2017年11月15日

秋の終わりの「つけもの日和」。

11月12日、『つけもの日和。』。

僕が企画する講座の中でも、一番大変なのが、実はこの「つけもの」かもしれません。
1か月くらい前から計画的に「教材」「素材」の準備を始めなくちゃならないからです。
今回も、10月上旬から講座の告知をし、「見本・試食用たくあん」の準備を始めました。
(ただ、結局この見本用たくあんは使いませんでした。上手くいかなかったのではなく、試食用が多すぎて煩雑になると判断して、当日使うことをやめたのです。まあそういうこともよくありますが、準備しておくことが大事なのです)
講師で来てくれた母も、講座当日に味わえるように逆算しながら、試食用の各種つけものを準備してくれました。

1週間前からは、素材のダイコン60本ほどを抜いて洗って干して、天候と相談しながらお世話。
美味しく漬けられる状態になるよう、結構気を使う1週間でした。
PB060286.JPG
(・・・が、実は今回、思ったよりもダイコンが太く、また雨ばかりで乾燥がすすまなかったため、ちょっと漬けづらい状態でした。スミマセン。もう3〜4日欲しかった感じです。通常1週間くらいでもう丁度良く抜けるのですが、このあたり難しいところです。)

また、今年はなかなか良い身欠きニシンが手に入らずにヤキモキしました。
いくつもお店を見てまわり、ようやく身振りの良い美味しそうなニシンを見つけて安心したのです。
そんなニシンを前日に下準備し、麹など、一人ずつに配布するものを小分けし・・・

ようやく当日を迎えたのでした。


一方、この講座は、参加する方も大変です。
漬け樽2つの他、各自用意してもらう野菜などを抱えてやってくるのですから。
おまけに事前に切ってきてもらうものも沢山あって、全然お気軽なものではないのです。

最近、僕が企画するものは、どんどん「お手軽じゃない方向」に向かっていってしまいます。
でも、漬物に限らず、どんな作業も「事前の段取り」があってこそ、本作業が順調にすすみますし、手間のかかる部分を誰かに任せずに自分の手で成すからこそ見えてくること、気づくことがあるのではないかと僕には思われるのです。
(だから、逆にそれでも来てくれる方とは通じ合うものがあって、話していてもすごく盛り上がるのでした)



さてさて、お互いに結構手間をかけて迎えた11月12日午後・・・ようやく講座が始まりました。

まずはタクアンの仕込みからです。
PB120320.JPG

ダイコンが大きすぎて、そのままではご持参いただいた樽に入らない為、程よく切りながら詰めていきます。
PB120323.JPG

ダイコンと糠床を交互に詰め、隙間は葉で埋めて。
PB120321.JPG
閉じ込んで、タクアンの漬けこみは終了。


座学で「食べ物を保存するということ」についてお話した後、伊藤良子氏(ていうかウチの母)に教わる「ニシン漬け」の仕込みを行いました。
PB120329.JPG

講師に教わりながら材料を切り、下準備。
PB120333.JPG

材料が揃ったところで、いよいよ「仕込み」です。
PB120375.JPG

北海道のソウルフードともいえるニシン漬け。
その仕込み方も素材も、おそらく各家庭によって異なるのだと思います。
伊藤流ニシン漬けの特徴は、ダイコンとキャベツの切り方、ニンニクの量、そして詰め方かと思います。
昔話を交えながら、講師が手本を見せていきます。
PB120376.JPG

マネをしながら切っては樽に詰める、参加者の皆さん。
PB120389.JPG

母曰く、「ニシン漬けは、仕込んでいるときの景色が大事。」とのこと。
ほら、こんなふうに・・・。
PB150443.JPG


皆さんが10号樽いっぱいに詰め終わり、この後のお世話の仕方を確認した後は、お茶を飲みながら「漬物試食」と座談会。
PB120393.JPG

PB120391.JPG
食べた方の喜ぶ声に、数週間かけて準備してきた母も嬉しそうでした。


そもそも、数年前から僕が母から教わりながらニシン漬けを着けていたのですが、僕だけが教わるのではもったいないし、とても勉強熱心な母が元気なうちにもっと活躍してもらいたいと考えるようになって企画したのが、この『つけもの日和。』という講座です。
ウチの母に限らず、地道に「暮らし・文化」を築いてきた人たちの知恵や技術に僕は深く敬意を持っています。
4,5年教わりながら漬けたので、僕もある程度同じように漬け、その方法を伝えることはできるのですが、やはり50年の経験を背景に持つ人の存在感には到底かないません。
参加された方々もきっと、その積み重ねた年月を感じていただけたのではないかと思います。



そして講座後・・・。

初めて講師に迎えた昨年は、講座後にかなり激しく(笑)反省会を行ったのですが、今年は穏やかに1日を振り返りました。
70を過ぎ、体のアチコチに不調を感じるようになった母ですが、また来年、元気に「ニシン漬け講師」を務めてもらいたい、と思っています。
今年来られなかった方、是非来年、お越しください。

それから・・・
年末以降うちに遊びに来た方には、お茶受けでタクアンとニシン漬けをお出ししますよ。
お楽しみに(笑)。

posted by イトウ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

そして僕は田んぼに向かう。

(忘備録も兼ねて)
10月22日に脱穀、30日に籾摺りを終え、今年も「新米」がやってきました。
PA300193.JPG
6月初めに田植えを行い、除草だ水の管理だと長沼に通い、9月末に稲刈り。
苦労の成果として得られたお米は、青米などを除くと52kg程です。
田んぼは6畝位なので、反収にして2俵弱。
笑われちゃうような収量ですが、それでも代掻きもせず肥料も入れず薬も使わず、人の手だけで管理した稲なので、自分としては喜びもひとしおです。
自分の育てたお米を日々食べられる(数か月ですけど)のは、やっぱり「幸福」と表現していいんじゃないかと思います。

この喜びは一人じゃモッタイナイ。
やっぱり手伝ってくれた皆さんと共有しなきゃ。
・・・ってことで。

今年も「新米祝いの会」を開催。
PB020216.JPG
(前日に、おすそ分けを準備しました)

11月3日当日は、「キッチリ白米」と「小豆入り3分づき米」を焚きました。
水加減は0.9倍ほどで。
PB030220.JPG

普段の「持ち寄りらんらんランチ」ではオカズ1品を持ってきてもらうのですが、新米祝いはお米を楽しむ会なので、「新米に合う1品」をご持参いただきました。
漬物やふりかけ、佃煮、筋子など、新米の友が並び・・・
今年の田んぼに感謝して、「いただきます!」
PB030224.JPG

PB030222.JPG

ご飯と味噌汁に添え物という簡素ながら、じっくり新米をかみしめるひと時。
和やかに歓談しながらの食事は豊かな時間です。

会の最後には、お一人ずつ、おすそ分けを手渡しました。
(もう少し収量が上がったら、もっと差し上げられるのですけどね…)
PB030251.JPG



手元に残っているお米は40kg弱です。
地代や苗代と相殺すれば、どエライ高級米でも買った方が安いくらいです。
ていうか、約4か月ほぼ毎週通った燃料費や労働時間を換算すれば、結構な赤字になるでしょう。

それでも田んぼを続けるのは、やっぱりそれが気持ちの良い「集いの場」になるからです。
自分で育てたお米を食べたいという以上に、「皆で田植えや稲刈りをしたい」というのが、田んぼを続ける僕の一番の動機です。
(毎年多少は工夫していますが)ほとんど同じことの繰り返し。何回かやったら「もういいや」と感じる感覚も現代としては当たり前だと思いますが、この「繰り返し」こそ人間の営みの神髄ですし、そこに面白さや喜びを僕は感じてしまうのです。

そんな思いを共有したい。
・・・という思いで、来年も田んぼに向かうつもりです。

とは言え、せめて3俵くらいは採りたいですけどね。
来年の目標は100kg!
春先の除草と地温を上げる工夫、頑張ります!
(その前に稲架の片付けしなきゃ・・・)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『つけもの日和。』←受付終了しました
実りの秋。食欲の秋。どして、秋と言えば「漬物仕込み」の季節!
ご好評いただいた「漬物講座」、今年も開催いたします。
仕込むのは、漬物の基本「たくあん」と、北海道のソウルフード?「ニシン漬け」。
たくあんは、シンプルで誰でも失敗ナシの技をお伝えします。

〇日時 11月12日(日)13:00〜17:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 3500円
〇定員 10名

  *講座の詳細については、HPまたはFacebookにてご確認ください。

posted by イトウ at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

秋の日々。

なんだかバタバタと忙しくて、そうなるとパソコンに向かう時間なんてどんどん削られちゃって、大事なメールを送るくらいしかできません(僕はスマホがないので、ネットもPC開いた時だけ)。
ブログに書こうかなーと思う出来事や考えてることは、それなりにあるのですけどね・・・。


さて。
2週間くらい前のことだけど、ようやく山ブドウを採集。
すでに結構落ちちゃっていたので、傷んだ部分を除きながら集めました。
PA230144.JPG

木についてるものは脚立に乗って棒で叩き落しましたが、届かないものもたくさん。
まあ、それは森の生き物たちに。
PA230147.JPG

つぶして糖度を計ると、16.5%。
これなら加糖せずにやっても良さそうです。
せっかくなので、イーストも入れずに、野生の方々にお任せします。
PA230146.JPG

3,4日すると、プツプツと湧いてきました。
ビンの蓋を開けるたびに、「シュワ〜!」。
2週間ほど経った今でも、シュワシュワは続いています。
PA260176.JPG
このままもう半月ほど置いて、試飲してみます。


それから、いただいた鹿肉を燻製にしたり・・・
PA250171.JPG

PA250175.JPG

切り干し大根をつくったり。
PA270185.JPG

小屋の屋根貼りをしたり。
PA270180.JPG

小屋の周りに明渠を掘ったり。
PA270187.JPG

畑の最後の収穫や仕舞い仕事、漬物仕込み、ひょうたんの加工等々・・・。
「家仕事」の日は、あっという間に1日が過ぎ、寝る時間になってしまうのでした。
1日が25時間あったら、1時間くらいパソコン作業に使えるのになあ(そうなったらそうなったで外にもう1時間いるんだろうけど…)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『つけもの日和。』←受付終了しました
実りの秋。食欲の秋。どして、秋と言えば「漬物仕込み」の季節!
ご好評いただいた「漬物講座」、今年も開催いたします。
仕込むのは、漬物の基本「たくあん」と、北海道のソウルフード?「ニシン漬け」。
たくあんは、シンプルで誰でも失敗ナシの技をお伝えします。

〇日時 11月12日(日)13:00〜17:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 3500円
〇定員 10名

  *講座の詳細については、HPまたはFacebookにてご確認ください。

posted by イトウ at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

森の中の解体。

「鹿打ち」に連れていってもらいました。
これまでにもハンターをしている方にお誘いいただくことは時々あったのですが、なかなかタイミングが合わずにいて、今回初めて「現場」に同行させていただいたのです。

雪の降った、寒い日でした。
PA180060.JPG

暗いうちに現地に向かい、夜明けとともに行動開始しました。
森の中を動きながら、鹿を探すこと約2時間・・・。

僕の前方を歩くハンターのEさんの動きが変わりました。
彼の数m前に、1頭の雄鹿がいます。

静かに狙いを定め、引き金を引くEさん。
森の中に銃声が響き、走り始める鹿。
落ち着いた様子でEさんが鹿を追いかけます。

鹿の動きは緩慢で、20mも進むとうずくまりました。

もう一度、銃声が響き・・・

・・・「狩り」は終了しました。
PA180063.JPG
首のあたりから、煙硝が立ち上っています。



そして、解体作業が始まりました。
鳥の解体は何度も経験していますし、学生時代にニホンカモシカの解体(研究の為)のお手伝いをしたことはありますが、こういう環境で動物を屠り、解体するのは初めての体験です。
PA180068.JPG

血抜きをし、内臓を除けながら、肉を切り取っていきます。
ここでは(たぶん伝わらないと思うので)具体的な写真は載せませんが、とても美しい光景でした。
鮮血も、顕わになる内臓も。

普段なら、残酷さやグロテスクさを感じずにはいられないような光景を「美しい」と感じたのは、きっとそれが森の中だったからです。
「イキモノを殺して(喰う為に)解体する」という行為が当たり前で、自然なことなのだ、と僕の身体が感じていました。
室内の人工的な場所の屠畜では感じたことのない感覚でした。
PA180073.JPG

Eさんは、実にスムーズにその行為を終え、僕らは森を後にしました。
残してきた鹿の内臓や肉や皮や骨は、無駄にはならず、森の様々な生き物の糧となるはずです。
生まれて、食って生きて、死んで糧になる・・・
イキモノは、所詮他の生き物を殺して喰らいながら生きていくのだ、ということの「まっとうさ」を感じた1日でした。



社会的に見ても、エゾシカを獲り喰うのは実に自然なことです。
捕食動物を失ったエゾシカは、このままでは増える一方で、いずれは植生を乱し生態系を破壊し、いずれは自身をも絶滅に追いやってしまいます。
現状では、人間が喰って個体数を調整するのが不可欠だと思います(きっと100年前のアイヌの人たちは、その「生態系維持」を文化として持っていたのでしょう)。



さて・・・
帰宅後の、家での精肉作業。
PA220141.JPG
・・・それはやっぱり、実に「不自然」と感じる作業でした。
それが今の人間の現実ですし、受け止めるしかないのですけどね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『つけもの日和。』
実りの秋。食欲の秋。どして、秋と言えば「漬物仕込み」の季節!
ご好評いただいた「漬物講座」、今年も開催いたします。
仕込むのは、漬物の基本「たくあん」と、北海道のソウルフード?「ニシン漬け」。
たくあんは、シンプルで誰でも失敗ナシの技をお伝えします。

〇日時 11月12日(日)13:00〜17:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 3500円
〇定員 10名

  *講座の詳細については、HPまたはFacebookにてご確認ください。

posted by イトウ at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

初霜降りて。


わ!
白い・・・!

ということで、10月19日、当別に初霜が降りました。
PA190077.JPG

PA190081.JPG

家の前の温度計は、朝6時で−3℃くらい。
ちょっと早い、「晩秋」の到来です(冬は、まだ先!!)。



おかげで、作物たちの青葉も枯れてしまい、いよいよ畑も片付けモードに入らざるを得なくなりました。
「おしりに火が付いた」・・・気分です。
PA190116.JPG

もうしばらくは寒さも緩むでしょうけれど、油断していてはヤラレます。
初雪が来る前に、採れるものは今のうちに収穫してしまわなくては。

小春日和の中での畑作業、気持ちの良い時間です。
PA190108.JPG

露地の果菜類、今年最後の収穫物かな。
PA190120.JPG

大豆も立ち枯れしたものから刈って島立て。
PA190106.JPG

ニンジンもようやくすべて収穫しました。
カタチの良いモノは、タネ用の母本として植え替えます(美味しそうだけど、我慢!)。
PA190114.JPG
良いタネを残すためには、ニンジンはもっと母本が必要みたいだけど、このくらいで勘弁してもらいます。
今年栽培した3種類のニンジンのうち、今回タネとするのは「札幌太人参」。


ダイコンは、6,7本まず抜いて、干し始めています。
数日後にまた、数本干して、乾燥具合を確認するつもり。
PA190121.JPG
このダイコンはタクアン用で、11月12日の『つけもの日和。』に向けて仕込む予定です。

空模様と相談しながら、畑も計画的に片づけていかなければならないこの季節。
ちょっとドキドキです。
でもそれは、今年の片付けであると同時に、来年の畑の準備、始まりでもあります。
だから、「来年はこうしよう、っと!」とイメージを膨らませる楽しい時間でもあるのです。
(・・・と言いつつ、いつも最後は凍えながらの作業になりますが・・・(苦笑))

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『つけもの日和。』
実りの秋。食欲の秋。どして、秋と言えば「漬物仕込み」の季節!
ご好評いただいた「漬物講座」、今年も開催いたします。
仕込むのは、漬物の基本「たくあん」と、北海道のソウルフード?「ニシン漬け」。
たくあんは、シンプルで誰でも失敗ナシの技をお伝えします。

〇日時 11月12日(日)13:00〜17:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 3500円
〇定員 10名

  *講座の詳細については、HPまたはFacebookにてご確認ください。
posted by イトウ at 07:38| Comment(0) | 栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

明日のための、タネ採り。


なんだか今年は春先からずっと慌ただしくて、いろいろなことが中途半端になっているなー、と感じています(いや、それはもう「いつものこと」で、ちゃんと出来てると思えたことなんてないんだけど(苦笑)・・・今年は特に!)

1週間の中でしっかり家で作業できるのが正味2日程なのですが、その大半を今年は「小屋づくり」に充ててしまってるので、どうしても畑に手が行き届きません。
タネまきも遅れがち、苗を育てても定植が遅れ、除草を適期にしてあげることもなかなかできず。
PA160233.JPG
それなりに豊かな恵みをいただいてはいますが、自分の心に描く「美しい畑」のイメージには程遠く、もどかしいなあ、と思うのでした。

山の手入れも本当はもっとしたいし、エネルギーの研究もしたいし(発電、ロケットストーブ、井戸掘り等等々…)、発酵食、保存食もいいタイミングで仕込みたいし、思いついた面白い講座をもっといろいろカタチにもしたい。
ヒョウタンやワラの加工、作品化もやりたくてウズウズしながら時間が足りず・・・。



そんな日々の中、しばしば考えるのは、「一番大切にしたいのは何だろう?」ということです。

僕が扱うテーマは「暮らしにかんすることすべて」なので、あまりにも多岐に渡ってしまい、どうしても「アレもコレもやらなきゃ」「ああ、時間が足りない!」となってしまいます。
限られた時間を有効に使うためにも、やっぱり、自分の中に「優先順位」のモノサシを持っていなければならないのです。


抱えきれないほどあるやりたいことの中でも、譲れない、一番大切にしていきたい分野・・・それは、やっぱり「タネのこと」かな、と最近あらためて感じています。
PA071465.JPG

食べ物にかんすることも作品づくりも、僕の場合はほぼすべて栽培から始まります。
暮らし自体が、タネを播き、育て、またタネを採る・・・というサイクルと共にあって、他のことはその<軸>の周りにある<枝葉>の部分なのだな、と思うのです。



そして、それはきっと、「人間の1万年の歩み」そのもの。
人間が始めた<農>という行為は、歪さや矛盾もたくさん内包していて、決して清らかなものではありません。
だって、農は、農法の如何を問わず、「他の生命を自分の都合で管理していくこと」ですから。
だけど、迷いながら、自分の手でタネを採り、彼らと向き合うことで、体レベルで納得していくことが多いのです。
おそらく、自分の命よりずっと重たいもの、とタネをとらえていたことでしょう。

彼ら(タネたち)をすべて生命として認識し、敬意を持って向き合うこと。
繰り返し、繰り返し、タネを採りながら、暮らしをつくっていくこと。
次の時代に1種類でも多くタネを継ぐこと。
もうそれだけで、この世界に自分が生きている甲斐があるってもんじゃないか・・・そんなふうに思います。



先月は、児童会館の子どもたちと、「タネ採り」しました。
P9220130.JPG
5年くらい一緒に活動させていただいている子どもたちは、当たり前のようにタネを採り、後輩たちにタネを引き継いでいます。


昨日は、自分のところで「タネ採り講座」を開催しました。
『今日採るタネが未来をつくる〜明日のためのタネ採り講座』と、ちょっと仰々しい題をつけてしまいましたが、実際これが僕の「タネに対する本音」です。
PA150191.JPG

うちで開く講座の中でも地味〜な講座なのですが、その分、熱心な方にご参加いただき、嬉しかったです。
PA150192.JPG
いつにも増して長々と話してしまいました・・・スミマセン。


これからも、タネを採り続けるのはもちろんのこととして、「人間とタネのかかわり」を様々な視点で伝えられるよう、勉強していきたいと思っています。
PA150193.JPG

何気なくある一粒ひと粒がすべて「引き継がれ続けて今ここに存在し、次世代に運ばれていく生命>なのだ」ということを心にとどめて、彼らとかかわっていきたいと思っています。
PA150228.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『つけもの日和。』
実りの秋。食欲の秋。どして、秋と言えば「漬物仕込み」の季節!
ご好評いただいた「漬物講座」、今年も開催いたします。
仕込むのは、漬物の基本「たくあん」と、北海道のソウルフード?「ニシン漬け」。
たくあんは、シンプルで誰でも失敗ナシの技をお伝えします。

〇日時 11月12日(日)13:00〜17:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 3500円
〇定員 10名

  *講座の詳細については、HPまたはFacebookにてご確認ください。
posted by イトウ at 23:12| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

秋の山を往く。


10月7日は『秋山散歩。』でした。
季節ごとに変化していく山の景色、イキモノたちに会いに行きましょう、という企画。
2月の「冬山」、5月の「春山」に続いての「秋山観察会」です。

刻々と変わる天気予報にハラハラしながら迎えた当日でしたが・・・まずまずの空が広がって、一安心。
PA070128.JPG


午後1時、秋山散歩、スタートです。
(家の裏から登るのです)
PA070132.JPG

まずは家の周りに生えている草の観察から。
PA070133.JPG

山の入り口付近に多いヤナギの木に、さっそくヌメリスギタケモドキを発見。
PA040060.JPG

木の観察では、葉っぱ、新芽、樹皮、枝のつき方など、樹木を見分けるポイントを学びます。
PA070134.JPG

もちろん木やキノコだけじゃなく、草や虫など、見つけたもの気になったものをどんどん観察していきます。
講師のトシロウさんは、名前だけではなく、そのイキモノの特徴・生態の面白さを丁寧に伝えてくれました。


春とは違う、冬を目前にしたこの季節ならではの、イキモノたちの姿。
PA040062.JPG

PA040076.JPG

PA070139.JPG

PA040073.JPG

PA040069.JPG

PA040085.JPG

PA040079.JPG



観察しながら少し急な斜面を登って、まずは山の上部、針葉樹地帯を目指します。
PA070141.JPG

家の裏からフラリと行ってお手軽に観察できる場所なので「散歩」と名付けているのですが、このところの降雨量のせいか、随分道が崩れたり足元がドロドロで滑りやすくなっていて、「散歩じゃないよね…」という感じになってしまいました。スミマセン。
(もう少しルートの整備が必要だなあ…)


針葉樹地帯まで来ると、勾配も緩いので、ゆったりと歩きながら観察することが出来ます。
広葉樹の雑木林とは違う植生を楽しめる場所です。
PA070152.JPG

PA070155.JPG



針葉樹の森を歩くこと15分ほどで、この山の<主>に到着。
大きなエゾヤマザクラ。これが今回の折り返し地点です。
それぞれ、主にご挨拶・・・。
PA070158.JPG

皆さん、お疲れ様でした!
PA070159.JPG


帰路も、観察しつつ、アヤウイ足元に冷や汗をかきつつ・・・。
全員無事に下山することが出来ました。
(赤ちゃんを抱いて登ったYさん、特にお疲れ様でした。無事でよかったー…)

下山後は、お茶と軽食(中秋の名月直後だったので、あんこを炊きました)をいただきながら、図鑑を開いて少し復習。
採ってきたキノコで安心して食べられるものを試食してみました。
PA040118.JPG


今年は僕自身、なかなか山を楽しむ余裕がないのですが、せっかくすぐそばにある観察場所をもっと生かしたいと思っています。
この季節も、天候の変化が目まぐるしく、数日ごとに見られるものも変わっていくはず。
自然のあり方を体感しながら、自分の暮らし方を考えていきたいものです。
彼らこそが、イキモノとしての人のあり方にヒントをくれる、一番大切な先生ですから。

ご参加いただいた皆さん、講師のトシロウさん、ありがとうございました!

次回はまた、「冬山散歩」にお誘いできるかな・・・?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名

posted by イトウ at 07:20| Comment(0) | 体験塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

稲刈り・・・(延長戦)終了。

今年も稲刈りの季節となりました。
6月初めに植えてから、あっという間の3か月半。
(年々早くなるなぁ…)
この田んぼを使い始めて5回目の稲刈りです。
P9210122.JPG

お誘いする関係上、7月頃には「9月23日(土)に稲刈り!」と決めていました。
結果的にはやや早くて、もう1〜2週間後でも良かったかも、と思いましたが、とりあえず今年の稲刈りは9月23日。
数日前に、稲架(はさ)の準備をしました。
P9210121.JPG

そして当日。
天候は、微妙・・・(天気予報もコロコロ変わる感じ…でちょっと心配)
今回はやや人数が少なく、初めての方も多かったので、「まあ焦らずできるところまでやりましょうー!」とスタートしました。
P9230141.JPG

途中、パラパラと小雨が降る場面もありましたが、本降りになることはなく、まずまずの稲刈り日和です。
今年はかなり早い時期(8月後半)に落水をして、少しでも田が乾くようにと思ったのですが、そううまくはいかず、今回もズブズブとぬかるむ泥の中での刈り取りとなってしまいました。
P9230143.JPG
でも、体を動かしながらの会話って、本当にすがすがしいものです。
ちょっとした議論なんかも、稲刈りしながらだと感情的にならずにいい対話ができるんじゃないかなあ・・・。



お昼はもちろん、持ち寄りランチです。
すっかり恒例となりましたが、毎回楽しみなひと時です。
P9230156.JPG

いただきまーす!!
P9230162.JPG

さ、午後にもうひと頑張り。
思えばこの日は秋分の日。日の入りも夏に比べて随分早くなっています。
暗くなる前にどこまで出来るかな・・・。
P9230173.JPG

案外時間がかかるのが、刈った後の結束。
昨年の残りワラが短くて、結ぶのにやや苦労しました。
P9230166.JPG

以前は<稲刈りデー>と決めたら、「その日に何としてもすべて刈り終えねば!!!」と頑張っていましたが、昨年あたりから「無理しないで出来るところまでにしましょう…」という感じにしています。
なので、今回の稲刈り初日は、半分と少しまで刈ったところで終了(16時ころかな)。
P9230187.JPG

午前までの方、午後だけの方など出入りはありましたが、今年も延べ10名以上の方がお手伝いに来てくださりました。
ありがとうございます!
P9230188.JPG
*本当は、手伝ってくれた皆さんで、「やったー!終わったねー!」と達成感を共有したいのですけれどね。



稲刈り2日目は、翌週の30日(土)。
この日も数名の方が駆けつけて下さり、(途中、ザザン!と大雨にもあたりましたが)1日かけてゆっくりと田んぼで過ごしました。
IMG_20170930_153428_resized_20170930_113431553.jpg

けれども・・・
この日もすべて刈り終えることが出来ず、1/4ほどを残して、いよいよ稲刈り(初の)3日目に突入です。

2日目までは「ご都合の合う方、よろしくお願いしまーす。」と声を掛けましたが、さすがに3日目になるとそれも申し訳ないし、自分のスケジュールも調整が必要なので、残りは「孤軍奮闘!!」です。

で、自分のスケジュールや週間天気から総合的に見て、「明日しかないな!」ってことになり、翌10月1日(日)にやってしまうことにしました。
いろいろ考えるとこれ以上先延ばしにもできないので、「今日は終わるまで終わらない!」「暗くなっても刈り続けるのだ!!」という決意を胸に、翌朝、鼻息荒く田んぼへ。
PA010034.JPG
「よーーーし、やるぞぉ!!」

黙々と刈ること1〜2時間。「一人でも楽しいけど、こりゃあキビシー戦いになりそうだな…」と暗雲立ち始めたところに・・・・
ヒーローが現れました。
ヒロオ氏です。
「いやー、シンジさん大変そうだから」と駆けつけてくれたヒロオ氏。彼も自分の農園の仕事が山ほどあるにもかかわらず・・・心意気にグッときつつ、「ありがとう!頼んます!」。
PA010037.JPG

お陰様で順調に作業も進み・・・
残り僅か。
「やったー、今日中に終わりそうだー!」
PA010035.JPG
時間はまだ16時です。

縛って、架けて、すべての作業が終わったのは、17時少し前。
暗くなる前に終わらせることが出来ました。
PA010039.JPG
「お疲れ様でした!!」



こうして、今年も何とか稲刈りが終了しました。
この後は、3週間ほど天日で乾燥させて、脱穀や籾摺りをし、1か月後には新米をいただくことが出来ます。
(たぶん収量は、昨年程度(反収1俵半くらい)かな)
PA010043.JPG



さて、今年は例年になく厳しかった稲刈りでした。
天候もあるけれど、ここ数年は少し参加する人が少なめなのもあるかと思います。

僕にとって、「麦栽培」は小麦を喰う為と自分の学びの為の行為ですが、「田んぼ」を続ける一番の目的はそれが「コミュニティの場」としてすごく相応しいから。
主に田植えと稲刈りのお手伝いをお願いしており、声をかける方は、過去に体験塾の通年コースに参加して下さった方や豆部の方なのですが、そんな、僕の活動にかかわって一緒に楽しんでくれる人たちが「会話しながら一緒に汗をかき、美味しいものを食べる1日」にしてほしい、という思いで、当別に引っ越した今でも長沼の田んぼを借り続けています。
(麦よりも稲の作業は華やかで、見た目も日本人の心をくすぐりますし、わかりやすいのが良いのです)

まあ何年もやっていれば、人それぞれ生活の様子も忙しさも変わりますから、参加者が少ない年もあるのでしょう。
でも、「今年は行けないけど、来年は行くから!」と言って下さる方もいて、そうなると「続けられるうちは続けよう!」と思ってしまいます。

今年も、忙しい中で何回も駆けつけてくれた方、「2時間くらいしかできないけど」と言いつつ鎌を持って田んぼに入ってくれた方、「急に仕事がキャンセルになったから」と休日返上で来てくれた方等々・・・いろんな人たちの心遣いを感じた3日間でありました。

来てくれた皆さん、ありがとうございました!
お陰様で、今年もここまで来ましたよ。
新米、待っててくださいねー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名

posted by イトウ at 07:34| Comment(0) | 栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

また、麦を播く。


8月頭に刈って、その後干しっぱなしにしていた小麦、大麦をようやく脱穀しました。

足踏み脱穀機で穂から外したものをさらに手でもみながら脱粒させ、ふるいにかけ・・・
P9270002.JPG

唐箕で風選。
唐箕かけ.png

何度か繰り返して、やっとそれなりにキレイな麦粒が現れました。
P9270006.JPG

今年の収量は、キタホナミとユメチカラが1.7kgずつ。
これは昨年の1/4くらいです。
初めて収穫した大麦も、選別するとたった1kgくらいでした。
何故こんなに少なかったのかと言えば、昨年秋(麦の播種後)にCoccoさんを畑で遊ばせてしまい、播いた粒をかなーり食べられてしまったから・・・(マヌケですねー)。

まあ、それでも、今年も何とか収穫できました。

採れた麦、ユメチカラは製粉してパンにします。
DSCN9824.JPG

キタホナミは来春仕込む醤油の材料になります。
RIMG0575.JPG

ちなみに、それで仕込んだ醤油を搾るのは、再来年の秋です。
9.JPG

大麦は、・・・ちょっとした美味しい飲み物になる予定(笑)。



ただ、すべてを使ってしまうわけにはいきません。
今年の場合、半分近くはタネとなります。
(例年はもっと楽しめるのですが…)
「今日を生き延びるためのパン」は大切ですが、それと同じくらい、「明日に残すタネ」が重要、と僕には思えます。

そして先日、今年も何とか、9月中に麦を蒔き終えることが出来ました。

畑の土と混ぜて・・・
P9270010.JPG

バラまき・・・
P9270008.JPG

うっすら土をかけながら、踏み固めます。
P9270009.JPG

P9270011.JPG
たったこれだけの面積ですから、来年そこそこ採れたとしても、せいぜい4〜5kgずつでしょう。
何度か食べればなくなってしまう量です。
ここにかけている労働時間をコンビニのバイトにでも費やして、その時給で買えば、何倍もの量の小麦を手に入れることが出来るはずです。

まったく、非効率極まりない話。
馬鹿だと思われても仕方がないと思います。

だけど、それでも僕は今年も播きました。
きっと来年も播くでしょう。



僕はよく、「一度くらいは体験してみて欲しい」と言います。
小麦のことに限らず、知識だけで知ってるつもりにならずに、どんなことでも一度くらいは手を動かし汗をかき体感してみて欲しい、と思って体験塾のプログラムをつくっています。

でも、もう少し本音を言うなら、「一度だけじゃ、ダメなんだ…」という思いが最近は強くなっています。
何故なら、一度くらいでは、実はその行為の本質はなかなかわかり得ないから。
さらに、残念なことに、人はあっという間に、どんどん忘れてしまうから。
そして何よりも怖いのは、ちょっと体験したことで、「わかったつもり」になってしまうから・・・。
他の誰のことでもなく、自分自身がそうなのです。
「わかったつもり」が一番恐ろしいことかもしれません。

地味でメンドクサイ作業ばかりですが、何度も何度も繰り返すことで、少しずつ少しずつ見えてくるものがあります。
一方で、やればやる程、わからないことも増えていきます・・・が、そんな「己の未熟さ」「自分のちっぽけさ」に気づけるのもまた、こういう行為の醍醐味なのかもしれません。

とにかく、毎年毎年同じことを繰り返しながら、だけどもほんの少しずつ自分の内側に「蓄え」が積まれて、違った景色を見ることができる、そんな螺旋を這い登るようなことを自分はしているのだな、と感じています。

こんなふうに、喜んだりがっかりしたり、時にはムナシクなったりメンドクサイと思いながら、1万年前の人も播いたのだろうか?
今の僕らは楽をすることばかりに一生懸命だけれど、数千年前の人たちは皆当たり前に喰うために体を動かしていたわけで、きっと僕等には感じ得ない喜びも持っていたのだろうな、とか考えながら・・・
僕は、今年も麦を播きました。
もう少し先の景色を見るために。



思い起こせば2年前の秋、ここに住むことが決まりかけた時(契約も済む前…)に最初にしたことも、麦播きでした。
P9230478.JPG
芝生だった場所を耕して、麦のタネを播きながら、僕は「ああ、これからここで自分は生きるのだ!」と決意していたように思います。

・・・来年はもう少したくさん採れますように。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名


posted by イトウ at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

大きな力。

残念なことに、今年も家の前の舗装道路の補修工事が始まってしまいました。
毎年春、秋の2回やっているようです。
P9220123.JPG

当然、工事をしている人たちのせいではないので、通りがかったら「お連れ様です」と声をかけますが、内心は、「ちっ、やめてくれよな!」と思っています。
そう。
道路に穴がぼこぼこ開いたりひび割れたりすると、僕は「よーし、このまま壊れっちまえ!」と思っているのでした。

何故なら・・・
家の前の道路、狭い道なのに、結構速い車が通るのです。
ガタガタの悪路なら、そんなに速く走らないでしょう。
砂利や土の道なら、速く走りたい車は来ないでしょう。
だから、「このまま舗装が壊れてしまえ!」と思っていたのでした。
そんなにどこもかしこもキレイな舗装にする必要ないもの。

この、家の前の道、僕らは歩くし自転車で走ることもあります。
子どもが時々散歩していたりもします。
だから、60kmくらいの車でも、すごく怖く感じます。
(僕はせいぜい40kmくらいしか出しません)

なのに、この道を70〜80kmくらい出して走り去る車も、日に何台も見かけるのです。
特に隣を走る国道で「ネズミ捕り」をしているときには、抜け道として使う車が多いように感じます。



だから僕は、徒歩の時は、出来るだけ道路の真ん中近くを堂々と歩くようにしています。
向こうから車が来ても、もしもスピードを出しているようなら(逆に)あまり除けません。
そうすると、しばしば怒ったように(むしろ)スピードを上げてすり抜けていく車がいたりもします。

そんな運転手は僕のことを「コイツ、頭オカシイんじゃないか!?」と思っているかもしれません。
でも、僕から言わせれば、「こんな道でそんなスピードを出すアンタこそ、狂ってるよ!」です。
P8310834.JPG
野生動物が轢かれているのを年に何度も目にします。
本当に、子どもが歩いていたって平気で飛ばしていく車、ゆっくりの車を追い越していく車もいるのです。

オカシイのは法的な部分。
隣を走る、整備された対面二車線の国道が50km制限なのに、この道は制限なし(つまり60kmまでOK)なのです。
もちろん交通量も少ないので、ここで取り締まりをすることもありません。

一度、町の警察署に相談に行きました。
せめて40km制限とかにならないものか、と。
が・・・
その時の警察官(年配のエラソーな人)が言った言葉に、僕は開いた口がふさがりませんでした。
「でも、まだ事故は起こっていないんでしょ?」

・・・どうやら、子どもが轢かれれば考慮されるようです。



北海道の車のマナーの悪さは有名ですが、そもそも「こんなに車がエラソーにしている社会ってなんなの?」と僕は思います。
自戒も込めてしばしば考えますが、<大きな力>を扱う時には、よほど慎重に想像力を働かせなければならないはずです。
車に乗って、ヒトという生物が本来不可能なはずの速度を得た時、僕らは気が大きくなって、きっと<ゆっくりと生きているもの>や<小さなもの>へ向けられるはずの目が失われてしまうのです。

車だけの問題じゃないでしょう。
鎌を持って手で刈るよりも、刈り払い機を振り回す方が(たくさんの作業ができるけれど)イキモノに対して乱暴になります。
スコップで耕すときには感じられる土の中のイキモノの気配が、耕運機を使う時には薄れていきます。
トラクターに乗れば、1匹のミミズの身体がちぎれることになど、意識は向かなくなるでしょう。
身の丈を越えた<大きな力>を持てば持つほど、僕らはエラソーな気分になって、暴力性への警戒が失われてしまいます。
(その行きつく先が、原子力発電や遺伝子組み換え作物なのかもしれません…)

・・・等々考えてしまうので、僕は、状況も考えずに馬鹿みたいなスピードを出す車に無性に腹が立ってしまうのでした。

「法的に40km制限にしてほしい」なんて思ってはいません。
そんなツマラナイ法はイラナイ。
この場所に人間が住んでいて、子どもたちや野生のイキモノが通ることもある・・・と想像してくれたらいい。そうしたら、<車>という身の丈を越えた道具(凶器)の扱い方にも節度が生まれるのでしょうに。
そう思います。

小さきもの、弱きものに向けるべき目を曇らせて、大して意識もせずに身の丈を越えた力を扱うことに慣れてしまった僕ら。
想像力と節度を忘れたその先にあるのは、どういう世界なのだろうなあ・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★暮らしを学ぶ・暮らしで遊ぶエコビレッジライフ体験塾では、各種講座・イベント行っています。
自主企画の講座の他、随時出前講座も承っています。


『秋山散歩。』
ネイチャーガイドの喜多としろうさんに案内していただきながら、うちの裏山を探索します。
秋の植物たちの様子を観察し、季節による変化を楽しみましょう。食べられるキノコも見つけられるかな?
〇日時 10月7日(土)13:00〜16:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円
〇定員 12名


『今日採るタネが未来を創る〜明日のためのタネ採り講座』
タネに親しみ、「自家採種の意義」を考えながら、実際に10種類ほどのタネ採り実習を行う講座です。
あなたも「タネ友」になりませんか?
「まだ栽培はしていないけど、いつかやりたい」という方ももちろん大歓迎です。
〇日時 10月15日(日)10:00〜12:00
〇場所 エコビレッジライフ体験塾(当別町金沢147−1)
〇参加費 1500円(豆部の方1000円)
〇定員 12名




posted by イトウ at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href=体験塾ロゴ.jpg" src="http://itogakiretatako.up.seesaa.net/image/E4BD93E9A893E5A1BEE383ADE382B4-thumbnail2.jpg" border="0">