。
もはや融かすどころではありません。
「このまま放っておいたら、氷の塊になって、春までこのままだ!」と焦った僕は、大急ぎで各種ポンプで水をくみ、運び、唯一マトモに流れる台所の排水溝へ運びました。

数時間かかって水を除き、氷だけになったところへ熱湯を注ぎ、少しおいてくみ出してまた熱湯・・・という作業を繰り返すうち、何とか風呂の洗い場の排水溝は開通し、洗濯機からの排水を流すところの氷も融けました。
DSCN2433.jpg

これで一安心です。

未だ湯船の排水溝は氷で栓をされたままだしトイレもアヤシイですが、なんとか日常生活を送れる見通しは持てました。
特にこの季節、雪野原はある意味貯水タンクです(鍋に雪入れてストーブに乗せとけば水は得られます)から、上水道は何とでもなります。問題はやはり排水。排水が正常になされないのが一番シンドイのです。
とにかく流れろー。

今からこんなですから、1月、2月はどうなっちゃうんだろ?
・・・と、いろんな意味で震えながら、年の瀬を迎えています。

何が当たり前で何がありがたいことなのか、延いては幸福とは何かまで軽く考えさせてくれちゃうユニークな日々に、感謝ですねえ。



ちなみに一昨日は家の前が40cmの吹きだまりで(ウチの前の除雪は最後の最後だし、雪が降ってなくても風で道が埋まるから除雪車が来なかったりする)、ほぼ<陸の孤島>でした。
無理やり車で出ようとしたら、タイヤが浮いてカメさんみたいになってしまいました。わはは(・・・)。
DSCN2428.JPG

冬、まだ始まったばかりです・・・。

posted by 野良人イトウ at 19:54| Comment(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

間に合いそうだ。

年賀状用の版画を彫った。
RIMG0105.JPG

昨年は年明けに完成して、リアル「今年もよろしくお願いします」を添えて送ったけれど、今年は既に刷りも終了。スバラシイ!
RIMG0106.JPG
年賀状だけに、ここに載せられないのが残念なところです。
最近は年賀状の時しかやっていないけど、やっぱり版画は楽しいなあ。

年賀状、「毎年毎年メンドクサイ」「年に1度挨拶だけのつき合いなんて・・・。親しい人には会ったときに挨拶すればいいんだし」って言う人もいますが、僕は好きです。
年に1度、作品をお届けする気分。手紙書くのもまた楽し。
裏も表もパソコン印刷のみ!ってのはツマラナイけど(それじゃあ出す方もきっとツマラナイでしょう)・・・でも、人間はつながり(別名:しがらみ)の中でしか人間たり得ないのだから、それを確認するためにもこういう機会がたまにあってもいいんじゃないかな。

さあ、あとは宛名書きだ。何とか今日明日中に発送します!



posted by 野良人イトウ at 06:39| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

灯油がない朝。

冷え込みが厳しそうなので、昨夜は石油ストーブのタイマーをつけて寝ました。
が、朝5時、起きてみると家じゅうがキーーーンと凍りついてます。
「なんでだ?!」と思ったら、ボイラーもつかず(ちなみに水道は凍りつく寸前でした…)。

がーん・・・。
どうやら、タンクの灯油が切れたしまったようです。
残量表示ではまだ1/4くらい残っているはずなのですが・・・。
タンクの中で引っかかって、ちゃんと機能してないみたいです。
こりゃあ困った。

すぐに灯油屋さんに電話したものの、「今日は忙しくて行けない!」とのこと。
他の灯油屋さんに頼む手もありましたが、「まあいいか」と明日来てもらうことにしました。

ストーブは薪で大丈夫だし、お湯はストーブの上のヤカンや魔法瓶にたっぷりあるし。
風呂に入りたければ温泉に行けばいいんだし。
数日間灯油がなくたって、それ程問題はないのでした。

電気も、ガスも、普通に(それなりに節約しながら)使うわけで(今日はオーブンでケーキ焼いたし!)、「必要ありません」なんてはもちろん言えません。
けど、「なかったら1日たりとも生きていけない!」・・・なんてのはやっぱりまずいような気がします。
ていうか、そうならざるを得ないような社会っていうのは、やっぱり脆弱すぎる気がします。

社会的なインフラが整備されるのはもちろん悪くはないのだけれど、それによってそれぞれの「生き延びる力」がどんどんそぎ落とされ、ますますその「インフラを提供する大きなもの」に依存しなければ生きられなくなる構造・・・。
そこから少し距離を置いた生活を始めてみると、そんな社会の「不安定さ」がくっきり見えてくると同時に、「そこからちょこっと脱け出すこと、案外出来るものだよ」と思ったりもします。

それぞれの暮らしの中で、何から始められるか・・・
そんな視点で考えていきたいし、それを提示できるようになりたいと思っています。

ちなみにうちの猫は、11月ごろより毎年激太りします。
後ろ姿はタヌキのようです。
あれも彼女の「生きる延びる術」なんでしょう。

おかげで−18℃の寒空の下でも、元気に駆け回っています。
DSCN2412.jpg

DSCN2415.jpg


さて。

今年はずいぶん寒くって、薪の減りも早いです。
(もちろん、常に服を何枚も着込んでいても!)

使うために積んだはずなのに、キレイに積み上げた薪って使いたくなくなっちゃうんだよなあ。
DSCN2419.jpg


posted by 野良人イトウ at 20:09| Comment(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="https://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">