2019年05月14日

暴力の主体。

家の前の道を車が走っていきます。

時速60kmくらいでしょうか。
普通なのかな・・・?
でも、僕らが歩いていても、子どもが自転車に乗っていても、減速することなく脇をすり抜けていく車も少なくありません。
まれに80kmくらい出ているんじゃないかと思うような車もあります。
(近道、もしくは国道の速度取り締まりを避ける車が通ったりもするようです)
毎年、数匹の動物が轢かれて死んでいるのを見かけます。
P5010400.JPG

以前警察に相談した時、「まだ事故は起こっていないでしょ?」と返されたけれど、そういう問題ではないのです。
家のそばを走る車は、僕にとっては恐怖です。

スピードの出ている車はオソロシイ。
乗っている方(まあ、それなりに善良な一市民なのでしょう)は、「走って目的地に着くこと」が大事なのだから、その道の脇に生きるものを気に留めることはありません。

おそらく運転している自分に万能感を感じ、その機械を「制御できる」と信じているのだと思います(無意識にね)。

以前は僕もそうでしたから、わからなくはありません。
田舎の(家がぽつぽつしかないような)道なんて、平気で飛ばして走っていました。
早く着きたい。だから、走りやすい道なら飛ばす。
だって、道って、走るためのものでしょ。
そんな感覚。

「そこに生きるもの」に与える恐怖など想像することなどなく。

でも・・・
やはり忘れてはイケナイ。
「車は、暴力装置」です。
便利であると同時に、他者を傷つけたり怯えさせたりする、本来ヒトという生き物が持ち合わせない「チカラ」です。
強大なチカラは、周囲にとって脅威です。

「車に乗る」ということは、「暴力をふるう側(権力者)にある」のだという自覚が不可欠ではないか、と僕は思うのです。

(実はこの文章は、1か月くらい前にメモのように書いていたものです。そして、先日また、滋賀県で保育園のお散歩中に車が突っ込んで、小さな命が奪われる事故もありました。運転していた女性は、自分が「暴力装置」を扱っているなんて意識はきっとなかったことでしょう。その感覚自体が、非常にオソロシイものだと思います・・・でも、きっと、僕も含め、ほとんどの運転者は、運転中はその女性と同じくらい自分の暴力性に無自覚になってしまいがちなのだと思います。)



「暴力」や「権力」って、そんなにわかりやすい構造で生まれる(起こる、振りかざされる)ものではないのだろうな、と最近あらためて思います。
学校のイジメ、からかい、然り。
職場、社会における上下関係、同調圧力、然り。

少し視野を広げれば、車に乗ることも、電気を使うことも、実は誰かに(他のイキモノにも)大きな圧力をかけ続けています。
僕らの暮らしは、実は「目に見えない暴力」で成立しているのだなあ、としばしば感じます。

そして、「自覚しづらい間接的な暴力」と同じくらい、無意識なまま、僕らは直接的にも「チカラを持つ側」「暴力の当事者」になり得るのだと気づかされることがあります。



この春、『DAYS JAPAN』という貴重な雑誌が休刊しました。
「1枚の写真が国家を動かすこともある」と銘打ち、大手のメディアが取り上げないような世界各地の紛争、戦争、差別や暴力、環境破壊などの現状を伝えてくれる貴重な写真誌でした。

(おそらく経済的な理由で)休刊が知らされた昨冬、この雑誌の創刊者であり「人権ジャーナリスト」として著名な広河隆一氏が週刊文春に登場しました。
数名の女性から「性暴力被害」を告発される、という記事で。

それからのDAYS JAPANは、広河氏の性暴力問題をどう捉え、最後となる紙面で報道(報告)するか、に奔走したことと思います。

何となく見えてきた事実は・・・
「人権派フォトジャーナリストの権威である広河氏を慕って近づいてきた若手女性カメラマンなどに対し、エロオヤジとしての広河氏がデートに誘い、関係を持った」ということ。
広河氏は「愛情を持つ男女で、相手もOKだったのだから」と考え、相手の女性は「逆らうことはできず不本意だったが身を任せた」ということ。
P4100220.JPG

文春の記事が出てから、広河氏やDAYS JAPANに対しては当然のバッシング、また、僕の知っている限りでは広河氏との対談をギリギリのタイミングで載せちゃった『通販生活』にすら抗議が多数寄せられたようです(翌号に謝罪が載っていました)。

もちろん、広河氏を擁護する気なんてないですし、女性へのケアをした上で事実を検証していく必要はあるのですが・・・
「広河氏を吊し上げて終わるのは違う」と僕は感じていました。



一般には、例えば「国家」や「警察」などが法的根拠によって「権力者」とされますが、「反権力」のつもりでいる人たちも、一度集団化するとその内部にはあっという間に「権力構造」が出来上がります。
その構造の中で、力関係は強化され、様々なカタチでの暴力が蔓延するのも珍しいことではありません。
(47年前の「日本赤軍事件」は、善意や正義を大切にしていたはずの人間が、集団の中で権力構造をつくり、人間自体が変容していく恐ろしさを伝えてくれるものです)



そして、実はこういう「構造」って、僕らの日常、ありとあらゆるところに存在するのだと思います。

「権力」は、相手を「支配」し「コントロール」する力。
そのための手段として、様々なカタチでの「暴力(言葉、威圧等含め)」が存在します。
グループ間でも、友人間でも、そして家族の中でも。


人が2人以上いれば「力関係」が生じ、「権力構造」「暴力による支配・被支配」が、大なり小なり、生まれてくるのではないでしょうか。

「そんなことはないよ」
「自分は大丈夫」
と感じる人は、たぶん、<そういう空気>になった時、もしくはアクシデントが起こった時、間違った方向に進む気がします。
権力構造に抗うことなく、暴力をふるう側に
暴力装置である車を無自覚に扱ってしまうように。


だから、僕らは常に、「対等である」とはどういうことか、それを維持するための精神の有り様を問い続ける必要があるだろう、と僕は思っています。

広河氏の件で言えば、広河氏のハラスメント意識がどうであったかを問う以上に、『DAYS JAPAN』編集部内や広河氏を祭り上げ、その横暴を許し続けた周辺の人々の無自覚・無意識の暴力が問題であると考えます。

目立つ権力者、ハラスメントや暴力を繰り返す者よりも、権力構造の中で(それを利用して利を得)「他者の尊厳を踏みにじる行為」を容認して構造を強化していく者たちに、僕は本当のオソロシさを感じます。
(第2次大戦中のドイツや日本軍も、おそらく同じです)



重要なのは、「自分も簡単に、暴力をふるう側になるのだ」という認識。

そうならないための、自己への問いかけ。

なのだと思います。



暴力は嫌だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

『ペレのふくができるまで〜まるごと羊毛講座』
朝一番に羊の毛刈りを行い、その毛を洗ってキレイに整えて、「ワタ」状態にします。その素材を使って、紡いだりフェルトの加工をしたり…「ちょっと羊飼いな1日」を体験していただきます。「モノの成り立ち」を感じていただきながら、制作も楽しんでいただく講座です。
  〇日時 6月16日(日)10:00〜16:00
  〇場所 ハイジ牧場(長沼町東9南2)
  〇参加費 3500円

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。

posted by イトウ at 06:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

『ぐるりの豆部』での学び(参加者の感想も)。

今年も5月末にスタートする『ぐるりの豆部』、全5回の講座内容をあらためてご案内。


初回は、大豆のこと、そして少し広くタネのことを学びます。
P5270446.JPG

意外と簡単で、でも奥深い「もやしづくり」にも挑戦。
P5280488.JPG

屋外の活動では、畑に畝をつくり、タネまき
P5270467.JPG

持ち帰って自分で育てる「宿題」も・・・。
P5270457.JPG



6月・・・2回目のメインは、「豆腐づくり」です。
P7010231.JPG

もちろん前回播いた大豆の様子を観察し、必要なお世話もします。
大豆だけでなく、畑にいる様々な作物たちの「育つ姿」を追っていただけるのが「連続講座」の楽しいところです。
P7010232.JPG



8月半ばの3回目、加工実習では石臼での「きな粉づくり」を行います。
炒りたて、挽きたてのきな粉の香りと香ばしさは、なかなか味わう機会がないのではないでしょうか。
P8190114.JPG

暑い時期なので、味噌のケアやその他の発酵、土についての座学も行う予定です。
P8190123.JPG



10月、4回目には早くも収穫です。
刈った大豆は島立てし、天日で乾燥させておきます。
PA150876.JPG

加工実習では、「納豆づくり」を行います。
もちろん美味しさもありますが、地球上で共に生きている「見えないイキモノ」たちの存在を感じられる納豆づくりは、僕も大好きです。
PA140860.JPG


4回目に収穫した大豆は、脱穀し、選別し・・・・(このあたりの作業は、希望者で行っています)
PB201073.JPG


いよいよ最終回

最終回の講座では、いろいろな味噌についておさらいし、「自分好みの味噌」を育てていくためのポイントを学んでいただきます。
この「好みの味噌を育てる」というところが、僕は結構重要だと思っています。
PB251160.JPG

僕のやっている「麹造り」の様子も見ていただき・・・
1543186457027.jpg

そして、仕込み。
それぞれお持ち帰りいただく分と、ウチで使いつつ、来年の活動につなげるための「大樽味噌」を仕込みます。
PB251097.JPG

長いようであっという間の半年間。

けれど、きっと想像するよりもいろいろな学びをお持ち帰りいただけるのではないかと思っています。



手前味噌で恐縮ですが・・・
以下、昨年の参加者さんのご感想です。


<半年間ありがとうございました。伊藤さんの講座は、いつも丁寧でわかりやすくとても勉強になります。
ただの「豆づくり」や「味噌づくり」でなく、“循環”などもしっかり学べるので、本当にいろいろな世代の人も楽しんで参加できると感じました。
また都会につかれたら遊びに来ます(笑)。いつもパワーをありがとうございます。>


<半年間、大豆に親しむことができ、感謝です。ありがとうございました。
豆腐は自宅でつくって楽しみました。早造りの味噌は、まだ冷蔵庫にあり、食べ頃を過ぎてしまったかも。今日仕込んだ味噌の一年後が楽しみです。
これからも、食べ物を一からつくってみる取り組みに挑戦したいと思います。>
PB251106.JPG


<お説教は敬遠されるけれど、楽しみながら学ぶのは受け入れられやすい。
胆振自身の記憶が覚める前に、身近なところで「人も自然の一部」だと思いだせるような話題作りに、こちらでの経験を是非使わせていただきます。
お金を使うことばかりが経済じゃないし、覚えるだけが勉強じゃない。楽しく生きるために。
また時々「体験」させてください(藍染も!)。>


<たくさんのことを教えていただきましてありがとうございます。
これからの生活に活かしていけるようにしたいと思います。
数々の発酵についてのお話しが面白かったです。
昔からの知恵である発酵について、家族や友人に簡単にできること、美味しいことを伝えていければと思っています。>
P6020534.JPG


<お休みしたり遅刻したりと全参加ではありませんでしたが、とても楽しかったです。
色々な方々と色々なお話、今日から明日へ、また来年、未来へつなげていけたらいいなあと思いました。
どうもありがとうございました。>


<大豆のすごさをあらためて知りました。
きな粉、豆腐、味噌造り、と今後の食生活が一層充実なものになると思います。
今度は、大豆作りから、自分ひとりで実践していこうと思います。
味噌も、自分流にいろいろと工夫して造れるような気がしました。
また体験塾の講座に参加したいと思います。>

P8190127.JPG


今年の初回は、5月26日(日)となっています。
おススメは通しでのご参加ですが、初回のみの単発参加枠もまだ空きがあります。

ご興味のある方、暮らしをシフトするきっかけをお探しの方、お待ちしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回
        *初回の「単発参加」も可能です(2000円)

『ペレのふくができるまで〜まるごと羊毛講座』
朝一番に羊の毛刈りを行い、その毛を洗ってキレイに整えて、「ワタ」状態にします。その素材を使って、紡いだりフェルトの加工をしたり…「ちょっと羊飼いな1日」を体験していただきます。「モノの成り立ち」を感じていただきながら、制作も楽しんでいただく講座です。
  〇日時 6月16日(日)10:00〜16:00
  〇場所 ハイジ牧場(長沼町東9南2)
  〇参加費 3500円

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

『ぐるりの豆部』ってこんな「場」です。

今年ももうすぐ『ぐるりの豆部』が始まります。

『ぐるりの豆部』は2016年からの企画で、「タネまきから始める味噌造り」と銘打っています。

その名の通り、春にみんなで種まきをして、それを育て、秋には収穫し、冬の初めにその大豆で味噌を仕込む、5月から11月末までの連続講座です。


全5回の中で、豆腐やきな粉、納豆などの「大豆加工品」づくりを行ないます。
大豆の生育を観察しながら栽培管理を学んだりもします。

P7010228.JPG

P8190113.JPG



また、体験塾の伊藤(僕)がこの地で暮らしながら取組んでいるいろんなこと(衣・食・住・エネルギー等にかんする様々)を体感していただく機会もあります。

「土とは何か?」「暮らしって何か?」「生命っていったい・・・?」なんてことを一緒に考えてみたりもします。

『豆部』と言いつつ、「豆は(学びの)きっかけのひとつ」と言ってもいいかもしれません。

P9230551.JPG

P8190126.JPG

RIMG0084.JPG

それが、『ぐるりの豆部』です。

でも・・・
それだけじゃない。
のが、『豆部』なのです。


食品加工や栽培の講座って、最近はいろんなところでやっていますが、たぶん『ぐるりの豆部』は他の講座とは少し色合いが違います。
参加された方はお気づきのことと思いますが、豆部の「キモ」は連続講座、という点にあります。

理由の1つは、「全5回の講座を通して全体像が見えてくる」ということ。
もう一つは、「全5回でメンバーのコミュニティが出来上がる」ということです。

この、「コミュニティ」という部分、意外と大事なところです。


さらに・・・・
ご都合の良い方には「田んぼの活動」に参加していただいたり・・・
P6030550.JPG


夏には「サバイバルキャンプ」にお誘いしたり・・・
IMG_20180922_163350.jpg


その他、しばしば「こんなことやるけど、来ませんか?」とお声かけをしたりもします。

染めとか。
PA040828.JPG

「小屋の壁塗るので体験したい方は是非!」とか。
P3310093.JPG

年末の餅つきとか。
PC151399.JPG

つまり、『豆部』って、「講座」というより「サークル」に近いのです。
「時々講座も行う農的遊びサークル」という感じかもしれません。


そんな「農的遊び」には、過去の豆部の方や、以前やっていた「通年総合コース」の受講生の方々もやってきます。
10年来のおつき合いの方もいます。
ゆるやかにつながるコミュニティが出来ているのです。
(僕らはそれを「ゆるビレ」=ゆるやかエコビレッジ、と呼んでいます)

『豆部』へのお誘いは、そんな「ゆるビレ」へのお誘いでもあります。
「講座」へのお誘いであるとともに、「来年以降も続くおつき合い」へのお誘いということです。



もちろん、5回の講座にだけ参加される方もいます。
それでも結構です。
もちろん「講座」自体も満足していただけるものだと思っています。

でも、「講座」の時は時々お休みしても、他のイベントやそれ以外の(特に何もない)時に遊びに来る方もしばしばいます。
そんな方とは、翌年以降も軽やかなおつき合いが続いています。

豆部の参加費は年間(全5回の講座)で10000円ですが、僕はそれを内心では「講座受講費」とは思っていません。
<『豆部』という1年間の集いの参加費>と思っていただくと相応しい気がします。
僕自身は、『豆部』というサークルの「お世話役(兼講師)」という感覚です。


さて・・・
5月26日(日)初回のテーマは、「タネ」

広くタネについて学びながら、「豆という植物」について考え、タネ蒔きをします。
その「タネ」は、当然、昨年の豆部の方々が収穫して下さったものです。

その「連続性」が『豆部』の軸だと僕は思っています。

『ぐるりの豆部2019』もうすぐ始まります。

「ぐるり」の意味については、過去に書きましたので、こちらをどうぞ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

『春山散歩』
裏山に登りながら、春の植物の様子を観察します。ただの「草」「緑」だったものが、名前を得ることで広がる世界…。もちろん、「食べられる野草」の試食会も行います。
〇日時 5月12日(日)10:00〜14:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 180 0円


*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

先生からの課題。

卵がありません。
これはとても不可思議なことです。

3歳になるCoccoさんは、冬場はまったく産みませんでしたが、春になって週に1度くらい産んでくれています(正確には、6羽で1日1つくらい)。ありがとう。

問題は、まだ1年も経たない若Coccoたちです。
6月頃に生まれた彼らは、12月頃から産み始め、冬の間もそれなりに(70%くらいかな)産んでくれました。
おかげで、今年も冬はたくさん卵をいただくことが出来ました。
タマゴ16個.jpg

春は一年で一番産卵の旺盛な時期なので、3月〜4月前半は毎日7個前後の卵があったのですが・・・
10日前あたりから、ちょっと異変が起こっています。

卵がない。
・・・のです。

「昨日採るの忘れた分もあるから、今朝はたくさんあるだろう」と採りに行っても、2つだけ、とか。
朝採っていない日に、夕方採りに行っても「あれ?一個もない?!」とか。

そういう日が続いています。
P4240316.JPG



今のところ、原因はわかりません。
時々、卵の味を覚えて「食べ癖」のつく子もいるので、その可能性が高いです。
他の子が産んだものを突いて食べてしまうのです(身も殻も全部)。
厄介な癖なので、それがあるなら見つけてしばらく隔離しなければなりません。


他のイキモノが食べている可能性は・・・・
低い気がします。
ネズミは相変わらずいますが、日中何度か見に行ってもないからです。
さすがに、白昼堂々と全部食べちゃうヤツはいないでしょう。


一番心配なのは、「本当に産んでいない」ことです。
今回の群れはいつもと違って大雛を買ったのですが、たしかにボリスブラウンとのことだったので、今までと変わらないように思うのですが。
(これまでの経験上は、今の時期はまだまだ「たくさん産むぞ!」という状態のハズなのです)

産卵箱をちょっと変えてキレイにしてみたり、餌や水を増やして、様子を見ています。
P4250331.JPG



イキモノを相手にしていると、日々、様々な問題・課題が湧いてきます。
起こったことに対し、自分がどう考え、行動に移すか・・・常に試されています。
特にCoccoさんは、次々と「問」を投げかけてくれる、本当に素晴らしい「先生」です。
ありがとうございます!(・・・でも、大変ッス)



卵問題もあるし、もうしばらく出すのは控えようかとも思ったのですが、元気な子たちを閉じ込めておくのもやっぱり嫌なので・・・
出してしまいました。
P4250330.JPG

P4250328.JPG
もう、気分良さそう。
楽しそう。
喜びが、全身から放出しています。

「まぁ、多少産卵が少なくてもいいか・・・?」
と、思っちゃいました。



さて一方、「苗」です。
3月初めから大事に大事に育てていたナスやピーマン、キャベツ、レタスの苗が、無残な姿に。
食べちゃったのはCoccoさん(!)なのですが・・・フクザツな事情が重なって、こんなことになりました。
P4230308.JPG

P4230309.JPG
今年はかなり手をかけ順調に良い苗が育っていたので、知った瞬間、あまりに残念で腰が抜けそうになりました。


なんていうか・・・
日々、課題はやって来るのですね・・・はあ。
生きているから学べます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

『春山散歩』
裏山に登りながら、春の植物の様子を観察します。ただの「草」「緑」だったものが、名前を得ることで広がる世界…。もちろん、「食べられる野草」の試食会も行います。
〇日時 5月12日(日)10:00〜14:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 1800円


*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 06:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

キタナイ季節?

これが4月5日の山の写真。
P4050170.JPG


これは4月12日に撮ったもの(畑の様子)。
P4120239.JPG


この頃すでに、札幌はもちろん、10kmほど南に向かえばほとんど雪はない状態でした。
余所へ行く度、この辺りが、まぁ本当に「豪雪地帯」だってことを実感・・・。

「まったくいつになったら畑が出てくることやら・・・」
とボヤいていましたが、とりあえず春はちゃんとやってくるものです。


1週間後(昨日)には、もうこんな状態に。
P4190266.JPG

山もすっかりとけて、フキノトウの季節は早くも過ぎ去ってしまいそうです。
P4190269.JPG


雪が解けて日に日に気温、土の温度も増していくこの時期。
嬉しい反面、「1年で一番キタナラシイ季節」でもあります。

雪で真っ白に隠されていたいろんなものが顕わになっちゃうからです。

ほら、こんなに・・・。
P4170256.JPG

あっちもこっちも。
P4170257.JPG
昨年秋に「片づけよう片づけよう」と思いながら、初雪で覆われちゃって「なかったこと」になってたハズのものたち(苦笑)。
もう少しはやくやればいいものを・・・と毎年、この時期には思うのですけど。

薪が崩れるのなんて僕のせいじゃないけど、積み直すのは僕の仕事。
P4170255.JPG

ハーブ類とか。
雪がスゴイから、せっかく支柱建てていても、倒れるものは倒れます。
P4190267.JPG

そして、問題はようやく顔を出した小麦。
今年はどうだろう??
(昨年は雪解けが遅くてカビにヤラレテほとんど死滅しました・・・)
ハラハラしながら見守っています。
P4180261.JPG
(来年は小麦の部分はしっかり燻炭で融雪しよう!)


まあ、手に負えること負えないこと、いろいろありますが、この春一番のショックはコレです。
P4170254.JPG
ソーラーパネル。
「今年は冬もしっかり使うぞー」と思って出したままにしていました。
冬仕様の台を設置するつもりでいたのに、なぜやらなかったんだ?!
雪にすっぽり埋もれて、出てきたら・・・ガラス前面にひびが。

廃棄するにも、直すにも、いろいろ考えなくちゃなりません。



・・・と、嬉しいばかりではない春。
ですが、やっぱり嬉しい季節です。
いろんなイキモノの息吹が伝わってくるからです。

何もないように見える畑にも、ほら。
P4190268.JPG
冬を越した菜類や新しく目を出したこぼれダネたち。

やっぱり、胸の奥がじーんとする、いい季節です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

『春山散歩』
裏山に登りながら、春の植物の様子を観察します。ただの「草」「緑」だったものが、名前を得ることで広がる世界…。もちろん、「食べられる野草」の試食会も行います。
〇日時 5月12日(日)10:00〜14:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 1800円


*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 06:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

暮らしの仕込み事。

昨年11月の「豆部味噌」仕込みに始まった「仕込みの季節」が終わりました。
今シーズンも<白味噌><麦味噌><豆味噌><魚醬><醤油>など、ひと通り必要なものを仕込むことが出来ました。

「ぐるりの豆部」の味噌仕込み!
PB251120.JPG

PB251154.JPG
これは米麹を使った白味噌。
この後、自分でも追加仕込みしました。


麦麹を育てて、麦味噌!
P1291762.JPG

豆麹を育てて、豆味噌!
P3062057.JPG

活きの良さそうな魚を買ってきて、魚醤!
P4150045.JPG

そして、3月末〜先日にかけて仕込んだ醤油。

講座内で「種きり」し、3日間かけて製麹。
(この苦労は何度も書いているので割愛)
P3242248.JPG

P3252276.JPG

まあまあな「醤油麹」が出来ました。
P3272299.JPG
今年わかったコツは、無理にいっぺんにたくさんやらずに2回に分けてやること(今回は3kgずつ)。
それと、できるだけ夜間は低空飛行(低温)で急がずに育てること。

それでも油断するとガツン!と発熱して、納豆になろうとしましたが…。

で、今年も醤油諸味を仕込むことが出来ました。
今年は麹の総量で10kg近く・・・(ちょっと多すぎか…?)。
P4110234.JPG

醤油はそれなりに今後も手間がかかりますが、とりあえずこれで今季の「仕込み」は終了。
これからは、畑の季節です。
P4110237.JPG


とは言え・・・

5月末に大豆を播くのも、育てて秋に収穫するのも、・・・また、「仕込む」ため、なわけです。
繰り返し、繰り返し、やっていく。
少しずつ知恵を積み重ねながら。

それが、「暮らしの中の仕込み」です。

先人が連綿とそうしてきたように・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『農的養蜂のススメ〜農的暮らしとミツバチ』
石狩で養蜂をされているJayanand Goyaさんに、ミツバチの視点、養蜂家から見た自然との共生、暮らし方等についてお話していただきます。
〇日時 4月20日(土)14:00〜15:30
    *12:30よりミツバチを題材にした映画の上映会も行います。
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 2000円(*1ドリンク付き)

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

『春山散歩』
裏山に登りながら、春の植物の様子を観察します。ただの「草」「緑」だったものが、名前を得ることで広がる世界…。もちろん、「食べられる野草」の試食会も行います。
〇日時 5月12日(日)10:00〜14:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 1800円



*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

育苗状況。

今年も、2月の末から種蒔きを始めています。
(備忘録として記しておきます)

例年、最初に播くのは赤紫蘇
梅漬けに使うので、7月頃には結構な量が欲しいからです。
ついでに青紫蘇バジルも播きました。
P3052033.JPG


3月1日からは、ナス(真黒、F4)ピーマン(あきの、さきがけ)を始めます。
ナスやピーマンの発芽にはそれなりの温度が必要なので、一晩吸水させてから・・・
P3012019.JPG
湿らせた木綿に包んで、ポケットで保温します。

3日後、まずはピーマンが発根。
P3052035.JPG

ちょんとツノ(根)を出した子から、ポットに播いていきます。
自家採種しているタネは発芽・発根に多少個体差があるので、数日間かけて、順々に播くのです。
P3052036.JPG

ポットに播いてからさらに5日くらい経って、「芽」を出しました。
この、芽を出す姿は、何度見ても胸がじんわりと嬉しくなるものです。
P3102091.JPG

ナスはなかなか根を出さず、10日〜2週間程かかって「発根」。
これも順に播いていきました。
P3152121.JPG

3月20日には「第3期」の播種。
トマト(キタノシズクミニ・中玉・大玉、プチぷよ、イエローミニ、サンマルツァーノ)、トウガラシ(八房、激辛、韓国)、食用ホオズキ(大、クリーム)、シシトウ、キャベツ(サボイ、大球)、レタス、ケール、コールラビ・・・。
P3200132.JPG

最初に発芽するのはやっぱりトマト。
10年くらい自家採種しているものが多く、安定して発芽してくれる優等生です。
P3290141.JPG

4月1日には、第4期の播種を行ないました。
この時に播いたのは・・・芽キャベツ、ビート、レッドビーツ、スイカ、キュウリ(ピクルス用、四葉)、ひょうたん(大、千成)、オクラ(丸、五角、スター)。

播種する時期は、「生育に必要な期間」と「植える時期」を考えて決めています。
「苗の大きさ」や「育苗スペース」も考慮しなければなりません。
ひょうたんやオクラは、5月前半にはビニールハウスに定植するので、もう少し早くてもいいのかも。



一方、苗を育てる「踏み込み温床」も、3月30日につくりました。
本当は3月前半からやりたいのですが、ハウスの雪がなかなか解けなかったのです。
これは3月20日の状態。温床をつくれる面積の土が出たのは25日過ぎです。
IMG_20190320_120058.jpg

温床は電熱線ではなく、枠をつくって、イナワラやヌカ、落ち葉などを積み重ね、微生物による発酵熱で苗を育てるやり方を続けています。
P3290133.JPG

大事なのはしっかり踏み込んでおくことです。
空気が多すぎると、発熱し始めるのは早いのですが、好気性の菌が元気よく働き過ぎて、あっという間に温度が下がってしまうのです。
P3290135.JPG

通常、3〜5日で温度が上がってきます。
温床自体が30℃くらいになって、空間が夜間も20℃くらいに保てるのが理想です。

現在、1週間経ちました・・・が、温床の温度、今回はなかなか上がってきません。
量が少ないのと、夜間の気温が低いからかもしれません。
P4050163.JPG

苗の方は、播種した子たちが次々芽を出し、すくすく育って、鉢上げを迫ってきます。
室内での管理はそろそろ限界。
早く温床に移したいのですが・・・
P4030153.JPG

P4050161.JPG
思うようにならないところも面白さなのですけど、日々、未だ試行錯誤しつつ。
まだまだ未熟です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『My醤油を仕込もう〜大地からの一滴を味わう発酵講座A』
味噌とはちょっと違う醤油の仕込み。何が違うの?醤油ってどうやってできるの?
発酵や醤油について学び、自分の醤油を仕込む講座です。
  〇日時 4月7日(日)13:30 〜15:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 2500円
  〇定員 12名

『農的養蜂のススメ〜農的暮らしとミツバチ』
石狩で養蜂をされているJayanand Goyaさんに、ミツバチの視点、養蜂家から見た自然との共生、暮らし方等についてお話していただきます。
〇日時 4月20日(土)14:00〜15:30
    *12:30よりミツバチを題材にした映画の上映会も行います。
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 2000円(*1ドリンク付き)

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

モノの「背景」。

先日、竹細工技能士の山根広充さんに来ていただき、『竹編みをはじめよう』を行いました。

僕が山根さんとお会いしたのは1年半ほど前、イベントに出展させていただいた時に、お隣のブースにいらしたのが最初でした(僕はひょうたんランプ)
その時のイベントには「職人村」という冠があって僕自身はちょっと恥ずかしかったのですが、周りの職人的技術を持った作家さん達とのお話は非常に面白かったのです。
中でも、竹細工職人の山根さんには、技術はもちろん、素材とのかかわりについてとても興味深いお話を聞かせていただきました。
竹細工の職人にとって「編む」というのが、最後の一部分にすぎなく、「仕事の本質は竹ひごづくり」だというあたりには特にグッとくるものがありました(その点においては、僕のひょうたん加工もやや通じるところがあります。)。


現代は、「モノ」の「価値」や「成り立ち」が非常に見えづらい時代です。
目の前に例えば一つの「竹でつくった籠」があったとして、それがどのくらいの手間と時間と技術を要して出来上がったものなのか、なかなか想像することはできません。
一方で、ホームセンターや100円ショップには「似たような<安い品>」が並んでいます。
<安い品>には安いなりの理由があって、その安さによって何かが失われたり、何かを犠牲にしているのかもしれないけれど、それは「目の前の品」を見るだけでは伝わりづらいものです。
まして、その製品の「素材」がどのようにしてつくられているのかは、「モノづくりが趣味」の方でもなかなかご存じないのではないかと思います。

今回、僕が山根さんに「竹細工講座」をお願いしたのは、もちろん「技術としての竹細工」を習いたいこともありましたが、どちらかというと「竹細工の背景」から何かを感じてもらえたら・・・という思いがあったからです。
そして、その思いに、山根さんも共感して下さり、今回の『竹編みをはじめよう』を行うことが出来ました。



いよいよ講座がスタート。
最初は、山根さんの自己紹介(竹細工職人になるまで)や、「つくっている製品について」の解説や「竹という素材について」のお話。
P3172124.JPG

そして、今回の講座のハイライト、「竹ひごができるまで」です。
普段は決して見せることはないけれど、実は竹細工職人さんの技術・仕事の基本である「竹ひごづくり」。
使っている道具も持参していただきました。

まず竹を割って・・・
P3172130.JPG

均等に割いていきます。
いとも簡単に作業されていますが、やはり職人さんの手仕事には所作自体に美しさがありますね。
P3172132.JPG

P3172138.JPG

竹細工職人の方々は、皆さん自分の道具を自分でつくられるそうです。
山根さんも、正確な幅、厚さのひごをつくるためのこれらの道具をつくられたそうです。
P3172147.JPG

全員、少しずつ竹ひごづくりも体験させていただきました。
P3172152.JPG

竹ひごが出来ました。
ここまでの過程を見ると、この竹ひごがますます美しく見えてきます
P3172155.JPG

さて、ここからは「一般的な竹細工講座」です。
P3172157.JPG

ひと工程ずつ、丁寧にすすんでいきます。
山根さんが何度も仰っていましたが、重要なのは「勝手にやらないこと」「言われたとおりにやること」。
どうしても「わかったつもり」になってしまって、先に手を動かしてしまいがちですが、積み上げられた職人技術は、まずは「見習う」ことが大切です。
P3172179.JPG

だんだんカタチになってきました。
半分くらい編んでいくと、竹という素材の性質も体に馴染んでくるような気がしました。
「素材の特性」に逆らうことなく、「竹の声」を聞きながら編むように、竹細工の技術は出来ていることがわかってきます(少しですけど…)。
P3172162.JPG

予定よりかなり時間がかかってしまいましたが、参加者全員、美しい「四海波(という籠)」が出来上がりました。
P3172181.JPG

あっという間の4時間。
けれど、密度の濃い時間だったと思います。

様々なイベントなどでワークショップをされている山根さんですが、素材についての話、まして自己紹介などに時間をとることは、いままでなかったそうです。
でも、「作り手」、「素材」、「継がれてきた技術」など、モノの<背景>にこそ、「モノづくり」の面白さがあるのではないでしょうか。
さらに、そこを知ることで、「価値」を見抜く目も養われていくのではないかと思います。

一つの「製品」が生まれるための素材づくりや伝統の蓄積など、様々な視点があった講座となりました。
出来た「籠」だけでなく、いろいろな「思い」を持ち帰っていただけていたら嬉しいです。

ご参加いただいた皆さん、そして山根広充さん、ありがとうございました。
是非、また「竹編み講座」行いたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『My醤油を仕込もう〜大地からの一滴を味わう発酵講座A』
味噌とはちょっと違う醤油の仕込み。何が違うの?醤油ってどうやってできるの?
発酵や醤油について学び、自分の醤油を仕込む講座です。
  〇日時 4月7日(日)13:30 〜15:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 2500円
  〇定員 12名

『農的養蜂のススメ〜農的暮らしとミツバチ』
石狩で養蜂をされているJayanand Goyaさんに、ミツバチの視点、養蜂家から見た自然との共生、暮らし方等についてお話していただきます。
〇日時 4月20日(土)14:00〜15:30
    *12:30よりミツバチを題材にした「映画観賞会」も行います(希望者のみ)。
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 2000円(*1ドリンク付き)

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
タイトル通り、タネまきから始め、育てた大豆を収穫して味噌造りまで行う講座です。毎回(全5回)、大豆の加工品づくりや栽培についてを学びます。また、通し参加を基本とし、田んぼの活動や様々な「農的暮らしのコミュニティ」を体験していただきます。
  〇日時 5月26日(日)13:30〜16:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 10000円/全5回(お子さまのご参加、初回の単発参加も可能です)

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

ハルノメグミ。

12月から1月にかけての前半、かなり厳しかった今年の冬。
「長い冬、歯を食いしばって乗り越えるのダ!」
・・・という気分が毎年1月の僕にはあるのです・・・(だって雪、すごいんだもん)。

2月の前半、『春山散歩』という新芽観察ハイキングに行く頃から、僕の「春ムード」がジワジワと上がってきます。
新芽を見て、樹々の「ダイジョウブ、ちゃんともうすぐ春になるよ」という囁きに励まされます。

2月半ばに行う『ひとつぶのタネのチカラ』というタネ交換会イベントでは、「よし!春が来るのだ!」と「心のフキノトウ」が頭をもたげ・・・

とどめは、3月前半にはじめる「カエデの樹液採り」です。



キビシイな、と思っていた今年の冬、実は2月半ばからは思いの外暖かい日が続き、雪もほとんど降りませんでした。
おかげで、雪解けも随分早く進んでいます。
P3182185.JPG

「今年は楓も早そうだな…」
ちょっと早めに樹液採りを始めるつもりでいたのですが、結局最初に穴を開けたのは、昨年と同じ3月6日でした。

直径12ミリほどのドリルで穴を開けると・・・・

出ました!
P3062040.JPG
ぽたりぽたり・・・。
楓が、雪解け水を吸い上げ、昨秋までに貯めておいた養分と一緒に、全身に送る・・・樹液。
それを受けて、新芽は芽吹き、葉がつくられていきます。
まさに、樹液は彼らの「血液」なのです。

そんな大事なものをいただく(ていうか、横取り…)のですから、無駄には出来ませんね。

コックを取りつけ、ペットボトルをセット。
P3062054.JPG


個体差はありますが、その日の夕方には、2ℓのペットボトルが溢れてしまうものもあります。
P3182188.JPG
2〜4本の楓をまわり、大きなボトルで集めます。


樹液、採るのは楽しいのですが、大変なのはこれからです。
通常ストーブの上で煮詰めていくわけですが・・・
1/40くらいまで煮詰めなければ「シロップ」にはならないのですから、必要な熱量は相当なものです。
P3212200.JPG

これが1月なら、迷うこともなくガンガン焚いて部屋を暖めつつ煮詰めていけばいいのですが、3月前半、日中の気温が暖かくなる時期に樹液が採れ始めるのですから困りものです。
なので、結局はガスで加熱することになってしまいます。
醤油仕込みの為に大豆を煮たりもするので、ウチのガス使用量は、3月が一番高くなってしまうのでした。
(これは改善しなきゃならないところです・・・もやもや)
P3092086.JPG



もしかしたら数日間で終わっちゃうかな、と思った今年の樹液でしたが、思ったよりも長く、結局2週間くらいは採集できました。
(このあたりのリクツは未だによくわからず・・・)


さて。
雪解けは、着々とすすみ・・・
いつもの場所、谷地から土が顔を出しました。
P3182186.JPG

フキノトウもぽつぽつと。
P3182187.JPG

昨日見たら、溜まったのは2日間でこれだけ。
ほとんど出ていない樹もありました。
カエデ樹液の季節もそろそろ終わりです。
IMG_20190320_163803.jpg
(も少ししたら、シラカバ樹液です)


「春の恵み」は、モノとしてのメープルシロップというよりも、「季節感」「春を慈しむ気持ち」なのかもしれません。
季節の変化に心や体をゆだねられる暮らし。
キビシイ冬を越えたからこその喜び。

毎年もったいなくてどう使っていいか迷ってしまうシロップですが、、せっかくなので春を楽しみながらいただこうと思います。
P3212203.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『My醤油を仕込もう〜大地からの一滴を味わう発酵講座A』
味噌とはちょっと違う醤油の仕込み。何が違うの?醤油ってどうやってできるの?
発酵や醤油について学び、自分の醤油を仕込む講座です。
  〇日時 4月7日(日)13:30 〜15:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 2500円
  〇定員 12名

『農的養蜂のススメ〜農的暮らしとミツバチ』
石狩で養蜂をされているJayanand Goyaさんに、ミツバチの視点、養蜂家から見た自然との共生、暮らし方等についてお話していただきます。
〇日時 4月20日(土)14:00〜15:30
    *12:30よりミツバチを題材にした「映画観賞会」も行います(希望者のみ)。
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 2000円(*1ドリンク付き)

『ぐるりの豆部〜タネまきから始める味噌造り』
米バークレーで「日本の道具やさん」をしていたオサムさん(現・こぐま座料理人)に様々な刃物の違い等を教わり、「研ぐコツ」や「扱い方」を習います。
  〇日時 4月28日(日)12:00〜15:00
  〇場所 こぐま座(長沼町東2線北9)
  〇参加費 3500円(こぐま座ランチ付き)

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

Coccoさんが教えてくれること。

今、ウチにはCoccoさんが20羽くらいいます。
「昨年生まれの若い群れ」と「もうすぐ3歳になる群れ」。
そして、チャボが数羽。
一応、「卵を得るため」に飼っています。

若い群れのCoccoさんにとって、初めてのこの冬、毎日80%くらいの産卵率で卵を産んでくれました。
少しお歳のCoccoさんは、3度目の冬。ほとんど卵を産みませんでした。
それは想定通りでした。
2年目には50%くらい(2日に1個ほど)になって、だいたい3年目の冬にはほとんど産まなくなります。

12月半ばから2月半ばまで、まったく産卵のなかった「お歳のCoccoさん」ですが・・・

2月後半のある日、数個の卵を発見。
暖かくなって、少しずつですが、また産んでくれるようになっていたのです。
P3112104.JPG

生物としての鶏の本来の「寿命」は、10年くらいだったと思います。
でも、ほぼ毎日卵を産む近代品種のCoccoさんは、あっという間に体が衰えていきます。
3年目には産卵の数がガクンと減って、長くても4〜5年くらいで静かに息を引き取ります。
一方、ウチにいる子でも「(抱卵癖があったりして)あまり卵を産まないCoccoさん」は、いつまでも若々しかったりします。
「卵を産む」ということは、まさに命を削る行為なんだ、と実感させられます。
P3112107.JPG



最近元気がないな…と思っていた子が、先日死にました。
体力が落ちて、病気になったのかと思います。
うずくまっているところをネズミにかじられてしまいました。
P3132115.JPG

鶏を飼っていると、「死」をすごく身近に感じます。
自分で〆ることもあるし、今回のように死んでしまうことも多々あります。
その度、「生きているものは必ず死ぬのだ」ということを想い起します。

「Coccoさんの死」は、まだわかりやすい方かもしれません。
僕の気づかぬうちに、僕の周りでたくさんの生き物が、日々生まれ、死んでいきます。
そうやって世界は続き、動いているのです。

やがて訪れる「自分の死」も、そのうちのひとつ。
そんなふうに考えていたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。

★イベント情報

『My醤油を仕込もう〜大地からの一滴を味わう発酵講座@A』
味噌とはちょっと違う醤油の仕込み。何が違うの?醤油ってどうやってできるの?
発酵や醤油について学び、自分の醤油を仕込む講座です。
  〇日時 4月7日(日)13:30 〜15:30
  〇場所 当別町金沢147−1
  〇参加費 2500円
  〇定員 12名

『農的養蜂のススメ〜農的暮らしとミツバチ』
石狩で養蜂をされているJayanand Goyaさんに、ミツバチの視点、養蜂家から見た自然との共生、暮らし方等についてお話していただきます。
〇日時 4月20日(土)14:00〜15:30
    *12:30よりミツバチを題材にした「映画観賞会」も行います(希望者のみ)。
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147‐1)
〇参加費 2000円(*1ドリンク付き)

『ミスターオサムの刃物講座』<募集終了>
米バークレーで「日本の道具やさん」をしていたオサムさん(現・こぐま座料理人)に様々な刃物の違い等を教わり、「研ぐコツ」や「扱い方」を習います。
  〇日時 4月28日(日)12:00〜15:00
  〇場所 こぐま座(長沼町東2線北9)
  〇参加費 3500円(こぐま座ランチ付き)

*すべてのお問い合わせ、お申込みは、HPのお問い合わせページ、もしくはEmail、Facebookのメッセージにて承っています。
posted by イトウ at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">